ゴールデンレトリバーの飼育に関するアドバイス!

2019年8月13日
ゴールデンレトリバーの飼育には、食事、トレーニング、そして健康を維持するために必要なケアなど、適切に成長するために必要な項目を理解することが大切です。

ゴールデンレトリバーの飼育に関しては、バランスの取れた食事、効果的なトレーニング、正しい運動習慣、そしてこれらを正しく実践するために必要な道具などに関する、様々なアドバイスに留意することが大切です。

ゴールデンレトリバーは、美しく、他にはない個性を持つ大型犬です。

飼い主との充実した時間を過ごすことや、「自分の家」に来た人を歓迎するのが大好きです。また、多くの人の笑顔が大好きで、家を訪問するお客様に家の中を見せる「ツアー」を行うこともあります。

たとえ吠えることがあっても、飼い主やゲストを喜ばせようとするでしょう。

ゴールデンレトリバーを迎える前に知っておくべきこと

ゴールデンレトリバーの子犬を迎え入れてから1週間後に、手放したいと話す人が少なからずいます。

これは、子犬がいたるところにおしっこをしてしまったり、飼い主のライフスタイルに合わないなどが理由だと言われます。

しかし、子犬を迎え入れる時は、人間の赤ちゃんと同じように根気のよいしつけとお世話が必要になることを覚えておくことが大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんに、トイレトレーニングはできますか?

赤ちゃんに泣くのをやめろと言って伝わりますか?

人間の赤ちゃんに時間をかけたお世話やトイレトレーニングが必要なように、子犬を連れてくるというのは、毎日の生活が変化する経験となるため、迎え入れる前にしっかりと自問してください。

子犬の飼育に関わる全てのお世話をできるか、そして子犬を飼うことに伴う責任について、家族としっかりと話し合いましょう。

ゴールデンレトリバーの飼育は簡単ではありません。

また子犬のお世話が難しいけれど、ゴールデンレトリバーを迎え入れたい場合は、保護団体などから老犬を迎え入れる方法もあります。

ゴールデンレトリバー 飼育 アドバイス

クレートを使用した子犬のトレーニング

クレートと呼ばれる木枠を使った箱を使ったクレートトレーニングは、ゴールデンレトリバーに最適です。

ゴールデンレトリバーの子犬が、クレートが安全な場所であることを理解することが大切です。

子犬にとってよい衛生状態や睡眠習慣を実践するのに役立つクレートをぜひご活用ください。

ご存知ですか?:犬を呼ぶしつけ:呼んだら来るように教えよう

ゴールデンレトリバーのトレーニング早くから始める必要がある

子犬が家の中を壊さないようにするためには、一般的な子犬のトレーニングで十分だと考えるかもしれませんが、実際にはより高度なトレーニングが必要となります。

可能であれば、専門知識を持ったトレーナーに依頼したり、獣医師などの専門家に相談するようにしてください。

ゴールデンレトリバーは、子犬の頃からしっかりとしたトレーニングを行うことが大切です。

またこのトレーニングは週1回などの間隔のあるトレーニングだけではなく、毎日自宅でも実践する必要があります。

ゴールデンレトリバー 飼育 アドバイス

トレーニングを理解することが大切

知能の高さでも知られるゴールデンレトリバーは、学習能力が高い犬種です。

The Everything Golden Retriever Bookというゴールデンレトリバーの飼育本には、飼い主がコミュニケーションを頻繁にとり、刺激的な環境で育てることで、子犬の学習能力を向上させることができると記載されています。

飼い主と一緒に遊ぶことができる、楽しく興味深いおもちゃを使ったり、外で活発に過ごす時間も必要です。

ゴールデンレトリバーの子犬が行儀の良い成犬になるためには、適切なトレーニングが欠かせません。

しつけ教室などに入れるとしても、授業時間外でも家でトレーニングを継続してください。

犬を効果的にトレーニングする方法は、正しい訓練を行うことであり、それにより子犬と充実した時間を過ごすことです。

こちらもご参照を:子犬に必要な基礎トレーニングについてのアドバイス

健康に注意する

ゴールデンレトリバーの子犬は非常に繊細なので、健康状態には十分に注意してください。

健康を維持するためには、質の高い食事と、獣医師との定期検診です。

10週になる前に、必ず一度獣医師の診察を受けましょう。

定期検診では、獣医師は、目、耳、心臓、肺、腹部などをしっかりと検査し、予防接種をきちんと行っているかなどを確認します。

子犬の時期には、ジステンパー、アデノウイルス、パルボウイルス、およびパラインフルエンザの予防接種を受けます。

最初の健康診断の後、次の予約は獣医師によって異なりますが、子犬の間は1ヶ月後にもう一度健康診断を受けた後は、年2回程度で良く、成犬になると獣医は、年1回の定期検診を推奨します。