ワンちゃんの皮膚トラブル:飼い主はどうしたらいいの?

2019年8月24日
この答えは分かり切ったものかもしれませんが、毛の長いワンちゃんの場合、肌トラブルに気づく事自体が遅れる場合があります。もし同じ場所を繰り返し掻いたりしているのに気づいたら、獣医師に診てもらうようにして下さい。あまり引っ掻きすぎるとお肌を傷つけたり出血する恐れがあります。

ワンちゃんは行く先々であらゆる病気に触れる機会があり、中には皮膚に害を及ぼすものもあります。ですが全身の毛のせいで、それに気づきにくいのが現状です。また病気によっては治療が難しいものも。今回はそういったワンちゃんの皮膚トラブルにどう対処したら良いのか、そのヒントをご紹介します。

こちらもご覧ください 人間と犬に共通する病気について:ペットも飼い主も健康に

 

ワンちゃんの皮膚トラブルの種類

病気の中には皮膚に深刻な影響を与えるものがあります。

 

疥癬

の病気の原因は、寄生虫です。動物の皮膚に寄生し、繁殖します。その結果、皮膚の中に何百何千もの寄生虫がはびこることになります。耐えがたいほど痒いので、常に皮膚をひっかきます。

繰り返し引っ掻くことで皮膚に傷がつき、深刻な状況になることもあります。酷い痛みと痒みに苦しむことになるのです。もし適切な治療をしなければ、大きなストレスにもなります。

疥癬

 

真菌

真菌感染症が原因となっていることもあります。炎症を起こしたり、皮膚が剥がれ落ちたりします。疥癬同様、これもまた移る病気ですので、他にもペットがいる場合は、離しておくと良いでしょう。

 

食べ物のアレルギー

人間と同じで、食べ物にアレルギーがあると皮膚に湿疹が出たりします。痒くてかきむしり、皮膚を傷つけてしまいます。ですがアレルギーの場合分かりやすいのが不幸中の幸い。皮膚のかゆみに加えて、目が潤んでいたり鼻水が出ている場合はそうだと判断しても良いでしょう。

 

皮膚炎

皮膚炎の原因には様々なタイプのアレルギーがあります。これは最も一般的な皮膚病で、強い痒みを伴ないます。

皮膚炎 犬 皮膚 トラブル 

飼い主がワンちゃんの爪を切る時に、意図せず傷つけてしまうこともあります。この病気にかかっていると、爪から出血をしやすくなるためです。庭の芝生、家のほこり、ダニ、湿気、、あらゆるものが皮膚炎の原因となり得ます

 

膿皮症

膿皮症は細菌が原因で起こります。毛穴の周りに膿が溜まります。この細菌は湿気があり脂肪分の多い場所を好みます。ですので、お尻や性器周り、鼻、唇付近に注意が必要です。

 

ワンちゃんの皮膚にトラブルがあったらどうすれば良いか

もしワンちゃんの皮膚に何かしらのトラブルを見つけたら、まずは獣医師に診てもらいましょう。適切な検査をして何が原因なのかを探ってくれます。

診察 犬 皮膚 トラブル 

その後どのような治療法が最も良いかアドバイスしてくれるでしょうワンちゃんの状態によって、抗ヒスタミン剤か、それに似通った薬を処方してくれます。ですが家庭で出来ることもあります。以下がその例です:

引っ掻きすぎて傷をつけないようにする:皮膚のかゆみを我慢できず、ワンちゃんが引っ掻いてしまい、最終的に皮膚に傷をつけてしまいます。それを避けるには靴下やTシャツなど洋服を着せたり、布で覆うと良いでしょう。脱いでしまわないよう注意することが大切です。

クリームを患部に塗る:獣医師にかゆみ止めのクリームを処方してもらえるか聞いてみましょう。クリームの用法に従って、適切に塗ってあげてください。

湿らせた布を使う:ワンちゃんの皮膚の状態が悪い時は、湿らせた布を使うことをお勧めします。冷たい水で冷やした布を患部に当ててください。強く当てすぎたり押したりしないように気を付けましょう。

こちらもご覧ください 病気のサインかも? 犬の乾いた鼻

 

散歩をする

・散歩に連れて行く:患部に集中しすぎないよう散歩に連れ出しましょう。歩いたり遊んだりして時間を過ごしてください。痒みを忘れさせることが出来ます。

前記しましたように、ワンちゃんの皮膚の状態になにかしらトラブルがあることに気づいたら、まずは獣医師に連れて行くようにしてください。放置しないようにしてください。獣医師の診察を受け、原因と治療法を早めに見つけ出しましょう。

  • Camkerten, I., Sahin, T., Borazan, G., Gokcen, A., Erel, O., & Das, A. (2009). Evaluation of blood oxidant/antioxidant balance in dogs with sarcoptic mange. Veterinary Parasitology. https://doi.org/10.1016/j.vetpar.2008.12.019
  • Gortel, K. (2013). Recognizing Pyoderma. More Difficult than it May Seem. Veterinary Clinics of North America – Small Animal Practice. https://doi.org/10.1016/j.cvsm.2012.09.004