猫の留守番について:注意点はこれ!

· 2019年2月3日
猫に留守番をさせるときに気を付けたいポイントは餌や遊ぶ物、衛生、安全、遊ぶ相手などに関連しています。

猫は環境の変化への適応が苦手です。休暇で家を空けるときや1週間以上家を留守にするときは、猫を一緒に連れていくことをおすすめします。しかし、今回ご紹介する注意点をヒントにすれば、留守番は猫ちゃんにとっても飼い主のあなたにとっても気持ちがぐっと楽になるはずです。

猫は独立心が高く、自分のことは自分で行える動物です環境さえ整えてあげれば猫は自分の世話をすることが出来ます。しかし、たとえ短期間であっても猫は新しい環境が苦手なのです。家を留守にするときは、よそへ預けるのではなく、家で留守番をさせることがベストでしょう。しかし、猫に留守番をさせるというのは、犬を留守番させるように簡単なことではありません。

 

猫に留守番をさせるときに必要なこと

信頼する人に猫の遊び相手になってもらいましょう。餌や水が十分あり、猫が安全で衛生的でいるかを確かめるだけでなく、友人や家族に猫の遊び相手になってもらうことが大切です。たとえ3日間であってもです。猫が警戒しないように、この人物は猫が知っている人だといいでしょう。

合わせて読みたい:キャットニップとは?メリットとデメリット

餌と水

まずは餌と水です。家を留守にする日数によって、餌と水の量を考える必要があります。大好きな餌をお皿に2杯、水をボウルに2杯用意しておけば3日間留守にしても十分でしょう。

幸いにも、猫は一度にすべてを食べません。頭がいいですね。家に誰もいないことが分かり、適当な量の餌が目の前にあれば、必要な量だけ食べるのです。

オヤツやおもちゃも猫が喜ぶ物です。猫が遊べるように家の諸所に置いておきましょう。

ボールと寝る猫

餌や水は、必ず食べられる・飲める場所に置きます。もしドアが閉まったことで餌に辿り着けなくなると大変なことになってしまいます。そこで、家を留守にする際は家の中のドアは全て開けておくようにしましょう。

3日以降は、定期的に信頼する人に家に来てもらい、猫の餌や水を足してもらいます。そして、万が一、予定通りに帰宅できなくなってしまったときのためにも、少し多めに餌を置いてもらいましょう。

合わせて読みたい:何かあった時のために第二の飼い主を決めておこう

家での楽しみ

猫のお気に入りのおもちゃを家の中に散らばしておくことで、猫は一人の時間も楽しくなります。おもちゃで気が紛れれば時間が経つのも早く感じ、あなたが留守をしているという不安感も軽減されるでしょう。

キャットタワーは猫の遊び場になるので、必ず設置してあげましょう。これがあることで家具で爪を研ぐという、飼い主にとっては悩みの種もなくなります。

清潔な環境

猫はきれい好きな動物です。猫のトイレは汚れていると「環境の乱れ」と猫に見なされるため、常に掃除しておきましょう。

留守にする前には猫のトイレは完全に何もなくきれいな状態にしましょう。猫はトイレが汚れているとトイレを使わないので、猫のトイレは1つだけでなく、2つ、3つと設置しましょう。そうすることで、猫にとって平和な数日間になるはずです。

猫の留守番 猫 留守番 注意点

また、猫の様子を見に来てくれる人のためにも何かを用意しておくといいでしょう。ショベル、袋、トイレ砂など、見に来た際に掃除してもらう用具をセットしておきましょう。

窓や玄関のドアがしっかり閉まっているか確認する

猫が逃げ出さないように、家の全ての窓と玄関のドアが閉まっているか確認するのは大切です。あなたの留守中、猫が家の中を探検するのは当たり前ですが、家から出られる状態だと迷子になったり、事故に巻き込まれてしまったりするかもしれません。

また、留守中をより安全にするため、有毒物質や薬は猫が触れない場所に保管しておきましょう。もし猫が見つけてしまうと病気にかかったり、それより酷いことになってしまったりする可能性があります。

 

楽しい遊び相手

猫を見に家に来てくれる友人が少しの間でも猫と遊んで、撫でたり一緒にいたりできると猫も喜びます。こうすることで、一人でいる時間が短く感じられるようになり、ストレスや不安を軽減してあげられます。

他の選択肢

猫を残したまま家を留守にすることが難しくても、他に選択肢はあります。友人の家に連れて行くこともできますが、その環境に慣れないため猫が逃げ出してしまうというリスクがあります。また、友人宅の物を壊したり傷付けてしまったりする可能性もあります。

 高価ですが、ペットホテルに預けることもできます。この場合、他の動物がいることがストレスにならないかなど、考えなくてはいけないことも出てきます。家から離れた新しい環境は、猫にストレスと不安感を与えるからです。

今回ご紹介した猫に留守番させるときのポイントは、猫ちゃんにもあなたにもメリットがあります。お互いが心地よく休暇を過ごせるように、是非試してみてください。