あなたの愛犬もやっている?犬の本能的な行動6選!

· 2019年1月27日
多くの犬が特定の仕事をするために作られました。例えば、シェパード犬や番犬、猟犬はその能力で交配されてきました。

犬が犬種ごとに違うのは見た目だけではありません。実は交配するうえで最も重要なのはどういった本能的な行動を取るのかなのです。いくつかの例として、家畜を守ることや猟をするなどの仕事が挙げられます。あなたが想像するよりたくさんの本能的な行動があるのです。

本能的な行動

本能的な行動とは次の世代にも遺伝されるものです。これは犬が自然に行う行動であり、例えば、生き延びたり、食べることはどの動物にも備わっている共通の本能です。

多くの犬が特定の仕事をするために作られました。例えば、シェパード犬や番犬、猟犬はその能力で交配されてきました。働く犬種が作られた時、彼らには、人からは教えられない本能的な行動が作られました。要するに、犬が自分で何をすればいいのか自然とわかるのです。

この備わった本能を使う機会はなくとも、飼い犬もこれらの本能的な行動をします。特にストレスを抱えている時などは、こういった行動をすることがあります。面白かったり、驚きだったりするかもしれませんが、もし犬が本能的な行動を取っていたら、それはあなたにストレスが溜まっていることを伝えているのです。

1.ハーディング

シェパード犬は皆かつて羊の群れを誘導していましたが、いくつかの犬種は何十年も前にハーディングに使われなくなりました。それでも、その他の犬種は今でも家畜を誘導するのに使われています。例えば、ボーダーコリーは小さいころから動物の群れを誘導できます。実は産まれてから5週間で家畜を見張ったり誘導しようとしたりできるんです。

本能 犬

彼らは成犬になると公園で子供や他の犬たち、または極端な場合はアリのような小さな動物を見張ったりするのです。

2.穴を掘る

テリアはネズミやウサギなどの小動物を捕まえるのがとても得意です。現在はペットとして飼われていますが、ヨークシャーテリアやウェスティは、小動物が潜む巣穴を掘りおこす、とてもすごいハンターだったのです。

ですから、テリアは今でも穴を掘る習性があります。きっと飼い犬のテリアが土を掘り起こしてしまったという経験を持つ人もいるでしょう。もしかしたら、ソファのクッションで「穴を掘ろう」としているテリアを見たことがあるかもしれません。

3.異なる犬種、異なる遊び方

犬は、犬種によって遊び方が異なります。猟犬頭を振ったり物に噛みついて遊びますが、グレーハウンドやポデンコのようなハウンドは長い距離を追いかけっこするのが好きです。彼らの遺伝子に根付いた本能のおかげで、シェパード犬は遊ぶ時に他の犬の足を噛むクセがあります。さらに、テリアは他の犬種よりよく吠えます。

4.コミュニケーション方法の違い

犬はジェスチャーで、体全部を使ってコミュニケーションを取ります。口から耳、目、尻尾のすべてを使います。けれど、体の一部が使えない犬は他の体の部分を使ってコミュニケーションを取ります。

バセットハウンドのような耳が長く垂れた犬は、周りとコミュニケーションを取るために耳が使えません。また、顔が長い毛で覆われているシュナウザーのような犬は舌や歯を上手く見せられません。なので、ワンちゃんたちは、このことを知っていて体の他の部分でコミュニケーションを取ろうとします。

5.シグナル

猟犬はいくつかの能力に分かれます。例えば、ポインター犬は片方の前足を使って獲物がいる場所を教えます。

穴掘り 犬 本能的な行動

もしこれをしている犬を見かけたら、どこを指しているのか見てみて下さい。ポインター犬はDNAに何かを指すという本能が刻まれています。彼らは何か面白いものを指している時や、ストレスが溜まっていることを伝えるためにこの行動を取ります。

6.物を運ぶ

もう一つ猟犬が持つ能力は、獲物をくわえて運ぶことです。例えば、ラブラドールはこの仕事をするために生まれました。この犬種やこれに似たゴールデンレトリーバーなどの犬種は、この本能的な行動を遺伝で受け継いでいます。彼らは、祖先が皆獲物を傷つけずに運ばなければならなかったので、口で何かを運ぶのがとても得意です。

ラブラドールは緊張すると、何かをくわえてどこかへ運ぶ習性があります。ラブラドールを飼っている家で靴やリモコン、ぬいぐるみが行方不明になってしまっている人もいるでしょう。これは何かを口で運ぶ本能が彼らに備わっているからです。遊びでやる犬もいますが、多くの場合はストレスや緊張の表れです。

まとめると、本能的な行動とは犬が何も考えずに自然とやってしまう行動のことです。もし愛犬のこういった行動がストレスや緊張から来ているのであれば、とてもしつけにくくなってしまいます。

犬種がわかっていて、過去にどういった仕事をしていたのかもわかっているのであれば、本能的な行動を見分けられるようになり、いつ緊張しているのかわかるようになりますよ。