「犬の行動学」について学びませんか?:動物行動学の重要性

2019年10月18日
行動学は犬の理解に大きく貢献してきました。その中でも、犬の正常な行動と病気などによる異常な行動を見分けることができるようになったのは、特に大きな進歩だと思います。

行動学というのは、人間や動物の行動を研究する科学分野と言えます。犬を専門にしている場合は「犬の行動学(Canine Ethlogy)」と呼ばれ、科学者や獣医師はもちろん、飼い主にとっても愛犬の行動を通して健康状態を把握する知識を与えてくれます。

素行の悪い犬のおける行動学の重要性

行動学のおかげで、病気などが犬の行動にどのような変化を及ぼすかが少しづつ分かってきました。

行動学は、行動生物学の一環として主には動物のありのままの行動を研究対象としていますが、その対象は野生動物だけでなく、家庭でペットとして飼われている動物や家畜にも及びます。

中でも「犬の行動学」は特にペットとの関わりが強いのですが、あまりご家庭レベルで浸透しているとは思えません。というのも、ほとんどの飼い主さんは愛犬の生物学的な正常な行動や習性、ニーズについてまで把握してないと思うのです。でもこれは、愛犬との間に不必要な亀裂を生んでしまう可能性があります。

草むらに座る犬 犬 行動学

ということで、下に「犬の行動学」を知っていれば愛犬の素行が良くなるしれない、そんなケースについて挙げてみました。

よくある問題としての「人間に対する恐怖」

人間が犬に対して抱く恐怖心、そして人間が犬に対して抱く恐怖心は、いずれも攻撃的な行動をもたらしたり、不安を煽ったりすると言われています。問題が悪化すると、犬の場合は体調不良に陥ることさえあるのです。そんな事情もあり、動物の行動に焦点をあてる行動学では、この問題は特に広く研究されてきました。

こちらを見つめる犬 犬 行動学

このような「社会化プロセス」における問題には、色々な原因が考えられますが、ワンちゃんが育ってきた環境や母犬の存在、そして離乳までのプロセスが特に重要であるとされています。言い換えると、これらの要素はワンちゃんが人間や他の動物たちと幸せに暮らしていく上で、欠かせない要素とも捉えることができるでしょう。

もし愛犬の素行に問題があり、犬の行動学者さんを尋ねようと考えてらっしゃるなら、その学者さんがちゃんと信頼できるかどうかを事前に調べることをお勧めします。そうすることで、変なビジネスに巻き込まれる危険も無くなりますしね。