グレインフリーのドッグフードは必要だと思いますか?

2020年4月18日
犬のためのグルテンフリーのドッグフードも売られています。しかし、これは全ての犬に必要なものなのでしょうか?

近年、グルテン不耐症がどんどん増えてきています。もちろん実際にこの症状があるという人もたくさんいますが、この概念にとりつかれている人もいます。その延長で自分のペットもグルテン不耐性だと信じてしまうことさえあるのです。もちろん、グルテン不耐性の犬のためのグルテンフリーのドッグフードも売られています。しかし、これは全ての犬に必要なものなのでしょうか?

グレインフリーのドッグフードがあるのはなぜ?

こういったタイプのドッグフードを企業が作り始めたのには理由があります。それは、「犬の祖先がオオカミなら、オオカミは穀物を食べないのだから犬にも必要ないのでは?」という考え方です。これはいかにも合理的な考え方のように感じますが、いくつか疑問も残ります。

犬がオオカミの子孫であることはよく知られていることです。しかし、犬は特に人間と暮らすようになってから大きく進化しました。それによって消化プロセスなど体にも様々な変化が起きてきたのです。

グルテン不耐性を持っている犬も実際にいて、それがグレインフリーのドッグフードが存在する理由でもあります。しかし、すべての犬が穀類を避けるべきという訳ではありません。上で触れたような進化のおかげで、犬は穀類の中の炭水化物を吸収できるようになったということが、研究でわかっているのです。

実際、犬が人間と暮らすようになってからというもの、ドッグフードの中、あるいはバーフ・ダイエットでも犬は穀類を食べてきたのです。

グレインフリー ドッグフード

グレインフリーのドッグフードはあり?なし?

炭水化物を食べると犬が肥満になると信じている人がいます。そこで、ペットの体重管理のためにグレインフリーのドッグフードを選ぶ飼い主も多いのです。

しかし、ドッグフードに穀類が含まれていないからといって炭水化物が入っていないとは限りません。また炭水化物はドッグフードの調理において重要な材料であり、つなぎの役割もしています。つまりスポンジケーキを小麦粉なしで作ろうとしているようなもので、うまくいかないのです。

また、穀類の中の炭水化物とは複雑にできていて、自然なものであり吸収や消化がしやすいという特性があります。犬はバランスの取れた食事をして定期的に運動していれば、何の問題もなく体重を維持し、健康でいられるのです。

しかし、グレインフリーのドッグフードで使われているその他の炭水化物の中には、人工的なものや消化がしづらいものもあります。これが脂肪に変わったり、望んでいるのと反対の結果になってしまう恐れもあるのです。

これはジャガイモやサツマイモ、ひよこ豆やレンズ豆などの豆類からくるものです。犬にグルテン不耐性が無いのに、穀類を避けようと考えている場合、オオカミもこういったものは食べないということを覚えておきましょう。犬の先祖と同じような食事をさせることが目標なのであれば、こういったものが含まれているフードは役に立ちません。

グルテンフリー ドッグフード

当たり前ですが、グルテンを食べると問題がある犬については、バーフ・ダイエットを使わないならこういったタイプのフードを与えてみましょう。一番いいのは獣医さんに相談して、飼い犬にベストなものを教えてもらうことです。

穀類にアレルギーのある犬っているの?

最近では、グルテン不耐性があるのはセッターだけだと言われています。ケースが確認されているのはこの犬種だけなのです。その他のアレルギーについては、食べ物に関するものはたった10%しかないと考えられています。その中でも穀類はほとんどわからないくらい事例が少なくなっています。

ですので、グルテンに関する問題を診断されない限り、グレインフリーのドッグフードを与える理由は特にありません。それどころかヘルシーでバランスのとれた食事を与えたいという目的に相反してしまう可能性すらあります。

それでもグレインフリーのドッグフードを与える場合は、質の良いものを買いましょう。値段は高くなりますが、しっかりと考えられたものになっています。また、健康的な食事法としてはバーフ・ダイエットもとても良いということも覚えておきましょう。