動物を引き取る時に必要なことは?:動物による違い

· 2019年5月11日
それぞれの動物が自分の世界で生きており、独自のニーズを持っています。ですので、動物を引き取る前にまずやらなければならないことは、その動物が暮らすことになる環境について評価することです。

動物を引き取ることは、放棄率を下げ、助けを必要としている犬や猫を救う上でも重要なことです。しかし、捨てられている動物には様々な種、年齢、そして血統がいるのです。

動物を引き取る時に必要なことは?:動物による違い

あなたの個人的な好みで、特定の動物を選ぶ傾向があるかもしれません。しかし、すべての動物が良い人を探していて、素晴らしい友達になれるのです。どの動物を引き取るか決める前に、特定の種だけに限らないようにしましょう。

あなたライフスタイルのせいで、好きな動物を引き取れないかもしれません。ですので、決定する前にアニマルシェルターの人に必ずアドバイスを求めましょう。可能なら、さまざまな種があなたの家にぴったり合って、素敵な友達になれるといいですね。

あなたのスケジュールが重要です

動物を選ぶ際には、仕事や家の外であなたが過ごす時間がとても重要になります。犬は猫よりも多くの注目を要しますし、猫もハムスターなどの齧歯(げっし)動物に比べると注意が必要です。長時間仕事で家を空けても大丈夫な動物もいれば、より注目が必要なものもいるのです。

動物を引き取る時

動物を引き取る前に、あなたのスケジュールについて考えなければなりません。それには週末や休暇も含まれます。休みの日によくハイキングに行ったり、あるいは旅行に行ったりするのが好きな場合なは、犬などのこういった速いペースの生活に簡単に適応できる動物がいいでしょう。

しかし、静けさが好きであまり家から離れないなら、うさぎや猫、または鳥などもいいお供になってくれるでしょう。

動物によってかかるお金もさまざま

特に医療的な緊急事態など、動物のお世話が経済的にできることが、動物を引き取る上で重要な必要事項の一つになります。というのも、引き取りの書類に署名をしたら、こういった費用は全てあなたが持つことになり、あなたに動物を引き渡したシェルターには経済的な義務が一切なくなるからです。

動物の引き取りには経済状況もチェック 動物を引き取る   必要なこと

お金があまりなかったとしても、他に比べてお金がかからない動物もいます。例えば齧歯動物は食べる量が少ないですし、通常獣医さんに診てもらう必要もありません。しかし、犬から農場の動物までの歳をとった動物は、獣医さんに行くことが多くなり、特別な食事も必要になります。

 

ですので、自分のペットの経費が払えないなら、ペットを飼うべきではありません。しかし、その他の選択肢もあります。シェルターはオーナーによって費用がまかなわれていますし、あまりお金のかからないペットを探せばいいのです。

あなたの住む場所

もちろん、あなたの家のサイズや形も、動物を引き取る時には考えなければならないことです。小さい家に住んでいるからといってペットを飼えない訳ではありませんし、ただ単にたくさんの土地を持っていることが自動的にあなたが犬を飼えるということを意味する訳でもありません。

齧歯動物やうさぎ、鳥、そして一部の爬虫類は、小さな家やマンションでも飼うことができます。こういった動物は小さいので多くのスペースを必要としません。かごと、脚を伸ばすためのスペースがあれば十分なのです。

動物を引き取る   必要なこと

たくさんの土地のある家を持っている場合、犬を飼うのは普通のことですが、必要なことではありません。その広い庭のスペースを生かしたいなら、ロバがとても良い選択肢です。ロバは頼まなくても芝生を短く保ってくれ、地面を肥やしてくれます。農場の動物や物を運んだりできる動物が質のいい生活をするには広大な土地が必要です。

反対に、猫は脱走して家で自らを危険にさらしてしまうことがよくあります。バルコニーや小さな庭がある場合は、猫を守るために窓やドアを閉めておくべきです。こういったタイプの家は、猫のような動物を引き取るのにはあまりお勧めされないことが多いのです。

動物を引き取ることは一生のこと

まず、動物を引き取るというのには、その動物が生きている限り、なにが起こってもずっとその動物と一緒に生活するという決意が必要です。引き取りの書類にサインする前に、中長期的にその動物と一緒に暮らすことについて考え、あなたの計画に合った動物を探しましょう。

安定した家族との生活があれば、10年以上生きる犬はとても良い選択肢です。しかし、あなたが学生で、旅行をしたりいろいろな場所に住む予定なら、齧歯動物や鳥、猫などもっと自立していて寿命の短い動物の方がいいかもしれません。

動物を引き取ることはペットを飼う方法の中で最も倫理的で利点のある方法です。毎年何千という動物か捨てられており、そのすべてがお世話をしてくれる家族を必要としています。そしてこの問題は種や血統関係なく存在しています。ペットが欲しいと思っているなら、近くのアニマルシェルターを見つけてあなたにベストな動物がなにか聞いてみましょう。