猫がケンカをする理由について:ケンカを防ぐヒント!

2019年12月4日
猫は縄張り意識が強く嫉妬深いため、よくケンカをします。また、メス猫をめぐってケンカをすることもあるんですよ。

自宅に2匹以上の猫を飼っている方は、猫同士の関係がいつも穏やかで微笑ましいものでないことはご存じのはずです。野良猫という過去がある猫であったらケンカをすることも珍しくはありません。本記事では、猫のケンカがなぜ日常茶飯事であるのかその理由を探っていきます。

なぜ猫はケンカをするの?

猫というのは非常に縄張り意識が高い動物です。ほとんどの猫が喧嘩をする主な理由は嫉妬からです。また、脅されていると感じたとき、あるいは去勢されていない2匹のオス猫がメス猫をめぐってケンカをするときなど自己防衛から始まるのです。

猫のケンカの具体的な理由が何であるかを人間が理解するのは難しいこともあります。時には突然始まり、始まったのと同じような速さで突然終わるのです。そして、その後は何事もなかったかのようにすべては正常に戻ったりもします。

しかし、場合によっては、特に人間がケンカを止めようと入ると、ケンカがエスカレートし怪我に繋がってしまうこともあります。また、酷い場合、数日間もお互いが根に持つようなこともあるのです。

では、猫のケンカの理由について、そしてそのケンカを止める方法について詳しく見ていきましょう。

新しいペットがケンカの引き金になることも

新しい猫を新たなペットとして家に迎え入れた場合、既に家にいる猫とケンカが起きると思っていた方がいいでしょう。新しいペットを拒否する行動は、最初はよく見られる行動ですが、猫の性格にもよって変化するということも覚えておいてください。

喧嘩する猫 猫 ケンカ

合わせて読みたい『猫がジッと見つめてくる理由

そのような場合、既に飼っている猫が新しい猫が来たことによって脅かされたと感じないようにすることが重要です。同時に、新しい猫がストレスを感じないように自分のスペースを与えることも必要です。

したがって、最初に行うべきことは2匹の猫が同じボウルで餌と水をシェアしなくていい環境を作ってあげることです。猫トイレ、ベッド、おもちゃも専用の物を用意します。

猫のケンカの他の理由

特に不妊手術を受けていないオス猫とメス猫が数匹一緒に居る場合、猫のケンカ(恐らく激しいケンカ)は避けられないでしょう。

猫のケンカがない平静をとり戻す唯一の方法は不妊手術です。また、これは猫の想定外の妊娠を防ぐのにも有効です。

一方で、猫が追い詰められている、あるいは脅かされていると感じている場合、触ろうとすると攻撃される可能性があります。そのような状況では、猫が落ち着きを取り戻すのを待ち、何に反応していたのかを見つけるといいでしょう。

見慣れない人や動物がいると、このような反応が見られることがあります。また、猫は突然の動きや家の中の変化(大きな音や変なにおい)などにも怖がることがあります。

うなる猫 猫 ケンカ

関連記事『ペットの避妊手術をすべき理由:4つのメリットとは?

猫のケンカを防ぐには両方の猫を平等に扱うことも重要です。お互いに嫉妬している状態ではケンカをしてしまいます。

猫のケンカを防ぐヒント

一般的に、猫がケンカを始めても止めようと入ってはいけません。どんなに猫を大切にしていても、このような状況では猫に引っ掛かれたり噛まれてしまうと思っておいてください。

猫のケンカを止める一番の方法は、猫の注意を他のものに向けるようにすることです。大きな声を出したり、物を叩いたりして音を出すのは効果的です。ケンカが収まったら、猫を叱ってはいけません。叱っても何も良いことはなく、事態をさらに悪化させる可能性があるからです。

猫がうなる、シャーっと声を出す、あるいは小さなケンカをすることは珍しいことではまったくありません。大切なのは、怪我に繋がるような激しいケンカにならないように見守ることです。猫のケンカが始まってしまったら、物事が落ち着くまで猫を別々にして対応することです。

もし猫のケンカが続く、あるいは暴力的になってきたら獣医や動物行動の専門家に相談してみてください。