ペットを庭に入れた時のリスクについて知っておこう!

2019年4月14日
自然界と離れてペットとして飼われてきた動物は、知らずに毒性の高い植物などを食べてしまいます。ということでペットを庭に離す前に、ご自宅の庭がペットにとって安全かどうかチェックしておきましょう。

ペットを庭に離すリスクについて

一般的に「お庭」と聞くと、草花や木、そして生き物が居て、とっても平和なイメージが浮かびますよね。しかし実のところ、お庭にはペットにとって隠れた危険がいっぱいなのです。

とは言え、動物はお外が大好きですので、やっぱりお庭には入れてあげたいですよね。となると残された道はペットに害を与えてしまう要因を取り除いて、安心なお庭を作ってあげるしかありません。

子犬は好奇心旺盛で衝動的

基本的にワンちゃんは好奇心旺盛です。優れた嗅覚を存分に使って、自分の身の回りを徹底的に探索します。でも全てが新しくて新鮮に感じる子犬は、中でも特に好奇心旺盛で、衝動的です。

子犬との暮らしは、まさに人生における至福の時間とも言えます。色々なところに鼻を押し付けたり、口に入れたりする子犬の姿は愛くるしいですが、時に健康を害してしまうのです

とは言え、このような行動は子犬の成長に欠かせない要素なので、辞めさせる訳にもいきません。ですので子犬にはいつも以上に気を配ってあげて、危険なことをしていたら止めてあげましょう。人間の子どもでも一緒ですよね

五感への刺激を欲してる子犬にとって、お庭はまさにアミューズメントパークです。ですが同時に、色々な微生物や毒性のある植物や薬品(殺虫剤等)なども潜んでいる空間ですので、手放しで安心できる場所でもありません。

お庭で遊ぶ犬  ペット  庭に入れた時  リスク

ちなみに犬にもそれぞれ性格がありますので、中には成犬になっても好奇心が抑えきれず衝動的な行動に走るワンちゃんも居ます。特にゴールデン・レトリバーやラブラドールは、興味本位でモノを噛みたがる癖がありますので、特に注意が必要です。

お庭から取り除いておきたい要素

日頃から室内に置いておくモノには気をつけている人は多いと思いますが、家の外は盲点になりがちです。

以下に、一般的なお庭にある「ペットにとって危険になり得る要素」をご紹介しておきますので、もし自分のお庭にも当てはまる項目があればペットを離す前に何らかの対策を取っておきましょう。

  • 農薬、殺虫剤、捕殺装置などの毒性の強い薬品
  • ナメクジやカタツムリ駆除の為に使ったメタアルデヒドが付着している植物
  • 蚊除けに用いられるシトロネラ (キャンドルやスプレー、お香にも使われています)
  • ツタ、スイセン、アザレア、サボテン、アジサイ、ヒマシ、チューリップ等の、怪我や中毒の元になり得る植物
  • ハエ取りにはメソミルという動物にとって毒になる成分が使われている可能性があります。
  • 藍藻類。水辺で繁殖します。
  • プールや池など人工的に作られた水溜めを清浄する為に薬品をお使いになっていますか?もしそうなら、薬品はペットや子どもの手に届かない場所に保管しておきましょう。
  • ココアが含まれた土。害虫から植物を守る為に使われています。
  • 特に田舎には、毒のある動物(ヘビやサソリ、毒蜘蛛など)が多い傾向にあります。毒を持つ生物は大きなリスクですので対処が必要でしょう
  • ペットが飲み込んでしまえるようなサイズの香料やデコレーション
  • 庭仕事に使う道具。錆びていたり、尖っているものは接触することで怪我や病気の元になります。
こちらを見上げる犬  ペット  庭に入れた時  リスク

健康なペットに安心なお庭作りのために

  • 毒性の強い植物や怪我の元になる植物を植えない。これだけでもリスクは大きく低下します。
  • お庭にペット専用エリアを作る。こうすることで、お庭全てを改造する必要も無くなりますし、ペットがお庭を破壊する心配も無くなります。
  • エンターテインメントを用意する。例えば、お気に入りのオモチャを置いてみたり、小さなプールを設置してみたり、ペットとあなた両者がくつろげる空間を作っていきましょう。

https://misanimales.com/los-riesgos-de-tener-mascotas-en-tu-jardin/