猫の毛色を決定する要因とは!?:毛の色と遺伝子

2019年5月5日
猫の毛色はどうやって決まっているのか疑問に思ったことはありませんか?本記事では、猫の毛色を決める多くの要因について詳しくご紹介します。

人間の皮膚と同じように、メラニンが猫の毛色を決定します。

メラニンには、ユーメラニンとフェオメラニンという二つがあり、前者は茶色と黒の色合いを作り出しますが、後者は赤と黄色を与えます。

つまり、遺伝子が深く関わっているこの成分の組み合わせにより猫の毛色や模様が決まります。

猫の毛色の遺伝

猫は少し人間に似ており、体内のメラニン量には遺伝的要素が関わっています。

つまり両親から受け継いだ遺伝子が猫の毛色や模様を決定しますが、遺伝子的な要因が常に正確に作用するわけではありません。

猫の毛色の変化を理解する

優性遺伝子を持つ猫の毛色

優勢遺伝子を持つ猫は、ユーメラニンまたはフェオメラニンの高い罹患率を持つ「極端な」特徴があります。

このタイプの猫の毛色は、黒、中、濃い茶色、または赤で、濃色素遺伝子を持つ猫として知られています。

子猫の毛色 猫  毛色

赤みを帯びた毛色の遺伝子は特殊性を持っており、猫が単色になるかどうか、またはその毛色が赤だとしてもどのような色合いになるかを決定します。

劣性遺伝子を持つ猫の毛色

劣性遺伝子を持つ猫は、ユーメラニンとフェオメラニンの異なる組み合わせを持っているため、クリーム、ベージュ、ライラック、ブルーなどのような様々な毛色になります。

これらの対立遺伝子はマルタ希釈とも呼ばれます。

生まれてくる子猫のコートの色を予測できますか?

子猫の色を予測するためには、両親の色合いとその血統が持つ色を調べることが大切です。

母親と父親のどちらかが優性遺伝子を持っていると、子猫はその親と同じ色になります。

どちらも劣性遺伝子を持つ猫の間に生まれる子猫は、落ち着いた色合いの毛色になります。

また白い子猫が生まれるのは、少なくとも両親のどちらかが白い遺伝子を持っているかどうかに関わっています。

遺伝子の伝達

毛色の濃淡や陰影が美しい猫はからは、スモーキーカラーの子猫が生まれる可能性がありますが、両親の両方がスモーキーカラーの場合は、濃淡や陰影が美しい猫は生まれません。

2色模様の猫とヒマラヤ猫

両親のどちらかが2色模様である場合に限って、子猫が2色になる可能性があります。

いくつかのポイントだけ色が違うヒマラヤン種にも同じことが当てはまります。

陰影、濃淡、スモーク色

猫の毛色の中には、濃淡、陰影、そしてスモークと呼ばれる色など非常に特徴的な色があります。

この色調の子猫を繁殖させるためには、子猫の父親または母親のいずれかが遺伝子を持っている必要があることに加えて、どちらも優勢遺伝子を持っていないことが大切です。

特徴的な猫の品種と色

かつてはある特定の色と品種に限定されていましたが、選択を行う繁殖やその普及により、猫の毛色のパターンは多様化しています。

現在ではほとんどの猫の毛色のパターンが可能になり、その純度を失うことなく様々な色合いの猫が生まれています。

ご存知ですか?:ハバナ・ブラウンについて:葉巻と珈琲の色をした猫

模様のない単色の猫

模様のない単色の猫がいますが、単色とは毛の根元から毛先までが同じ色の猫を指します。

最も一般的な色は、黒、白、グレー、クリーム、ライラック、ブルー、セーブル、フォウん、チョコレート、赤、シナモン、チョコレートです。

毛色が均等でない場合は、色合いそのものも均等にはならず、濃淡、ニュアンス、斑点、または異なった毛の色が一つ以上現れます。

チョコレート、シナモン、ブルー、グレーという毛色は黒が薄まったような色です。

赤い毛色は実際には均一ではありませんが、交配時に選択されて交配されているため、現在では単色であるように見えます。

劣勢遺伝子であるクリームは赤が薄くなったものです。

茶色、こげ茶色、またはセピア色のコートを持つ猫は、クロテンとして知られており、バーマンという種類に限定して現れる色です。

白は多数の遺伝子に由来しているため、様々な種類の猫が白い色で生まれます。専門家は、白い毛色の猫で目が青い場合は難聴を引き起こす遺伝子を持っていることを発見しました。

単色の猫 猫  毛色

アグーチ遺伝子

アグーチまたはオグーティーと呼ばれるこのパターンは、一般的に赤(薄赤褐色またはシナモン)と赤みを帯びた毛色に現れますが、ブルー、チョコレート、クリーム、ライラック、シルバーなどの猫にも現れることがあります。

こちらもご参照を:招き猫のモデル:ジャパニーズボブテイル

ぶち模様

タビーと呼ばれることもある斑模様は、3つの似たタイプに分かれており、コーヒー、青、チョコレート、シナモン、シルバー、カメオ、赤、薄紫色、そしてクリーム色の毛色を持つ猫に見られます。

べっ甲模様

このパターンは赤と黒の優性遺伝子の幅広い組み合わせから派生しています。

べっ甲模様の猫にはぶちの印があるため、2色以上の毛色を持っているようにも見えます。

まだら模様(2色および多色)

一般的に、まだら模様の猫は、選択的な繁殖と交配によって生まれます。

そのため現在では、幅広い品種と毛色にまだら模様が存在します。

  • Stelow, E. A., Bain, M. J., & Kass, P. H. (2016). The Relationship Between Coat Color and Aggressive Behaviors in the Domestic Cat. Journal of Applied Animal Welfare Science. https://doi.org/10.1080/10888705.2015.1081820
  • Ragni, B., & Possenti, M. (1996). Variability of coat-colour and markings system in felis silvestris. Italian Journal of Zoology. https://doi.org/10.1080/11250009609356146