世界で神聖な存在だとされている動物について学ぼう

2019年10月25日
世界の文明や文化には、神聖だとされている動物が多く存在します。

旅をするとあらためて気が付かされることがあります。それは、視点は生まれた場所や育った場所に左右されるということです。事実、ある国では神聖とされている動物も、他の国ではそうでないこともあります。本記事ではそのような動物をいくつかご紹介します。

 

神聖な動物とは?

動物には神性が宿されているという考え方は古くからあります。古代文明では周囲にいた動物を神聖なものと見なしていました。その結果、その動物についての多くの伝説と神話ができたのです。たとえば次のようなものがあります。

1.象(タイ)

象はタイの国を象徴する動物です。実際、1917年までタイの国旗には象のモチーフが使われていました。そのため、象はこの東南アジアの国の歴史と強い結びつきをもっているのです。とりわけ、白い象はタイ人にとって最も神聖なものです。5000年の間、白い象は王族と繁栄の象徴として崇められてきました。

現在、記事冒頭にも見られるアジアゾウは、狩猟、観光、森林破壊のために絶滅の危機に瀕しています。幸い、野生のアジアゾウを邪魔することなく見ることができる保護区域がいくつかあります。

2.牛(インド)

インドらしい光景と言えば、道の真ん中やマーケットの間を歩いている牛です。そして、この牛を誰も気にすることがないのもインドらしい光景です。しかし、インドでは子どもよりも大切にケアされているのが牛でもあります。事実、ヒンズー教徒は牛肉を一切口にしません。この国ではよくある飢えの状態でも牛肉を口にすることはないのです。

神聖 動物 

合わせて読みたい『神聖な猫:バーマンについて

ヒンズー教では、牛は生命の象徴とされる神聖な動物です。そのため、毎年インドでは牛のお祭りがあります。このお祭りでは、あらゆる寺院で牛の体を洗った後に牛を着飾ります。古代インドでは、牛乳が出なかった牛だけが神へささげられたそうです。

3.ジャガー(メキシコ)

メソアメリカ文化では、アステカ遺跡で見ることができる蛇、ワシ、ジャガーの3つの神聖な動物がいます。蛇は繁殖、ワシは戦士、そしてジャガーは山や力に関連しているといいます。

神聖な動物ジャガー 神聖 動物 

この文明では、ジャガーは夜と暗闇に関連していることで知られています。それは、ジャガーの夜行性と母性愛のためです。この美しい毛皮をまとう肉食動物は攻撃的なネコ科であるだけでなく、宿されているとされる力のためにメキシコでは恐れられています

4.トラ(中国)

十二支の一つであるだけでなく、トラはカメ、ドラゴン、フェニックスとともに中国では神獣である四神の1つとされています。この神の名前は白虎といい、人類の教えの守護神、すべての動物の王、そして山の主とされています。

神聖な動物トラ 神聖 動物 

関連記事『イエスの荊冠とツバメの伝説

また、中国ではトラを金属の要素、正義の美徳、そして季節の秋と結びつけられています。また、戦争にも関連していると考えられているため、皇帝を擁護した軍隊はトラをシンボルとして使ったのでした。

5.イノシシ(北欧)

イノシシはケルト人の神聖な動物の1つでした。イノシシは勇敢で強く、預言と魔法を象徴していたからです。同様に、イノシシは健康と安全の象徴として西ヨーロッパで崇拝されていたため、戦いの前には戦士にイノシシが振る舞われたといいます。

メスのイノシシはセクシュアリティを表したとされます。また、イノシシは魔術師と女神アルデュイナのペットでもありました。アルデュイナは、ハンターであり、ローマの女神ダイアナの前身である女神でした。一部のヨーロッパの国では、自宅や衣服の下に使用できるイノシシの魔除けやトーテムを入手できます。