鳥の性別の判別方法:なぜ鳥の性別を知る必要があるの?

2019年5月13日
ペットのほとんどが犬や猫ですから、鳥専門の獣医を見つけることは難しいことがあります。もし専門家ですら鳥の性別の判断が難しい場合、もっとも安全な選択肢を選ぶこともあります。それがラボテストです。

鳥の性別を判別するのは難しいことがあります。専門家である獣医ですら、時として定かでない場合があります。鳥のほとんどが、性別を判断するための分かりやすい特徴があるわけではありません。ですから、メスの名前をもらっていた鳥が後になってオスだったということも、珍しくありません。

ラボテスト:絶対確実なメソッド

ペットのほとんどが犬や猫ですから、鳥専門の獣医を見つけることは難しいことがあります。もし専門家ですら鳥の性別の判断が難しい場合、もっとも安全な選択肢を選ぶこともあります。それがラボテストです。

分析には3つの異なるタイプがあります。

  • 血液検査:もっとも一般的なテストです。しかし、鳥を傷つけることなく足から血液サンプルをとる、経験の豊富な専門家が必要です。
  • 糞による検査:糞のサンプルを取るほうが、血液サンプルを取るよりもより簡単です。しかし、一つだけ問題があります。それは、大人の鳥にしか適用できない点です。
  • 羽による分析:この検査も初めの二つの検査と同様、100%の確率で判断できます。しかし欠点としては、この検査ができる研究室が多くないことです。
鳥の性別:判別のしかた 鳥の性別   判別

観察

数ある鳥の種類の中には、人がその性別を簡単に見分けることができる特徴のあるものもあります。ピーコックやおんどりが良い例です。

ピーコックの長くカラフルな尾羽は、たとえ広がっていないときでもその羽を持つオスが目立つことで、メスの注意を惹きつけるためのものです。おんどりの場合、とさかですぐに性別がわかるだけではなく、その力強い鳴き声と鳴き方で、間違いなく性別が判別できます。

もっとも人気のある鳥であるインコの場合、くちばしの上の部分の色で性別がわかります。オスは青かピンク、メスは茶色か白です。また、オスのオウムの中には、メスよりも明らかに明るい色合いの羽を持つものもいます。

カナリアなどその他の種類

カナリアもまた、ペットとして大変人気のある鳥です。オスのカナリアは歌うことでメスを惹きつけようとしますので、カゴの中で常に歌っているのがオスです。しかし、それが必ずしも正確な判別方法ではありません。メスにホルモンの変化が起こることが良くあり、気温が高い場合にメスもたくさん鳴く事があるからです。

カナリアやそのほかの種類の鳥に関しては、体の全体的な大きさ、もしくは体の一部の大きさによって性別が判断できる場合があります。

オスはメスよりもスレンダーでがっしりとしていて、まっすぐに座ります。また、くちばしの形や大きさ(例えば、より大きく、よりクッキリとした形など)もまた、重要な判別要素となります。またオスは、足も大きくお互いに近寄っています。一方でメスは、小さめで丸みを帯びた形をしています。

見た目で鳥の性別を判断するためのもう一つのメソッドは、鳥のお尻をチェックする方法です。鳥の後ろの方にある肛門の近くに、小さな出っ張りがある場合とない場合があります。もしある場合には、オスである可能性が高いです。

それでもまだ不確かな場合は、指でそのエリアを触診してみるのも一つの手ではありますが、鳥を傷つけてしまう可能性があるのでおすすめはできません。

態度を見てみる

ペットの鳥のほとんどの場合、飼い主とでさえもメスの方がより社交性があります。一方でオスはよそよそしいものの、常に出しゃばりです。

鳥の性別:判別のしかた 鳥の性別   判別

しかしメスは、繁殖期の後になるとそれほどおとなしくはありません。また、卵が割れるのが近づいてきて、子供を育てる準備ができる時も同様です。そうなると、メスはオスよりも巣を守ることに熱中するようになります。

子供が巣立っていくと、メスはまたおとなしさを取り戻していきます。また、新しいカゴに映った時などにも同じ事が起きる場合があります。

なぜ鳥の性別を知る必要があるの?

鳥の性別を知る事で、その鳥をきちんと育て、世話をするための役に立ちます。オスは自分の領域を確保するために常に争うため、ほかの鳥と同じカゴには入らない方が良いですし、メスは一方で、繁殖期には保護が必要となるかもしれません。

画像の主な出典:Juan Tello