ゾウのことどれだけ知ってる?おもしろ知識をご紹介!

2020年4月29日
ゾウは食事に16時間を費やし、1日220キロもの量を食べることができます。ゾウが7トンの体重があることを考えると、これは当たり前かもしれませんね。

ゾウはその大きな体に似合わず優しい性格をしており、人を怖がらせようとはしません。この動物が従順で親しみやすいということは多くの人に知られており、ゾウはとても人気があります。今日は、そんなゾウに関するおもしろ知識をご紹介しますよ!

ゾウのことどれだけ知ってる?

ゾウの耳

ゾウは自らの耳を使って体温調整をしていることをご存知でしたか?代謝がとても遅く体が大きいため、そしてとても熱い気候の場所に暮らしているので、体温が上がらないようにするのがとても難しいのです。そこで、体温を下げるためにゾウは耳を使います。

アフリカゾウは耳を威嚇に使います。他の種のゾウより大きい耳を持っているので、捕食者になりえるものを追い払うのに耳を動かすのです。

ユニークなゾウの耳

ゾウの耳はそれぞれの個体で独特です。同じ耳を持っているゾウは2頭といません。人間の指紋と同じように、ゾウの耳には異なる模様があるのです。

必ず群れで行動する

一頭だけで暮らしているゾウはいません。彼らは生活も、歩いて移動するときも、食事のときも群れで行動します。ゾウが赤ちゃんの時は、群れが周りを囲むことで赤ちゃんのことを守ってあげます。母親のゾウが死んでしまっても、群れの他のメンバーが赤ちゃんのお世話をしてあげるのです。

立ったまま寝る

大人のゾウは立ったまま寝ます。これは捕食者から自分を守るためです。寝転がって寝てしまうと、地面から体を起き上がらせようとしている間に襲われてしまうかもしれないからです。

しかし、赤ちゃんゾウが寝る時には大人がその周りを取り囲みます。

泥浴びをする

レポートや写真、ゾウのアカウントなどで川や湖で水浴びをするゾウを見たことがあるかもしれませんが、ゾウは泥浴びをすることもよくあります。これは泥が冷たく寄生虫を取り除くのに役立つからです。

体重

アフリカゾウは最も大きな厚皮動物として知られており、その体重は7トンまで達することもあります。こんな動物に出会ったらと想像できますか?これまでには11トンもの体重のあるゾウも知られています。

群れからの離脱

オスのゾウが12歳になると、群れを離れます。つまり群れの中にはメスと子どもしかいないということです。オスは2頭や3頭で集まり、メスをかけて闘います。

常に食べ続ける

コアラは22時間を寝て過ごすと聞いたら驚きますか?では、ゾウは食事に16時間を費やすと聞いたらどうでしょう?ゾウのお母さんは、「大きくて強くなるためには野菜も全部食べなきゃだめよ」と子どもに注意する必要はないのです。ゾウは、1日平均220キロもの食べ物を食べることができると言われているのです!

ゾウ 事実

ゾウの声

もちろん声も出せます。まるでトランペットのような音が出せます。

ゾウの鼻

ゾウの鼻の主な使い道は水を飲むことだということはおそらくご存知かもしれません。しかし、それだけではありません。目や耳を掻いたり、ものをつかんだり投げたりすることもできます。

コビトゾウ

動物は常に進化を続けていると言います。それが本当かどうかはわかりませんが、先史時代にはブタと同じくらいのサイズのゾウの種が存在していたという証拠があります。

ゾウの寿命

ゾウは70年ほど生きますが、これまでの記録上最年長のゾウは82歳でした。

ゾウの妊娠

ゾウの妊娠期間は22ヵ月で、これは地球上の生物の中で最も長い妊娠期間です!

ゾウの食事

ゾウは何を食べるのだろうと思っている人も多いかもしれません。ゾウの食事は草や木の皮が基本です。

 

これらのおもしろ知識を読んでみて、この素晴らしい動物のことがさらに好きになってもらえたらいいなと思います!