猫における避妊の重要性

2019年3月21日
不妊手術は野良猫や飼育放棄される猫の数を減らせるだけでなく、猫の病気を予防することもできるのです。

猫の妊娠について考えたことはありますか?これは、猫が性成熟を迎えるにあたり考えておくべき非常に大切な質問です。避妊は思いがけない問題を避けるためにも猫にとっては必要なことです。

ペットは尊敬、愛、理解を得られる家に住む値のある生き物です。そのため、猫の世話の仕方を覚えるのは飼い主の責任であります。特に猫の命は私たちにかかっているからです。

性成熟

飼っている猫が性成熟を迎えているということに気が付かない飼い主もいます。性成熟を迎えた猫には次のようなことが見られます。

  • メス猫は鳴き続ける、行動の変化
  • オス猫はオシッコで縦にマーキングする、緊張、攻撃性

猫の避妊についての知識の欠如から、埋め立て地や街中に捨てられる子猫がいます。悲しいことに、ほとんどの猫は天候や飢餓にとても弱いため生き残れません。猫を大切にしない飼い主は多いのです。世話をするのに飽きると、捨てるのです。数えきれないほどの猫が飢餓、病気、交通事故などから、あるいは孤独に死ぬのです。

合わせて読みたい【不妊手術:残酷な行為ではなく飼い主の責任

猫の避妊

中には保護施設に行き着く猫もいます。そこでは獣医から餌や治療を受けられます。保護施設では愛情をもって世話をし、可能な限り家庭での温もりを味わせてあげようとします。しかし、猫が必要とする些細な部分まで注意を向けられないのが事実です。そして、悲しみから死んでしまう猫もいるのです。

猫が増えすぎることは、世界中のほとんどの社会の街を汚染することを意味します。少なくても7割の人が猫の避妊本法を知らないと推測されています。

猫の増えすぎを防ぐことは飼い主としての責任です。たとえ友人宅に生まれた子猫の里親を見つけたとしても、長い間保護施設で優しい里親に引き取られるのを待っていた猫の希望を奪ってしまうことになるかもしれないことを忘れないでください。

不妊手術を行うことは、猫にとって最善の避妊です。そのため、不妊手術についてより詳しくご説明します。猫にとってだけでなく、増え続ける猫に対し非情な対策を取らざるを得ない社会にとってもメリットは大きいのです。

避妊方法としての猫の不妊手術

不妊手術とは「繁殖力を奪う」ことを意味します。だからこそ、街で増え続ける猫について考える際、第一に考慮すべきことなのです。

合わせて読みたい【TNRプロジェクトを知っていますか?

猫の保護施設 猫 妊娠 避妊

メスにもオスにも避妊には次のような方法がいくつかあります。精管結紮、卵管結紮、睾丸摘出術、そして卵巣子宮摘出術です。

不妊手術のメリットは溢れかえる猫に悩むコミュニティだけでなく、あなたの猫の精神的・肉体的な健康につながります。不妊手術はいくつかの病気を予防し、猫の行動を改善するのです。

メス猫では、避妊手術を行うことで発情期を迎えたことに関連する奇妙な行動が無くなります。同様に、子宮感染症および腫瘍(悪性の割合は85%)を予防します。また、長期間の発情期によって起こる新生物および卵巣嚢胞、ならびにネコHIVのような性感染症の蔓延を防ぎます。

オス猫では、去勢手術を行うことで発情期を迎えた猫によって引き起こされる攻撃的な行動を抑えます。また、腫瘍のリスクも減少できます。そして、白血病や免疫不全といった病気の伝染も防ぎます。

肥満の猫 猫 妊娠 避妊

不妊手術の唯一のデメリットは肥満です。しかし、バランスのとれた食事と遊ぶことを通して行える運動でその問題は解決できます。

猫の避妊についての迷信

猫を避妊させない主な理由の一つは、避妊に関しての迷信です。そのため、必要であれば、専門家に質問し、気になることなどを話し合うといいでしょう。

まず、偽妊娠はホルモンの問題であり、動物は繁殖する必要性は生理的にはありません。また、生後6ヶ月、あるいは初めて発情期を迎える前にメス猫が避妊手術を受ければ、成長を妨げることはありません。一方、手術後に性格が変わってしまうこともありません。また、避妊手術をおこなったからといって犬のように振る舞うこともありません。

猫は繁殖ができないからと心を悩ますことがないことを覚えておきましょう。動物であるため、人間が感じるかもしれない精神的葛藤はありません。そのため、責任ある飼い主として、何らかの猫の避妊を行うようにしましょう。