猫の腸内寄生虫:その治療と予防についてご紹介!

2019年5月16日
腸内に発生する寄生虫は猫をはじめとするペットの健康を危険にさらすことがあるため、猫が歩き回る場所を常に清潔に保つことが腸内寄生虫を予防する第一歩となります。

猫の45%が腸内寄生虫に感染すると言われています。

罹患率がとても高いため、ペットが腸内寄生虫に感染した時の症状を学ぶことで早期発見または予防につながります。

 

猫が腸内寄生虫に感染しているかどうかを知る方法

腸内寄生虫は、宿主が生きていることで自分も生存することができるため、一般的には宿主であるペットと調和して症状はありません。

何か症状が現れている場合、体内で何らかのバランスの乱れが起こっているサインです。

腸内寄生虫の高い繁殖率により、ペットの命が脅かされることがあります。

ペットに現れる症状は、寄生虫の種類や感染した状況によっても異なります。

ここからは一般的な症状のいくつかをご紹介します。

  • 子猫や若い猫の場合、腸内寄生虫が摂取したすべての成分を吸い取り子猫の正常な成長が妨げられます。
  • 栄養性上皮小体機能亢進症(クル病)
  • 貧血
  • 嘔吐、下痢および胃腸障害
  • 毛皮の光沢の喪失
  • 腹部の腫れと丸み
  • 脱水

これらの症状は猫を弱らせ、ウイルスやバクテリアによって起こる病気に対しても、より脆弱になる可能性があります。

一般的に飼い猫は、寄生虫の危険にはさらされません。これは飼い猫が衛生状態の良い環境で過ごしているからであり、感染の危険があるのは、不健康で非衛生的な環境で過ごしたり自然の中を歩く場合です。

こちらもご参照を:フィラリア症(犬糸状虫症)について:原因と治療法

検査を受ける猫 猫   腸内寄生虫

腸内寄生虫の種類

猫の糞に見られる一般的な寄生虫はサナダムシなどの蠕虫です。

回虫も一般的で通常は子猫によく見られ、猫回虫の雌は、1日最大30万個の卵を産むことができ、通常は猫の小腸に寄生して卵を産みます。

回虫の卵は、他の動物だけではなく人間にも感染する恐れがあり、高温や低温にも耐える卵は、最大5年間の感染力があります。

回虫ほどは一般的ではない寄生虫に鉤虫と呼ばれるものがあります。

これは、血液および腸壁の組織を食べ、そして失血および重度の貧血を引き起こす創傷をペットに与え、皮膚を通じて感染するか、または口から飲み込んでしまった場合に感染します。

条虫の中で、最も一般的なのは瓜実条虫です

この寄生虫の幼虫が寄生するノミを猫が摂取することで感染しますが、一般的に猫が自分の毛づくろいをしている時、偶然ノミを捕まえて口に入る時に感染します。

条虫の検査を受ける猫 猫   腸内寄生虫

条虫が寄生している猫は、卵の影響で肛門の周りに軽い刺激があることを除いては、通常は症状が現れません。

そのため、飼い主が細心の注意を払って猫の行動の変化を観察することが大切です。

こちらもご参考に:子猫の飼い方について:これを覚えておけば間違いなし!

腸内寄生虫の治療と予防

腸内寄生虫に感染したら、獣医師が処方する薬を服用して治療を行います。

最も一般的な薬はピペラジンです。もう一つの薬は、妊娠中の猫や子猫に与えることができるピランテルパモエートです。

腸内寄生虫の予防に関しては、動物が生活する場所を清潔に保つことが大切です。

猫が行く場所は、定期的に消毒をするだけでなく、猫の糞を時々調べたり、獣医師による定期健康診断を欠かさないようにしてください。