ヒマラヤンについて:ペルシャとシャムのミックスキャット!

2019年9月6日
ヒマラヤンはペルシャ猫のすべての美しさを兼ね備えた猫です。厚くて豪華な被毛と吸い込まれるようなブルーな目で有名ですが、これ以外にも素晴らしい特徴があります。

ペルシャとシャムの見事な組み合わせであるヒマラヤンは、驚くほど美しい品種です。しかし、外見以上に、ヒマラヤンのおっとりとした性格とあらゆる環境に馴染める能力により、世界で最も人気のある品種の一つになったのです。

しかし、実際にヒマラヤンを飼う前に、きちんとしたお世話の仕方を覚える必要があります。今回の記事ではヒマラヤンについて、知っておきたいことすべてをお伝えします。

ヒマラヤンの起源

ヒマラヤンを観れば、アジアが起源だということがすぐに分かります。多くの長毛種のように、ヒマラヤンは長年にわたる交配で作り出されました。世界で最も人気のある猫の品種であるペルシャとシャムを交配させて生まれた猫です。

ヒマラヤンはイギリスやアメリカから来たと考えるひとが多いのですが、実際には1930年代にスイスで誕生しました。飼い主は、ペルシャの身体的特徴、そしてシャムのコートと目の色を組み合わせた新しい品種を生み出そうと考えていました。

猫協会は、ヒマラヤンを正式の品種として長い間認めることを拒否してきました。1957年にイギリスで初めてロングヘア―ド・カラーポイントという名前で正式に認められ、その後はアメリカでも認められると急速に人気の品種になったのでした。

「ヒマラヤン」という名前は、実は有名な山脈にもこの猫の起源にも関係していません。実際にはヒマラヤウサギによく似ていたため、その名前が与えられました。

身体的特徴

当然のことながら、ヒマラヤンにはペルシャと同じ身体的特徴があります。がっしりとしたコンパクトな体と、短い強い足を持つ通常サイズの猫です。頭は丸く、顔は平らなのも特徴です。

長くふわふわした毛はペルシャから受け継いだ特徴ですが、ポイントの毛色と吸い込まれるようなブルーな目はシャムから受け継ぎました。認められているコートの色にはバリエーションがあります。最も一般的な色味は、ブルー系、チョコレート系、レッド系、緑がかったブルー系、パープル系、べっ甲系(サビ猫のような色味)です。

合わせて読みたい『最古の猫の種類について

性格

ヒマラヤンはおっとりとした性格と優れた知性で知られています。飼い主と密接な関係を築き、特に愛情深く遊び心がある猫です。

ヒマラヤンは通常、人見知りですが時間をかけてふれあうことで、誰とでも仲良くすることを学び、新しい環境にも簡単に馴染むことができます。

また、ヒマラヤンは頭がよくすぐに覚えることでも有名なため、しつけは難しくありません。特に、発達した狩猟本能が呼び起こされた場合、感覚を刺激する新しいおもちゃや遊びを見つけることが大好きです。

ヒマラヤン2   ペルシャ シャム

関連記事『猫の毛色を決定する要因とは!?:毛の色と遺伝子

ヒマラヤンのケア

ヒマラヤンの美しい被毛を保つためには毎日のブラッシングが必要です。こうすることで抜け毛や汚れが蓄積されることが防げ、結果、毛玉ができにくくなります。専門家によると、被毛を清潔につやつやに保つには、少なくとも月に1回のお風呂が必要です。

また、歯垢やその他の歯の病気を予防したい場合、お口のケアも重要です。歯と歯ぐきから食べかすを取り除くため、少なくても週に2回歯磨きすることが理想的です。

豊かで刺激的な環境はどんな猫にとっても大切であり、体も心も健康に保ち、多くの問題行動を防ぐことが出来ます。また、爪とぎができるように、キャットタワーも必要です。

ヒマラヤン:健康

ヒマラヤンは丈夫で、適切なケアがあれば病気になることはめったにありません。しかし、いくつかの遺伝性疾患があることもあります。一般的な病気には次のようなものがあります。

  • 消化器官の毛玉
  • 眼科疾患
  • 顔面および下あごの異常
  • 尿路感染症と腎臓の問題

ヒマラヤンの平均寿命は12~15歳ですが、適切な健康診断と予防医学で寿命を延ばすことは可能です。