世界で最も美しいと言われている5種類の鳴鳥について

· 2019年6月7日
多くのケースで鳥の見た目とその「歌声」は伴っていると言われています。ですので、これから紹介する5種類の最も可愛い鳴鳥は鳴き声が美しいだけでなく、容姿もまた美しい鳥ですよ。

寝室の窓枠の美しい鳴鳥を見て目を覚ますことほど美しいことはありません。この記事で5種類の最も美しい鳴鳥を紹介していきます。彼/彼女たちを楽しむためには、ケージに閉じ込めておくのではなく、木や植物をいっぱい植えましょう!

最も美しい鳴鳥

もしかするとこれを読んでいるあなたは、道端に木を植えられないような都会に住んでいるかもしれません。だからといって、自分だけのために鳥をケージに閉じ込めてはいけません。そんな時は自然が豊かな場所や公園へ出かけ、以下で紹介する美しい歌声を持つ鳥を見つけましょう。

1. ゴシキヒワ

学名Carduelis carduelisで、主にユーラシア大陸、北アメリカ、地中海の北と南に主に生息しています(上の写真参照)。

ゴシキヒワはとても小さく、カラフルで美しい羽根を持ち、その歌声は動物界で最も美しいとも言われています。高ピッチと低ピッチが合わさった歌を飛びながら歌います!春と夏が最も活動的な時期で、魅力的な鳴き声を持ちます。

2. サヨナキドリ

この鳥も、外すことはできない素晴らしい歌の才能を持った小さな鳴鳥です。サヨナキドリはスズメ目の(冬にアフリカへ移動する)渡り鳥で、ヨーロッパやアジアの森に生息する食虫動物です。彼/彼女らは、地面に近い密集した藪の中に巣を作ります。

最も美しい鳴鳥 美しい 鳴鳥

サヨナキドリの雄は、喋ったり口笛を吹くように大きな声で歌います。日中が活発な時間ですが、夜に「芸術的なパフォーマンス」をする個体もいます。これらの鳥は春の訪れを告げる鳥としても知られています。

サヨナキドリは体長16cmで、オレンジがかった茶色の羽と尾、そして薄茶色の胸を持っています。性別で見た目が違うということはありません。

3. クロウタドリ

クロウタドリは様々な種がいますが、その全てが最も美しい鳴鳥に選ばれています。クロウタドリ(学名Turdus Merula)は、ヨーロッパ、北アメリカ、アラビア半島、西アジアに広く生息しています。

最も美しい鳴鳥 美しい 鳴鳥

雄は真っ黒な羽根に包まれており、黄色い脚とくちばしだけが目立ちます。雌は茶色く、脚とくちばしは濃いオレンジ色をしています

クロウタドリはフルーツ、ベリー、虫、イモムシ、種などを食べます。主に地面を走ったり飛び跳ねて餌を取ります。雄は1歳になると、縄張りを主張するために、1月から7月の間に歌います。

クロウタドリの歌声は低ピッチでフルートのようなメロディを奏でます。彼/彼女らの目ロディックな変奏曲と即興曲は、他の鳥よりも際立っています

4. フィンチ

フィンチも美しい歌声を持ち、クロウタドリと幅広い縄張りを共有している鳥です。彼/彼女らは森林地帯を好みますが、庭や農場でもよく見られます。フィンチは木に巣を作り、苔などで装飾を施します。

 

5種類の最も美しい鳥 美しい 鳴鳥

フィンチは渡り鳥ではありませんが、冬には近くで温かいシェルターを見つけます。若い時には主に昆虫を食し、大人になると種を主食にします。

フィンチの歌声はとてもパワフルでとても有名です。雄は3種類の歌を歌い、地域によって方言のようなものさえ持っています。

5. ロビン

ロビンは2種類あり、一方はヨーロッパ、もう一方はアメリカに生息し、2種類とも美しい歌声を持つ最も美しい鳴鳥として知られています。ヨーロッパのロビンはとても社交的で、森に住み、警戒心が薄く、サヨナキドリに似たミュージカルでメロディックで流れるような歌を歌います。

最も美しい鳴鳥 美しい 鳴鳥

ロビンは体長20cmで、雄も雌も似た羽と見た目を持っています。顔と胸はオレンジ色、首の横と胴体は灰色がかった青で、白いお腹と茶色い背中と脚をしています。生まれたときは、オレンジと茶色です。

主に昆虫、蜘蛛、イモムシを食し、人間に慣れているため日中に姿を現します。巣は小枝、コケのついた石、草、葉で作られ、そこに卵を産みます。雌は年に3回、5から6個の卵を産みます。