馬インフルエンザ:知っておきたい原因と症状とは?

2019年9月14日
馬インフルエンザは、その感染力の高さと治療のために最も恐れられている動物の病気の一つです。馬インフルエンザにかかると、最大1ヶ月間も不調が続くと言われています。

馬にとって呼吸器疾患は珍しいものではありません。しかし、経済的にも健康的にも最もダメージが大きい病気は馬インフルエンザです。馬インフルエンザと闘うベストオプションは飼っている馬をインフルエンザにかからせないよう予防策を講じることです。

馬インフルエンザは致命的ではありませんが、感染速度が非常に速いため病気の蔓延を食い止めることはほとんど不可能と言っていいでしょう。最大で半径15メートル以内にいる馬が感染してしまうほどの感染力です。

 

馬インフルエンザの予防

馬インフルエンザにかからないようにする最善策は予防接種です。馬インフルエンザにかかった馬が他の馬との接触を続けていると、高確率でうつります。

馬インフルエンザの潜伏期間は1~5日です。つまり、何の症状も現れていない状態で1~5日間ウイルスが体内にいる可能性があるということです。

馬インフルエンザ ウイルス

合わせて読みたい『犬のインフルエンザの治療方法:人にも伝染するの?

馬は生後6ヶ月になると、初めてのワクチン接種を行えるようになります。その1ヶ月後にもう一度ワクチン接種を行います。それからは、6~12ヶ月ごとにワクチン接種を行っていきます。必要なワクチンは馬が何にさらされているか、そして通常の環境外でどれだけ他の馬との接触があるかによって異なります。

妊娠中の馬や子馬の場合、中絶になったり馬を著しく衰弱させたり可能性があるため細心の注意を払う必要があります。

さらに、汚い馬小屋は馬インフルエンザのリスクを高め、広めます。つまり、問題を避けるには衛生が重要なのです。また、馬が病気になってしまった場合、各馬に専用の道具を使いましょう。

馬インフルエンザと診断されたら、他の馬との接触をさけるため隔離します。また、馬の世話をしている人も他の馬を触る前には清潔にしておく必要があります。

症状

一番わかりやすい症状は乾いた咳やうなり声です。これは、馬が一生懸命呼吸をしようとしている証拠です。また、別の症状として40度以上の発熱もあるため、体温も確認しましょう。

馬を診る獣医 馬インフルエンザ 

合わせて読みたい『意外と知らない?!ロバとラバの違いをご紹介!

そして、馬は無気力で元気がなくなり、突如食欲不振に陥る可能性があります。その結果、体重減少を引き起こすことがあり、場合によっては深刻になることもあります。

他の症状には、リンパ節の腫れや、それによって起こる呼吸困難も含まれます。黄緑色の粘液性分泌物や、結膜炎によって生じる目やにもあります。

馬は感染してから数日後に元気がなくなりますが、1週間以内に明らかな症状が見られるようになります。ゆっくりとした歩行、衰弱、また他の馬から自発的に離れるなどの行動が見られるでしょう。

馬インフルエンザの治療

さらなる感染を避けるために他の馬から隔離したら、感染した馬を静かな環境で休ませてあげることが重要です。こうすることで病気と闘うことができます。この環境はほこりなどなく清潔な場所であるべきです。そうすることで、呼吸を悪化させることが避けられます。

また、抗炎症剤を使い発熱と痛みを緩和することもできます。馬に他の感染症がある場合は、治るまでは抗生物質を使用する必要があります。

食べる馬 馬インフルエンザ 

馬の食事に気を付けることで体重減少を避けることができます。通常のエサは飲み込むのが難しくなるため、湿らせたエサを与えましょう。湿らせたエサは食べやすく、素早い回復に必要なエネルギーになります。

再発を防ぐため、症状が消えてから15日間は馬を休ませることをお勧めします。こうすることで馬は完治します。その後、数日間少し体を動かしたら病気をする前の動作と体力に戻るでしょう。

  • https://www.zoetis.es/conditions/caballos/influenza-equina.aspx
  • https://blog.terranea.es/gripe-equina/#Prevencion_de_la_gripe_equina
  • https://www.equusline.es/blog/influenza-gripe-equina/