ペットと話す方法:本当に人の言葉を理解しているの?

2018年11月22日
あなたにもペットにしかしない特別な話し方がありませんか?

疑い深い人はペットは私たちが言う事なんて何も理解していない、と言うでしょう。けれど、科学者たちは異なる種の間で起こるコミュニケーションについて何度も説明しようとしています。ですから、ペットへの話しかけ方(かわいいペットを愛していて、ちゃんとお世話している人ならもう知っているでしょうが)についての研究をしました。

科学的な調査によって犬は人の言葉を理解していることが判明

ペットと人とのコミュニケーション

私たちには4本足の友達が人の言葉をわかっているということは科学的な研究をしなくてもわかりますよね。一緒に暮らしているだけで証明されるのですから。

そして、科学者たちはペット愛好家たちは合っていると言っています。ですから、人の言葉をペットは理解しているのだということを確証したうえに、犬にどう話しかけるべきか、そしてもっと理解してもらうためにどう表現すべきかを研究で発表しています。

少なくとも、それが研究がリヨン大学(フランス)で行われ、英国王立協会紀要B(Proceedings of the Royal Society B)という子犬への話し方について説明していた科学誌に掲載された時の私たちの理解でした。

最近の研究では、子犬に2歳児に話すときと同じように話しかけると、もっとあなたの言う事に注意を向け、よりよくしつけられるということが判明されています。

愛犬の注意を引くためにはどう話しかければいいの?

専門家によると、人間は犬とコミュニケーションを取る時、人間と話す時とは違う方法でコミュニケーションを取るそうです。私たちは、犬には「犬に向けた言葉」を使うのです。

この「言葉」とは何でしょう?主に、私たちは文の構造を変え、もっと短く、もっと単純にし、声のトーンを高くします。簡単に言えば、赤ちゃん言葉を使うのです。これは、他の研究で判明した、犬の知能は人間の2歳児のと似ているという事実に深い関連があります。

この研究によると、人が普段より高いトーンの声で子犬に話しかけると、子犬はもっと注意を払ったそうです。そうすることによって、犬がしつけやすくなるのです。

  • ほら、かわいこちゃん!
  • おいで!
  • いい子は誰だ?
  • よくできたね!

科学者によると、人は成犬、子犬、老犬、そして画像を何も見ていない場合ではそれぞれ違う風に話しかけたそうです。

子犬への話しかけ方 ペットと話す方法

その後、同じ実験が犬にも行われ、犬に人間の声が録音されたものを聞かせました。すると、子犬は人が犬の画像を見ている時に録音された声の方にもっと強い反応を示し、吠え始めたのです。

その反面、成犬はもっと無関心でした。一つの理由としては、犬は育つにつれて見知らぬ人の声に関心を示さなくなるからかもしれません。けれど、犬に向けた言葉が人間対犬の面と向かってのコミュニケーションだった場合、動物は年齢に関わらず反応を示しました。

猫にはどう話しかければいいの?

この研究は猫とのコミュニケーションについては何も発表していません。ですから、とりあえず私は今のところ一番結果が出るテクニックを使い続けます。コツは、猫は私たちを仲間として見ているという事実に基づいて、彼らを同等の存在として扱う事です。私の猫たちにはこれは素晴らしく良く効きます。

あなたにもペットにしかしない特別な話し方がありませんか?