絶滅の危機にあるノウサギについて

2019年1月23日
ノウサギは大抵3~4キロで、種類によって大きさは異なります。さらに、敵の動物からのカモフラージュとして使われる毛の色と長さも種類によって異なります。

もともとはグレーハウンドのレースにおとりとして使われていたノウサギ。彼らは今、狩猟や生息地の変化などによって絶滅の危機に瀕しています。

ノウサギは、ウサギと同じ科に属していて、特にヨーロッパや南アメリカではノウサギ猟はスポーツとしてとても人気です。ですが、これが彼らが絶滅の危機にある大きな理由の一つです。

彼らは繁殖するのが速いことで有名ですが、それでもノウサギの数は急激に減っています。これは環境保護主義の団体だけでなく、私たち人間にとって非常に深刻な問題であり、この動物を守るためには行動を起こさなければなりません。ノウサギの生息地に変化をもたらす人間の悪影響を減らす努力をしなければいけないのです。

ノウサギについて

ノウサギは大抵3~4キロで、種類によって大きさは異なります。さらに、敵の動物からのカモフラージュとして使われる毛の色と長さも種類によって異なります。

実はノウサギのような、ウサギ目の動物は約80種類います。スペインにも何種類も生息していますが、アメリカ、アジア、アフリカ、特に南アフリカでは、特別な特徴を持った種類もいます。

また、ウサギと比べるとノウサギは体がもっとスリムです。足も耳も長く、足が速いです。これらの特徴から、ノウサギは昔からグレーハウンドのレースにおとりとして使われていました。

習性

ノウサギは植物や野菜しか食べません。また、種類によって生息地は異なります。森や谷、山などに生息するものもいますが、大抵は広い野原に住んでいます。

野原を跳びまわるノウサギ

彼らは地面の下の穴で単独で行動するので、交尾期にのみ他のノウサギと一緒になります。さらに、ノウサギはすばしっこいですが、彼らの食料の集め方のおかげでワシやオオヤマネコの格好の獲物になってしまいます。また、キツネオオカミの大好物でもあるのです。

ノウサギは農地にもよく現れ、農作物を荒らすことから害獣として扱われています。その結果、多くの農家は彼らの駆除をするため行動を起こしています。

なぜ絶滅の危機にあるの?

ノウサギが絶滅の危機にあるのには多くの理由があります。けれど、この理由のほとんどは人間が環境にもたらす悪影響のせいです。

  • 狩猟。ノウサギの数の減少の一番大きな理由はこれです。猟を規制する国もいくつか出てきましたが、ノウサギはいまだに無計画的な猟の被害者なのです。
  • 生息地の変化。これは家畜や農場の発達の結果です。
  • 田舎の土地を家畜用に開発する取り組みによって、ノウサギたちは新しく住む、もっと生活しづらい場所を探さなくてはならなくなりました。
  • 農薬の使用も原因の一つです。
  • 化学製品や罠もノウサギの数の減少に貢献しています。
  • 害獣駆除。いくつかの国、特に農地では、ウサギ目の動物は害獣として見られています。その結果、彼らを完全に駆除しようとする行動に出る人もいて、それによって環境に永久的に影響をもたらしているのです。
草むらに座る ノウサギ

ノウサギの絶滅を防ぐためには

  • 厳しい狩猟の規制。動物の猟についての法律を設けている国もありますが、その法律を強化することも大切です。
  • 無計画的な猟は環境の自然なサイクルに影響を与えます。一種の動物の数が減ることによって、その他の動物の食生活などにも影響を与え、絶滅の危機に追いやることもあります。
  • 生息地を守る。たとえ農作物でも家畜でも、病気の感染を防ぐために家畜が隔離されるのと同じように、農場を営むことができる土地の範囲を制限することが大切です。
  • もう一つの問題は、家畜が茂みなどを食べてしまう事です。ノウサギは茂みを避難場所や、敵に狙われた時の隠れ家として使います。
  • 他の動物との接触によって、ノウサギは病気にかかりやすくなっています。
  • 動物が繁殖するのを手助けしましょう。ノウサギは一度の出産で3~9匹の子ウサギを産み、一年に4回ほど出産できます。ノウサギ牧場のおかげで、彼らが絶滅に陥る危険性は減少しています。