犬の出生率を管理する

2019年3月12日
犬が増え続けるのを防ぐには飼育放棄を防止することです。これには何通りか方法があり、その中でも最も知られているのは不妊手術です。

街を歩き回る野良犬の群れの数は毎日増え続ける一方です。深刻さを増す問題ではありますが、犬の出生率を管理することによって軽減できる問題でもあります。そして、これは飼い主から始まることです。犬の不妊手術は望まない妊娠を防ぐ良い方法です。同様に、犬の健康のためにもなるのです。

犬の出生率を管理する重要性とは?

街や都市を歩き回る野良犬の数に大きな影響を与える唯一の方法は、その出生率をコントロールすることです。

主な目的は、人々がペットを見捨てるという悲しい行為を防ぐことです。あるいは、少なくてもその数をできるだけ減らすことです。不妊手術はこれを行うために素晴らしい方法であり、犬たちの健康と寿命にポジティブな影響を与えます。

野良犬の数を減らすためにはいくつかの戦略が必要になってきます。野良犬の不妊手術を行うだけでなく、近所や地域社会の意識を高め、主体的に動くことです。

合わせて読みたい:不妊手術:残酷な行為ではなく飼い主の責任

捨てられた犬

これらの戦略の一つは犬を登録し、個体識別できるようにすることです。また、責任ある飼い主になる方法について人々を教育し、それを法律に含めることも重要な戦略です。

犬の出生率管理の戦略

不妊手術

不妊手術は出生率を管理する最も効果的な方法です。子犬のときに不妊手術を行うことで、将来捨てられる子犬の数を減らし、愛犬の健康のためになることをしているのです。

不妊手術のベストタイミングは犬が生後12ヶ月、あるいは大型犬の場合は遅くても生後18ヶ月の時です。手術自体は簡単な外科的処置で、犬はすぐに回復します。

早期不妊手術は攻撃性の減少、乳がん・卵巣嚢胞・前立腺の問題の予防、平均寿命の延長など多くのメリットがあります。

責任ある飼い主になることの意識を高める

多くの飼い主は犬に飽きると犬を捨てます。犬と一緒に過ごし遊びたいと願う一方で、犬を飼うことには責任が伴い、犬にもニーズがあると分かると捨てるのです。

飼育放棄は悲惨であり、捨てられる犬は増加傾向をたどっています。だからこそ、責任をもって犬を飼うという意識を高めるキャンペーンを行う必要があるのです。

合わせて読みたい:ペットの早期不妊手術とは?

犬の出生率を管理する2 犬 出生率 管理

犬を飼うことに伴うすべての責任について人々に伝えることは重要です。必要なワクチンは然るべきタイミングで受けさせ、虫下しを行う。そして、動物病院では定期健診を受けさせる。この他にも衛生面では毎日ケアが必要ということは言うまでもありません。

野良犬の里親探しの奨励

もう一つの戦略としては、野良犬の里親探しをすることです。不妊手術と里親探しは野良犬の数を素早く減少させるための素晴らしい対策です。もちろん、新しい飼い主が飼い主としての責任をすべて理解しているか確認することも重要です。

犬の登録

また、すべての犬を登録し個体識別できるようにする必要があります。そうすることで犬がいなくなっても、見つけて飼い主に戻すことが容易になります。これには一時的な方法と永久的な方法があります。一時的な方法は首輪や耳に付けるタグです。永久的な方法はタトゥーやマイクロチップなどがあります。

経口避妊薬や避妊

また、経口避妊薬や避妊という侵襲性の低い方法もあります。最もよく使われる方法の一つに、発情期を迎えたメスを隔離するという方法があります。しかし、このような方法は犬の健康のために何もなっていないということは心に留めておいてください。

犬の出生率を管理することは街中の野良犬の数を減少させるのに大きな影響を与えます。不妊手術を行う日を増やし、責任ある飼い主になる意識を高めるキャンペーンを行い、野良犬の里親探しをもっと積極的に行っていく必要があるのです。