犬もアレルギーで苦しみます!犬のアレルギーの原因と症状

2020年6月11日
あなたの愛犬も苦しんでいるかもしれないアレルギーの種類や症状について詳しく見ていきましょう!

犬にもアレルギーは実際に存在し、愛犬の生活の質(QOL)を大きく低下させてしまいます。犬のアレルギーには様々な種類があり、あらゆる症状を引き起こしている可能性があります。

アレルギーを持つ犬は多く、主に皮膚・耳・目のかゆみを引き起こします。また、慢性的な下痢などの消化器系の問題として現れることもあり、愛犬の生活に大きな支障をきたすこともあります。

アレルギーの症状は、も人も持っている様々なアレルギーに対する免疫力が低下したときに現れます。また、犬のアレルギーには数多くの種類があるので飼い主であれば最低限の知識を持っておくのがいいでしょう。

 

犬のアレルギー:皮膚のアレルギー疾患

アレルギー性皮膚炎、食物アレルギー、環境アレルギーは、飼い主だけでなく犬にとっても問題になることがあります。個々のアレルギーだけでもツラいのですが、複数のアレルギーで苦しむこともあるのです。

アレルギー性皮膚炎は犬のアレルギーの中で最も多いタイプのアレルギーで、このアレルギーには主に3つの原因があります。

  • ノミによるアレルギー性皮膚炎
  • 食物アレルギー
  • 環境アレルゲン

アレルギー性皮膚炎はノミに対するアレルギー反応のことで、ノミの唾液にアレルギーを起こす犬もいます。ノミの唾液は、特に尻尾の付け根に過度のかゆみを引き起こし、皮膚は赤く炎症を起こし、痂皮(かさぶた)ができることもあります。

食物アレルギーも皮膚のかゆみを引き起こすことがあります。食物アレルギーの症状は耳や肉球に出やすく、胃腸症状を伴うこともありますよ。

犬のアレルギー症状 犬 アレルギー 

関連記事『【ホットスポットとは?】急性湿性皮膚炎について教えて!

アレルギーの季節になると、環境アレルゲンによって皮膚に厄介な反応を起こすことがあります。

ホコリや花粉、土などの環境アレルゲンは、アレルギー反応や皮膚炎を起こしたりしますが、大抵の場合、このようなアレルギーは季節性のものなので、かゆみが出るのは一年のうちの特定の時期に限られます。

食物アレルギーと同様に最もアレルギーが出やすいのは耳と肉球ですが、口、鼠径部、目の周りなどにも症状が出ることがあります。

アレルギー性皮膚炎は二次感染のリスクがあり、犬が皮膚を掻く・噛む・舐めると、カンジタ菌や細菌感染症の危険性があり、治療が必要になることがあります。

犬のアレルギー:食物アレルギー

犬の食物アレルギーは、思っているほど多くはありません。食物アレルギーの原因は免疫力で、皮膚に現れる症状は様々で、かゆみや顔の腫れなどがあります。

また、嘔吐や下痢などの胃腸症状、あるいはその両方を併発することもあります。まれに重症化すると、人間がピーナッツに対して起こすアレルギー反応に似たアナフィラキシーショックを起こすことがあります。

犬の食物アレルギーとは、犬がある種の食物に対して過敏になっている状態で、食物不耐症と呼ばれます。

食物に対する過敏性は実際のアレルギーとは違い、免疫反応を意味するものではありません。対照的に、肉・卵・小麦・トウモロコシ・大豆・牛乳などのドッグフードに含まれる成分に対する段階的な反応を意味します。

食物に対する過敏性のある犬には下痢や嘔吐などの消化器症状、かゆみや被毛の抜け落ち、耳や肉球の慢性的な感染症などの皮膚症状などが通常は見られます。

犬の食物アレルギー 犬 アレルギー 

合わせて読みたい『肢端舐性皮膚炎とは一体なに?

犬のアレルギーの中には食物に関連したものもあり、嘔吐や下痢などの消化器系の不調や胃腸の不快感を引き起こすものもあります。

急性アレルギー反応

犬の急性アレルギー反応は、恐らく最も恐ろしいものです。犬も人間と同じように極度のアレルギー反応を起こすとアナフィラキシーショックに陥ることがあり、迅速な治療が施されないと命に関わることもあります。

また、犬の中には予防接種や蜂に刺されたことによるアレルギー反応でアナフィラキシーショックを起こす犬もいます。そのため、初めてのワクチンや薬、ドッグフードを与えた後は愛犬の様子を注意深く見守ることが重要です。幸いなことに、アナフィラキシーショックを起こす犬はあまりいません。

アレルギーで発疹が出たり、顔が腫れたりすることもあります。顔・唇・まぶた・外耳の腫れは急性の場合もありますが、致命的なことは殆どありません。この場合、獣医は抗ヒスタミン剤で治療してくれるでしょう。

犬のアレルギー症状

犬のアレルギー症状は原因によって異なります。例えば、アナフィラキシーショックを起こした犬は、ショック後に血中の糖分濃度が低下します。これは皮膚の症状とは大きく異なります。

一般的には、以下のような症状がアレルギー反応と考えられています。

  • かゆみ
  • 発疹
  • 顔・耳・唇・まぶたの腫れ
  • 赤く炎症した皮膚
  • 下痢
  • 嘔吐
  • あくび
  • 耳のかゆみ
  • 慢性的な耳の感染症
  • 目のかゆみ、涙目
  • いつも体を舐めている

この中には別の病気のサインである可能性もあります。いずれにしても、正確な診断を受けるためにも動物病院で受診することが大切です。