ペットの避妊手術をすべき理由:4つのメリットとは?

2019年6月4日
この手術はペットの健康に重要な利点があります。手術をすることによって性格が落ち着くので、神経質な行動が見られるペットには大きなメリットがあるのです。

ペットの避妊手術をすることは、とても賢明であり、あなたにしかできない決断です。もしやることを決意したなら、行動の変化や全体的な健康においてさえも、この重要な選択はペットにメリットをもたらしてくれます。以下で、ペットの避妊手術をすることがなぜいいことなのかを見ていきましょう。

避妊手術とは?

不妊手術は獣医さんで行う手術で、入院がほとんど必要なく、動物の生殖器の除去または使用できなくします。ネコやイヌにおいて行われることがより一般的ですが、その他の種でも行われます。

その方法はシンプルで、二つのやり方があります。メスを入れるものと、薬を使用するものです。この手術はたいていの場合低予算ででき、世界中で責任あるやり方で行われています。

この手術は、その種の数をコントロールし、動物の繁殖を阻むために行われます。また、動物の繁殖が関わっている病気の拡散予防にも役立ちます。

さらに、避妊手術はペットの行動にもいい変化をもたらします。以下で、この手術のメリットについて見ていきましょう。

ペットの避妊手術

ペットの避妊手術をすることのメリット

生理学的な変化から気性上の変化まで、ペットの避妊手術を決めると得られるさまざまなメリットについての情報を、以下でご紹介します:

ホルモンの変化=行動の変化

オスにおいては、睾丸が除去されると、性格に大きな変化が起こります。オスのイヌのほとんどはとても縄張り意識が高く、体内のテストステロンがたまっていくことで怒りっぽくなることもあります。

睾丸が除去されると、より落ち着いて振舞うようになり、睾丸のあるイヌに比べて従順になります。過去には問題になっていたような、メスと交尾するために家を抜け出したいという衝動もなくなるかもしれません。

一般的に、家でより落ち着き、快適に感じるようになります。余分なエネルギーを使うために散歩に行きたいと思うかもしれませんが、子どもを作りたいという気持ちにかられることはもうないので、外に行くことを懇願することはなくなるでしょう。

メスについては、子宮が摘出されると、生殖周期が止まり、発情期や生理がなくなります。これらのサイクルが止まることで、相手を見つけるために家を出たいという気持ちは減るでしょう。

避妊手術のメリット ペット 避妊手術  メリット

より落ち着き、おそらく数日間はぐったりするでしょう。これは起こっている変化に適応しているので、全く普通の反応なのです。時間と共に、知らない人に対してもよりフレンドリーで陽気になっていることに気が付くでしょう。

また、これらの衝動がないことで、子どもを作りたい、そのためならなんでもする、というような家の近くのオスのイヌと問題を起こすことがなくなります。

深刻な病気を予防する

避妊手術をする前に、最初の発情期を経験させなければならないというのは作り話です。それを行わないことで、乳がんや子宮頸がんになるリスクが高まるかもしれないのです。ネコもイヌも高い致死率になっています。

オスについては、避妊手術は同じ種の中で病気をうつすことを避けられます。これは同じ種の他の動物と一緒に暮らしている場合には特に重要な要素になります。この例はネコの免疫不全ウイルスで、これは高い致死率になっています。

また、ペットの避妊手術を行うと、将来のペットの急所の腫瘍や嚢腫を防ぐことにもなります。最もよくあるものはたいていおしりの穴や陰嚢にあるのです。

避妊手術と病気 ペット 避妊手術  メリット

寿命を長くする

避妊手術をした動物は、していない動物より良い生活の質を得られるということは科学的な事実なのです。ペットと長い時間一緒にいられないのではないかと心配しているなら、避妊手術をすることはペットの命を健康的に伸ばす方法と言えます。

これは主にすでに述べた病気のためです。また、動物の代謝が少し遅くなり、それにより寿命が長くなるのです。言い換えれば、この手術をしていない動物に比べてとても優れた健康を手にすることができるかもしれないということです。ですので、あなたの親友が長く生きる可能性を高めたいのであれば、避妊手術を行うことを考えてみた方がいいかもしれません。

個体数過剰を防ぐ

多くのペットのオーナーは、ペットがより健康になるために異種交配をしますが、これはいいことです。しかし問題は、それが思う通りにいくことばかりではないということです。

子犬の多くが最初は家でお世話をされますが、結局捨てられてしまうのです。これはたいていが経済的な問題や、家に十分なスペースが無いこと、そしてペットのお世話をしなければならないために旅行に行けないことなどが理由です。

また、動物が虐待されたり動物農場のような所で強制的に出産させられるという問題もあります。後者はいつも行われているわけではありませんが、心に留めておくべきことです。