水生昆虫から空飛ぶ昆虫へ:トンボの変態について学ぶ

2019年11月26日
トンボは幼虫の期間に比べて、成虫になってからの期間がとても短いと言われています。

6か月未満〜5年以上であるトンボのライフサイクルにおいて、トンボの変態は形態学的および生理学的に複雑です。

ヤンマ(蜻蜓)とは、トンボ目 不均翅亜目ヤンマ科(Aeshnidae)の昆虫の総称です

トンボの変態の3つの段階

他の種と同様に、オスとメスの交尾からライフサイクルが始まります。トンボは、完全に飛行している状態で交尾ができる特定の能力を持っています。

交尾が終了すると、メスは通常、穏やかな水に近い地域の植生に、最大500個の卵を産みます。

卵が孵化した後、トンボの幼虫期が始まります。これはトンボの変態の中で最も長い段階であり、4年以上続くことさえあります。

この段階のトンボの幼虫は一般的にヤゴと呼ばれ、トンボの幼虫は水生環境で成長と発達をし、強力な顎を使って小さな無脊椎動物を捕獲します。

水生昆虫から空飛ぶ昆虫へ: トンボ の変態について学ぶ

トンボの種類にもよりますが、この後のトンボは脱皮を繰り返して、徐々に羽を発達させます。

その後、水中以外でも生活ができるように、エラの使用をやめます。

春になると腹部が長くなり、翼が折り畳まれ、目が目立つようになります。

最後の脱皮が終わると、最初の数日間は周りの環境に適応しながら、翼と脚を強化していきます。

この時期は特に、若虫の時期に出会うことのなかった捕食者からの攻撃を避ける必要があります。

若虫の時代は、肛門から水を排出して水の中を素早く移動しますが、トンボになると空気中の異なる6方向に移動することが可能になります。

水生昆虫から空飛ぶ昆虫へ: トンボ の変態について学ぶ トンボの成長

例外的なケースもありますが、ほとんどのトンボの成虫段階は数ヶ月しか続きません。

これは、水から出たトンボの主な目的は、交尾するパートナーを見つけることだからです。

こちらもご参考に:トンボ:美しい大きな羽を持つ昆虫について

トンボの世界的な分布

現在、世界中には約5,700種のトンボが存在しています。

メキシコなどの熱帯地域では約360種、アメリカとカナダには約450種があります。

ほとんどのトンボは、密集した植生が存在する水生環境でほとんどの時間を過ごしますが、ベッコウトンボ、赤とんぼ、ウスバキトンボなどは長距離を移動します。

  • Pérez de Albéniz, J. El Mundo. Cinco años para convertirse en libélula. (s.f). Recuperado de https://www.elmundo.es/larevista/num158/textos/libe.html
  • Okdiario. (2018). Descubre el ciclo de vida de la libélula. Recuperado de https://okdiario.com/curiosidades/ciclo-vida-libelula-3138323