ハバナ・ブラウンについて:葉巻と珈琲の色をした猫

2019年3月26日
ハバナ・ブラウンという名前からはキューバが原産地として連想されるかもしれませんが、この猫は正確には、いくつかの品種のミックスです。遊び好きで人懐こく、人間の注意を引いて交流することを好みます。

その優美な佇まい、緑色の瞳、短く滑らかな赤茶色の毛並みはハバナ・ブラウンの際立った特徴ですが、それだけではありません。この猫は賢く、愛情深い性格で、人間の家族と戯れるのが大好きです。

名はカリブ、生まれはイギリス

誤解を招きやすい名前をしていますが、実のところ、この猫の出身地はキューバではなくイングランドです。ハバナ・ブラウンという名は、キューバの葉巻を思い起こさせる体の色から付けられました。

マホガニー色の毛並みは煙草の色に見えるだけではありません。よく見ればチョコレートやコーヒーの色により近いでしょう。どちらにせよ、とても美しい猫であることには変わりありません。この品種は前世紀の中ごろに、イングランドのブリーダーの手による交配で作り出されました。

ハバナ・ブラウン種はチョコレートポイントとシールポイントのシャム猫、ヨーロピアンショートヘア、ロシアンブルーを交配することで生み出されました。この品種はイギリス国内ですぐに認知され、さらに大西洋を渡ってアメリカに輸入されました。

今日では、イングランドとアメリカ合衆国では品種の基準が異なっています。イングランドにおいては、より東洋的な外見を引き立てる傾向があるようです。アメリカではロシアンブルーに近い特徴が好まれます。

ハバナ・ブラウンを他の品種から際立たせているのは、まさにその独特な毛並みの色であり、見る人にチョコレートや葉巻、コーヒーなどを思い起こさせます。また、この猫は好奇心が旺盛で知恵もあり、遊び好きなことでも知られています。

ハバナ・ブラウンの特徴

ハバナ・ブラウンの外見的特長

典型的なチョコレート色の他にも、ライラックの色をした個体もいます。以下は、ハバナ・ブラウンのその他の特徴です。

  • 体:筋肉質で柔軟
  • 大きさ:中型
  • 重さ:2.5から5キロほど。オスはメスより大きい。
  • 頭:横幅よりも縦に長い。よく発達して角ばった顎をもつ。
  • 目:卵形で互いに距離が離れている。明るく知的で、やんちゃな表情が見られる。
  • 耳:大きく、根元は幅広で三角形。ただし先端は丸まっている。頭から飛び出して見え、両耳の間は離れている。まるで何かを警戒しているように前を向いていて、耳の内側はピンク色。
  • 鼻:短く尖っている
  • 首:筋肉質で長く、円筒形
  • 脚:力強く伸びている。後ろ脚は前脚よりも長い。
  • 尾:円筒形で長い。先端に近付くにつれて細くなる。
  • 毛皮:短く密で艶がある

知的で活発な、愛くるしい猫

活発でよく遊び、好奇心が強いハバナ・ブラウンは人間に構ってもらうのが大好きです。飼い主の注意がそちらに向いていないときには、きっと何かを訴えかけてくるでしょう。

この種類の猫は人間との生活に馴染みやすく活発でありつつも家の中ではおとなしくしていることができます。

社交的で自信に満ちたハバナ・ブラウンはいつも家族の誰かと一緒に過ごすことを好みます。さて、誰が選ばれるでしょうか?

ハバナ・ブラウン

ハバナ・ブラウンの世話をするには

ハバナ・ブラウンは基本的に元気で体の強い種類で、平均寿命は10年から15年ほどです。ただし、以下のことがらには弱いので気を付けてあげましょう。

これらを防ぐために定期的に動物病院を受診し、予防接種を受け、寄生虫の除去などを行いましょう。

その他には、毎週のブラッシングで毛並みの色艶を保ち、コンディションを整えてあげるとよいでしょう。また健康のためには日々の運動も大切です。猫の大好きな遊びを思う存分させてあげましょう。