家庭にいながら犬の動物的本能を満足させる方法

· 2018年10月18日
動物的本能の中には、問題を引き起こすこともあります。しかし、このような行動は、動物的な本能である以上に、犬の特徴や個性でもあるので、止めることはできません。

長い間、犬はペットとして受け入れられてきましたが、犬は未だに犬本来の動物的 本能 を満足させる必要があります。家庭で私たちの生活の一部として受け入れられているに関わらず、犬には無視することのできない動物的な本能が備わっているのです。

動物的本能の中には、問題を引き起こすこともあります。例えば、ものを隠したり、庭に穴を掘ったりする行動です。しかし、このような行動は、動物的な本能である以上に、犬の特徴や個性でもあるので、止めることはできません。

家庭で満足さしてあげるべき動物的 本能

他の犬や人と交流する

他の犬や人と交流する

犬は群れの動物です。言い換えると、他の誰かと一緒にいて、何かを一緒にするということに慣れていますし、これは犬が賢い理由でもあります。家の中に入ることができず、テラスや庭で一人で遊びながら生活するなんてことはできないのです。

実際に、孤独な生活が原因でおかしくなってしまった犬の話もあります。ですので、犬を飼い始める前に、犬は他者との交流を必要とするということを理解しておきましょう。もし同じ屋根の下で生活することが嫌なら、犬を飼うということはやめておいた方が良さそうです。

また、犬は他の犬と交流する必要もあります。道で他の犬があなたの犬に噛み付くことを恐るのは分かりますが、あなたの犬には必要なことなのです。他の犬の匂いを嗅がせてあげたり、他の犬と遊ばせてあげましょう。よっぽど相性が合わない限り、何も悪いことは起こりません。

食べる、飲む、そして寝る

こういったことは私たち人間としての本能です。犬は、ペットとして家で飼われ始める前は、時間のほとんどを餌を探すことに当てていた、ということを忘れてはいけません。なので、基本的なことを満足させてあげることで、動物的な本能のほとんどを満足させてあげることができます。

捜索する

嗅覚は犬にとって非常に重要な感覚です。嗅覚をつかって、物を感じたり、伝達したり、情報を受け取っているのです。人間には一千万しかないのに、犬の鼻は2.5億以上の感覚細胞があるのもこのためです。

なので、散歩に行く時は、自分の犬を子供のように扱うのはやめましょう。犬に好きに匂いを嗅がせてあげるようにすることで、犬は周囲の環境に慣れることができるのです。家にずっといるのであれば、犬のおもちゃを隠して、犬に動物本来の感覚を使わせて探させるのも良いですね。

遊ぶ

アクティブでいることも犬にとってとても大切で、遊ぶことでその本能を満たしてあげられます。犬が遊びに行きたい時が、もしかするとあなたにとってはいいタイミングではないかもしれません。しかし、できるだけ犬に合わせてあげるべきです。健康的な心は健康的な身体であるということを忘れないようにしましょう。

また、骨やおもちゃを噛むことも犬の動物的本能です。おもちゃを噛んだりしても、怒鳴ったりしないようにしましょう。

吠える

吠える

犬は吠えることによってコミュニケーションをとります。あなたが帰宅した時や、夜中に何か怪しい音がした時、または何かが欲しい時に吠えることもあるでしょう。あなたは理解できないと思いますが、犬にコミュニケーションさせてあげましょう。

さらに、このコミュニケーションをするという本能も犬の嗅覚と関わりがあります。ですので、人間にとって不快なことを犬がすることがあるかもしれません。例えば、おしっこをしたり、他の犬のおしりの匂いを嗅ぐなどが挙げられます。しかし、これは普通の行動です。犬はこのようにコミュニケーションをとり、お互いを理解しているのです。