モルモットが快適に過ごせる家づくり

2019年3月8日
今回は、モルモットが住みやすい生活空間を作る方法をご紹介します。スペースや食べ物、衛生面について少し工夫するだけでとても快適な場所になるでしょう。

モルモットは社交的で、小さなことにも感謝し、愛情深く表現力豊かな動物です。ささいなことでも喜びを感じますが、モルモットの生活の質をさらに向上させるために、ケージを改良してみると良いでしょう。

モルモットのケージを変える前に

モルモットのケージを改良する前に、基本的なニーズをケージが満たしていることを確認してください。例えば、湿気が発生しやすい魚飼育用の水槽には入れないでください。ワイヤーゲージのような新鮮な空気が入るケージを用意しましょう。

もう一つは餌を入れるボールです。新鮮な野菜とペットフードの両方を与えているのであれば、ボールを2つ用意すると良いでしょう。1つのボールに新鮮な野菜とペットフードを入れると、2つが混ざり合って味だけでなく衛生的にも良くないでしょう。モルモットは通常ボトルから水を飲みますが、ボールから飲むのを好むモルモットもいます。1番大切なのは、常に新鮮できれいな水をあげることです。

ケージの中には、干し草を入れるための特別な仕切りがあるものもあります。たとえケージに仕切りがなくても、餌は干し草をメインにしてください。ケージの床に干し草をおいて、いつでも食べられる環境を整えてあげることが大事です。

モルモット

また、モルモットは小さな箱の中で眠るのが好きです。かじってもいいような木製またはその他の材料で作った隠れ家を与えてください。

これらの基本的な要素が全て揃ってから、モルモットのケージの改善方法について考えましょう。

こちらもご参考に:
モルモットに「芸」を教える方法

モルモットのケージの床は格子状ではなく滑らかになっていることを確認してください。湿気を取り除くための吸収材を使っているものを選んでください。多くの材質がありますが、ケージを改良したいならば、いくつか新しい材料を試してみると良いでしょう。

床に干し草を敷き詰めないでください。干し草はモルモットの食べ物であって、その上を歩くものでもトイレでもないからです圧縮された藁のペレット、再生紙などを利用できますがペットにとって居心地が良く毒がない材料を使ってください。

床に新しい材料を敷いてみたら、モルモットが好きかどうか試してみてみましょう。

モルモットの家 モルモット 快適  家づくり

回し車は使わないでください。背中に害を及ぼす可能性があります。回し車はハムスターの為であってハムスターは完全に異なる動物です。

回し車の代わりに、トンネルやハンモック、シリアルバーまたは上り下りすることができる場所を設けると良いでしょう。モルモットとはそれほど運動量が必要ありません。モルモットはとても落ち着いた動物です。

ご存知でしたか?:
モルモットの餌:何を与えたらいいの?

オススメのボウル

多くのモルモットは餌の入ったボウルをひっくり返し、床にその餌を広げます。ペットフードは乾燥していて臭いもしませんが、新鮮な野菜は腐りやすく、特に寝床や餌入れの下に野菜を隠すとすぐに腐敗し始めます。

飼い主とモルモットの両者にとって、すぐに転がってしまう軽いボウルよりもしっかりと重さのある餌入れの方が良いでしょう。ケージバーに取り付け可能な餌入れを購入することも可能です。そうすれば、ケージは常にきれいに保たれモルモットにとっても掃除をするあなたにとっても便利でしょう。

ステージを追加して床面積を増やす

上記でご紹介したものが全て揃っている場合は、次に床面積を増やすことを考えると良いでしょう。モルモットは登るのが苦手で、とても不器用な動物です。けれども、多くのケージは傾斜台付きの2階を追加できるようになっています。

走り回ったり探索できるスペースが多いほど気分は良くなるでしょう。さらに楽しい場所にするためにおもちゃやコンパートメントを追加してあげるのもオススメです。

少し逆説的に思えますが、スペースを広くすると食物を特定の場所に設置できるので、結果的に清潔に保ちやすくなります。

モルモットはとても可愛く愛情深く、表現力豊かな小さな生き物です。 幸せを感じるのに多くを必要としないモルモットですが、たくさんのおもちゃをあげて楽しませたり、住処を改良して居心地の良い空間を作ってあげると喜ぶでしょう。

それと同時に、モルモットが長い間快適に過ごせるように正しい食事を与えケージを清潔に保つことを忘れないでください。