ご存じでしたか?猫の歴史を簡単にまとめてみました

2019年9月23日
猫はエジプトの女神の分身から魔術の象徴まで、多くの異なるものを象徴するようになりました。しかし、私たちにとって身近な猫は歴史を通してどのような変化を遂げてきたのでしょうか。

猫と人間の絆は何千年も前にさかのぼり、おそらく紀元前7000年までさかのぼります。それ以来、私たちと謙虚な猫との関係はやや荒れたものであったと言ってもいいでしょう。

歴史に登場する猫や猫の象徴は、このような簡単な記事では到底網羅できません。そこで、本記事では猫との絆の概要についてご説明します。

古代エジプトの猫

古代エジプトでは、猫はアイルーロスとしても知られる女神バステトと密接に関連していました。この女神は常に猫として描かれ、黒猫として、あるいは猫の頭を持つ女性とされていました。

バステト

女神バステトの崇拝は、ブバスティスという古代都市で顕著でした。現代の研究者は、街の遺跡で多くの猫のミイラを発見しました。これらのミイラは女神バステトの生まれ変わりだと信じられています。そのため、猫を敬う方法として人々は猫が死んだときに猫をミイラにしました。通常、この儀式は貴族とファラオのみに留まるものでした。

古代エジプトの信仰によれば、女神バステトは妊婦と家を守り、悪霊を追い払う力を持っているとされました。バステトは穏やかで愛情深い側面を持っているとしばしばされましたが、守り神という役割は頑固で凶暴であることも意味します。

古代エジプト人は、動物を非常に大切にすることで有名でした。ギリシャ人などの他の古代文明は、動物と共に家で暮らし、家族の一員のように扱うエジプト人の習慣について言及しました。

古代エジプト人はあらゆる動物を飼いならそうとしましたが、その中でも猫が最もうまくいったといいます。自由と独立の重要性に関する相互理解が、人間と猫の絆を強化する上で重要な役割を果たしました。

飼い猫と大洪水の物語

大洪水は聖書の中でも最も有名な物語の一つであり、多くの作品や映画のインスピレーションとなっています。この物語は、ノアと彼の家族が中心となっています。神はノアに巨大な方舟を作り、地球上のあらゆる種のつがいを救うように命じるのです。

ノアの箱舟 猫 歴史 

関連記事『ローマ法王は動物についてどう思っているの?

しかし、ノアの方舟の物語が飼い猫の誕生であるということを知る人は多くありません。聖書ではなく伝説によると、ノアが実際に方舟で猫を連れて行ったことは記されていません。その時に猫がまだこの地球に存在していなかったからと信じられています。

伝説によると、ノアは方舟に乗ったネズミが繁殖するスピードに驚いたといいます。食料が限られているため、これはすぐに大きな問題になりました。困り果てたノアは神に助けを求めます。すると、神はノアにライオンの頭を3回撫でるように言うのです。

ノアは何が起こるか予想が出来ませんでしたが、助言された通りにライオンの頭を撫でました。3回目でライオンがくしゃみをすると、驚くことにライオンの鼻の穴から猫が飛び出したのです。

すると猫はすぐに自分の役割を理解し、ネズミの数を減らすために狩猟能力を発揮したのでした。

もちろんこれは聖書には書かれていませんが、興味深いことに変わりはありません。

中世の猫

中世は、猫にとっては間違いなく最も暗く残酷な時代のひとつでした。魔術と関係していると思われていたため、1000年以上にわたって猫は(特に黒猫は)追害され危機に瀕していました。

中世の猫 猫 歴史 

合わせて読みたい『黒猫にまつわる興味深い迷信とは?

魔女の追害が最も盛んだったとき、人々はしばし猫を「悪魔の生き物」と呼びました。猫の行動、夜行性、そして9つの命を持っているという信念さえも、猫は異端の黒魔術と関連があることを意味しました。

中世には猫を取り巻く多くの神話がありました。魔女が悪魔の儀式を行うことができるように猫の目は漆黒の暗闇でも光ると信じられていました。また、別の伝説では、悪魔自身が人間に近付くために黒猫に化けるとも言われています。

残念ながら、中世の間に根付いた迷信を未だに信じ、黒猫を嫌い、恐れさえする人々がいます。これが猫の歴史を学び、よく理解することが重要な理由です。