犬の散歩にサイクルトレーラーを使ってみませんか?

2019年11月7日
シニア犬でもサイクルトレーラーを使えば楽しめるようになります。

愛犬がまだ子犬やシニア犬である、あるいは健康上お散歩が難しいようであれば犬専用のサイクルトレーラーを使ってみませんか?これがあれば愛犬も安心して外に出られます。

愛犬との散歩は楽しいものですが、愛犬よりももっと運動がしたいと飼い主のあなたが感じることもあるかもしれません。こういうときはサイクルトレーラーをお勧めします。サイクルトレーラーを使えばあなたも愛犬もバイクライドを楽しめるからです。

犬専用のサイクルトレーラー?

そうなんです!犬のお散歩にも使えるサイクルトレーラーがあるんです。普段なら自転車をこぐあなたについて行くのに疲れてしまうかもしれませんが、サイクルトレーラーがあれば安全に楽に散歩を楽しめます。

犬とのサイクリングは、特に犬が体調不良、ある程度のルールを理解していない、または自転車を追いかけてくるには高齢過ぎる場合、危険を伴います。

しかし、中にはサイクリングする飼い主の横を走るしつけを受けた犬もいるかもしれません。あるいは、サイクルトレーラーでビーチや山といった特定の場所に犬を連れて行きたいと考えている飼い主もいるかもしれません。目的地まではトレーラーでも、現地に着いたら好きに走らせて楽しませてあげることができます。

サイクルトレーラーとは車輪と半透明の窓が付いた乗り物のことで、自転車の後輪ハブ軸にアタッチメントで固定します。トレーラーの中には滑らないようにシートを敷いたり、ビニールの雨・風除けを付けたりできます。また、中には赤ちゃんのベビーカーのようになるキットが付いているものもあります。これは、自転車を置いてランをしたい人にぴったりです。

サイクルトレーラー 犬の散歩

合わせて読みたい『目指せ散歩名人!犬を落ち着かせた状態で散歩させる方法

犬用サイクルトレーラーを使う理由とは?

サイクルトレーラーで犬と一緒に散歩や運動をする理由はたくさんあります。

1.どのように自転車と並走したらいいか分からない犬

子犬のときは必要な体力やしつけに欠けていることがあります。同時に、成犬になっても自転車と並走するには身体的に難しいこともあります。

2.長時間のお散歩

あなたの愛犬は運動をすることに慣れているかもしれませんが、1回のお散歩では近所を少し回るくらいかもしれません。こんな状態で遠くに連れて行こうとすると、途中でダウンしてしまう可能性が高いのが事実です。

3.運動嫌いな犬

シニア犬、肥満で悩んでいる犬、あるいは運動が苦手とされる犬種なのかもしれません。これはコーギーのように短い脚が特徴の短頭種のことです。その場合、一緒に山に出掛けるのであれば専用のトレーラーで安全に移動する方がいいでしょう。

4.健康に問題がある犬

愛犬がシニア犬であればサイクルトレーラーの使用を考える必要があるのかもしれません。あるいは病気や事故、または手術を乗り越えたばかりでもそうです。このような犬は外に連れ出さない方がいいと思ってしまうかもしれませんが、サイクルトレーラーがあればアウトドアも可能になるため理想的です。

サイクルトレーラー 犬の散歩

関連記事『ワンちゃんのための7種の散歩ひもとその使い方!

おさえておきたいサイクルトレーラーの特徴とは?

あなたの愛犬ともサイクルトレーラーを使ってみようと思いましたか?次のステップは一番合うモデルを購入することです。その際は、次のようなポイントを考慮してみてください。

1.サイズ

犬用サイクルトレーラーは犬の大きさに合わせて様々なサイズがあります。サイクルトレーラーはプードルやヨークシャーテリアなどの小型犬にもよく使われます。また、トレーラーの体重制限にも気を付けましょう。(通常は20キロまでです。)

2.アタッチメント

ほとんどのトレーラーには後輪の軸に接続するアタッチメントがあります。このアタッチメントは、あらゆるサイズやタイプの軸に対応しています。しかし、事故に備えて安全ストラップや予備の安全装置をおすすめします。

3.品質

購入後数週間で壊れてしまうものではなく、何年も使えるものを選ぶ際に重要なのは品質です。さらに、高品質のサイクルトレーラーを使えば愛犬だけでなく飼い主のあなたも安全です。頑丈なタイヤ、丈夫なフレーム、そして耐久性に優れた荷台が必要です。

最後に、自宅の保管スペースがあまりない場合は、折り畳み式のものを選ぶと保管に困りません。(ベッドの下や家具の後ろに保管できます。)そして、安全のために夜間に使う場合はリフレクター、安全フラグ、点滅ライトなどを忘れないようにしましょう。

Amat, M., Hervera, M., Baucells, M., & Manteca, X. (2009). Factores ambientales implicados en el control de la conducta del perro y del gato : alimentación , manejo y ejercicio. Clin. Vet. Peq. Anim -AVEPA.