肉食?雑食?:犬はフルーツや野菜を摂取すべきなのだろうか?

2019年6月16日
犬は基本的に肉食の動物です。フルーツや野菜を食事に加える場合は、種や芯を取り除き、細心の注意を払いましょう。また、フルーツや野菜の中には犬にとっての毒となるものもありますので気をつけて下さい。

変に思うかもしれませんが、フルーツや野菜を愛犬の食事の一部に取り入れることは可能です。けれども、犬は基本的に肉食です。健康でいるためには、肉が主食となるべきなのです。

犬は肉食?雑食?

オオカミとは違い、犬はデンプン質や穀物を消化できる遺伝子を持っています。犬は動物の死骸や植物由来の食べ物を食べていたオオカミの子孫だからです。

実際、市販されているドッグフードの多くには、穀物や野菜が含まれていますが、与える新鮮なフルーツや野菜の量は全体の食事の10%未満に止めておきましょう。犬はフルーツや野菜を食べることが出来ますが、犬の消化系や顎は肉を食べるためにできているのです。

 

こちらも合わせてどうぞ:イヌの分類学:イヌとオオカミってどの位似ているの?

 

犬にとっての野菜

犬に与えても良い野菜はいくつかあります。緑の葉物野菜はその代表でしょう。例えば、ほうれん草やキャベツには繊維や抗酸化物質が多く含まれています。生でも良いですし、火を通しても良いでしょう。

にんじんを食べる犬 犬 フルーツ 野菜

また、にんじんを与えると犬は喜ぶかもしれません。骨を噛んでいるかのようにかみごたえがあるからです。専門家は犬用の骨を与えることを推奨していませんが、にんじんならはの健康にも良いでしょう。

いんげん、グリーンピース、セロリには抗酸化物質やビタミンが含まれているため犬の健康に良いでしょう。

犬に与えると良いであろう野菜に、かぼちゃがあります。便秘対策になるからです。じゃがいもを与えるのも一つの案ですが、ソラニンという毒素を含むため必ず火を通してから与えましょう。

上述したような野菜と鶏肉などの肉、米を組み合わせると、アレルゲンの検出をしたい時の除去食として良いでしょう。

エサを待つ犬 犬 フルーツ 野菜

犬にとってのフルーツ

フルーツに関して言えば、ブルーベリーやイチゴなどのベリー類には抗酸化物質が多く含まれています。一方、杏や桃はペットの腸管の健康を促進してくれるかもしれません。ですが、種がありますので、誤って飲み込まないよう、必ず種を取り除いてから与えましょう。

スイカやメロンを好む犬もいるでしょう。スイカやメロンを与える際も、必ず種を取り除いてから与えましょう。洋ナシやリンゴをペットの食事に加えるのも良いですが、これも喉を詰めないよう安全な方法で与えましょう。

パイナップル、パパイヤ、マンゴー、メドラー(セイヨウカリン)も犬には良いとされています。ただし、食べ過ぎないよう、与える量に気をつけて下さい。

 

こちらも合わせてどうぞ:犬にオススメのフルーツ

 

与える際は気をつけましょう

フルーツや野菜を犬の食事に加えることは可能ですが、それが本当に必要なことなのかについては疑問があると多くの専門家は述べています。したがって、与えたい場合は必ずよく洗い、種や芯を取り除くなど安全な方法で与えることを忘れないでください。

時々犬にフルーツや野菜を与えても良いでしょう。ですが、バランス良い食事にフルーツや野菜が必ずしも必要であるというわけではありません。また、犬にとって有毒であるフルーツや野菜もたくさんあります。犬にとって安全かどうか不確かなものを自己判断で与えないようにしてください。