チルネコ・デル・エトナ:小さく機敏なハンター

2019年1月18日
チルネコ・デル・エトナは、細身でコンパクトな体を持つ優雅な中型犬です。 やや小さめに感じるかもしれませんが、その筋肉は強くしっかりとしています。

中型犬種であるチルネコ・デル・エトナですが、日本だけでなく世界でもこの犬種についてはあまり知られていません。

しかし、実はその出現の背後には多くの歴史を持つ心の優しい犬種です。

今回は、そんなチルネコ・デル・エトナについて詳しくご紹介します。一緒に詳しく見ていきましょう。

チルネコ・デル・エトナの起源

シチリア島出身の猟犬であるチルネコ・デル・エトナは、古代エジプトの猟犬を起源とすると信じられている昔からの犬種です。

フェニキア人が地中海全土を旅するときにチルネコ・デル・エトナと一緒に旅をしたと考えられています。

硬貨、モザイク画、そして紀元前に存在した船などから、チルネコ・デル・エトナが既に存在していた証拠が発見されているため、現代に残る最も古い狩猟犬種の一つだと信じられているのです。

特徴

チルネコ・デル・エトナは、細身でコンパクトな体を持つ優雅な中型犬です。

やや小さめに感じるかもしれませんが、その筋肉は強くしっかりとしています。

オスの身長は45~50センチ、体重は12~15キロで、メスはやや小さめで、40〜45 cmの大きさで、体重は8〜10キロです。

また、短く厚い毛皮を持ち、耳と脚に行くと毛皮がより柔らかくなるのが特徴的です。

色は腹、胸、頭などは白であることもありますが、基本的には、薄いベージュ色から暗い茶色まで、すべての色合いが茶色です。

頭は細く、鼻の先がとがっており、鼻口部 額の間の「止まり」やくぼみはあまり発達していません。

耳は尖り前方を向いており、耳の上の部分ではそれぞれがかなり近くに位置します。

目は小さく、琥珀色、黄土色、またはヘーゼル色になることはありますが、黒やグレーになることはありません。

ご存知ですか?:最も従順な犬種トップ5

行動

猟犬の一種であるチルネコ・デル・エトナの専門は、ウサギなどの小動物の追跡、追跡、捕獲です。

とても静かなチルネコ・デル・エトナは、エトナ火山の斜面や岩と丘の斜面などを、いとも簡単に飛び回るのが好きな、敏捷でエレガント、そして知的なハンターです。

他の犬とも仲良くそして幸せに生活することができるタイプの犬で、飼い主に忠実で愛情深く、そして番犬としての役割さえも果たします。

性格的にはとても静かですが、高いエネルギーや持久力を持つ運動能力の高い犬です。

しかし、性格的に常に何かを警戒しているため飼い主に依存することも多いので注意が必要かもしれません。

基本的に単独で狩猟を行なっていたため、飼い主には非常に忠実で依存することもありますが、飼い主と何かを協力して行う場合には特別な訓練が必要でしょう。

こちらもご参考に:支配的な性格の犬をしつけるには

チルネコ・デル・エトナ

ケア

短毛のチルネコ・デル・エトナには、特別なケアの必要はほとんどありません。

美しく光沢のある毛を保つためには、毎週のお風呂とブラッシングが必要です。

毛が抜け替わる時期は、ブラッシングの頻度を高め、抜け毛をできる限り取り除くことで皮膚の問題を予防する効果が期待できます。

他の犬種のように一般的な遺伝病は持たないチルネコ・デル・エトナですが、他の狩猟犬と同じように、外部寄生虫がいないかを調べてもらうことは大切です。

またダニは危険な伝染病や感染病の原因となりますが、散歩や自然の中で遊ぶのが好きな場合は、外で何かをもらって来るかもしれません。

ですので、他の犬と同様、獣医師による定期検診と予防接種は、他の犬種と同様に必要です。

一般的にはとても健康で、幸せを感じる場所にいるとリラックスして精神的にも穏やかに過ごすことができる犬種です。

狩猟犬だったため、山岳地帯や険しい地形での長い散歩がベストです。出来るだけ多く運動をさせてあげましょう。

また、性格的に頑固になることもある犬なので、何か罰を与えるような訓練や命令はうまくいきません。

知能の高い賢い犬でもあるので楽しい経験をさせながらトレーニングや訓練を行うことで、何かを学ぶのが良い方法でしょう。

最初にお話ししたように、現在では地中海全土で人気のある昔からの犬種ですが、その起源はシチリア島で、長い歴史を持った犬種です。

また嗅覚が優れた、愛情深く従順なハンターですが、嗅覚が優れ、自由を享受するアクティブなタイプの犬なので、都会に住んでいるとストレスを感じる可能性もあります。