猫のトイレの臭い防ぐための対策:あなたの家は臭ってない?

2019年5月1日
今回ご紹介するヒントを活用すれば、あの不快で周囲に広がる猫トイレの臭いを防げることができます。

猫を1匹以上飼っているのであれば、自宅の猫トイレの臭いで悩んだことはあると思います。恐らく思いつくことはすべて試し、毎日お掃除をしても結果がでなかったのではないでしょうか。本記事は猫トイレの臭いを1回で取り除く方法をご説明いたします。

 

猫トイレの臭いを防ぐ方法

まずは諦めないでください!猫トイレは文字通り猫にとっての「トイレ」であり、猫は自分でそれを掃除できないということを理解しましょう。毎日トイレ掃除をすることは非現実的です。しかし、今回ご紹介するヒントを活用すれば、あの不快で周囲に広がる猫トイレの臭いを防げることができます。

トイレ砂を頻繁に交換する

トイレ砂 猫 トイレ  臭い

通常、トイレ用の砂は高価なものではありませんが、毎日交換するとなると経済的ではありません。しかし、猫を1匹飼っているのであれば少なくとも週に1回は交換しましょう。2匹以上で同じトイレを使っているのであれば、週に3~4回はトイレ掃除が必要でしょう。

ウンチをすくう

猫トイレから糞を取り除きビニール袋に入れます。仕事や他のことで手が空いていないため、猫のトイレが終わってすぐはできないかもしれません。しかし、帰宅したら猫トイレをチェックし、必要であれば掃除することに慣れましょう。

合わせて読みたい:猫トイレのニオイを取り除く7つのコツ

猫トイレの掃除 猫 トイレ  臭い

まだ下に落ちていないオシッコがトイレにある場合、スコップですくい袋に入れます。こうすることでオシッコがかかっていない部分のトイレ砂を清潔に保つことができます。

猫トイレを定期的に消毒する

トイレ砂全部を交換するときは、猫トイレを漂白剤や他の消毒剤で消毒することを強くおすすめします。こうすることで猫トイレは衛生的に保たれます。猫が洗剤のニオイを嫌がらないように猫トイレはしっかりと乾かしましょう。

香り付きのトイレ砂を使用する

店頭にはあらゆる種類のトイレ砂があります。香り付きトイレ砂トイレの周りを微かな香りに包むので嫌な臭いを防ぐのに最適です。

時々、猫トイレ本体も交換する

猫トイレは、猫の爪痕やトイレ砂から時と共に消耗していきます。猫トイレ本体への小さな傷には猫のオシッコが入り込みます。このような引っかき傷は修理が困難なため、トイレ本体を交換するのがいいでしょう。

合わせて読みたい:猫の尿路感染症について

猫トイレ2 猫 トイレ  臭い

トイレ本体を交換する頻度はケースバイケースですが、通常は半年に1回、最低でも1年に1回は交換することをおすすめします。そのため、数ヶ月毎に交換することを考えると高価な猫トイレを購入することはあまりおすすめできません。

消臭剤を使う

香り付きのトイレ砂を使うのに加え、嫌な臭いを緩和する猫トイレ用の消臭剤も市販されています。このような消臭剤を使用することにより、トイレ砂はもう少し長持ちしますが、前述のように、消臭剤は臭いを緩和はしますが、除去するわけではありません。

猫トイレは換気の良い場所に置く

猫トイレは換気の良い場所や広い場所に置くことで、嫌な臭いは軽減されます。隅っこに置き、ドアを閉めてしまうと臭いは悪化するだけです。

今回ご紹介した猫トイレの臭い対策はいかがでしたか?これをヒントにすればもう嫌な臭いに悩まされることが無くなります。また、猫トイレとトイレ砂を最大限に活用することができるでしょう。