犬のインフルエンザの治療方法:人にも伝染するの?

· 2019年2月25日
インフルエンザは空気感染する病気で、季節の変わり目にかかりやすいです。死に至ることはあまりありませんが、複雑化しやすく人間のインフルエンザの原因となって深刻化することがあります。

この病気は空気感染するため、保健所やシェルター、ケンネル(犬舎)で流行りやすいです。また、治療法は人間の治療法ととても似ています。ですから、もしペットがインフルにかかってしまったらしっかり水分補給をし、隔離し、獣医に抗生物質を処方してもらいましょう。

インフルエンザは人間にも犬にもよく見られる病気です。犬のインフルエンザは伝染しやすいので、この記事を読んで効果的な治療法を知りましょう。

ウイルス性の病気

インフルエンザは空気感染する病気で、季節の変わり目にかかりやすいです。死に至ることはあまりありませんが、複雑化しやすく人間のインフルエンザの原因となって深刻化することがあります。

症状はくしゃみ、咳、鼻水、そして痰が犬の呼吸器を詰まらせてしまったりすることがあります。空気を通して伝染しますが、物の表面や、感染した動物と接触した人などでもウイルスは活発になっている可能性があります。

インフルエンザの予防法

けれど、これは犬と人間の間でインフルエンザが伝染するというわけではありません。実は、犬と人間のインフルのウイルスは同じ様な遺伝子を持っていますが、異なる効果を発揮する小さな違いがあります。

犬インフルエンザは大抵不衛生なシェルターやケンネルでよく見られます。また、風邪にかかっている人が多いと伝染しやすくなるので、気候もこのウイルスの拡散に繋がります。

さらに、多くの人が集まるので、ドッグランなどの公共の場所でも感染率が高いです。犬を散歩する時は、他の飼い主がペットをたくさん連れて来るような場所には行かないのがベストでしょう。

犬インフルエンザの症状

頭蓋骨の形により、この病気に他よりかかりやすい犬種がいます。短頭犬が、インフルの時期に一番影響されやすいでしょう。いずれにせよ、犬インフルエンザの症状は以下の通りです。

  • 常にくしゃみが出る
  • だるそうにしている
  • 痰が出る
  • 粘液の分泌により水分不足になる
熱が出た犬

治療法

犬インフルエンザを治療するのは実はとても簡単です。少しのお世話と、常に犬のことを注意して観察することが重要です。もししっかり治療されなければ、肺炎やジステンパーなどの死に至る可能性のある病気に繋がることがあります。

ですから、同じ様な症状が出る他の病気ではないか確認するために獣医に診てもらうのが良いでしょう。最も深刻な病気の可能性が除外され、獣医がインフルエンザだと診断したら、治療を始めましょう。

けれど、動物の体は人間とは違うので、人間の抗生物質やインフルエンザの薬をあげるのはやめましょう。

ペット用の抗生物質を獣医が処方したら、彼らの教える手順に従って薬を与えましょう。投与量を間違えれば死に至ることもあります。

また、体を丈夫に保てるよう、水分補給も忘れないようにして下さい。インフルエンザは体の水分を奪い粘液を取り除き、肌を乾燥させてしまいます。

水を飲む犬 犬 インフルエンザ

さらに、ペットの体を温めてあげましょう。熱のせいで愛犬の体温は急激に下がってしまいます。毛布で体をくるんであげるときっと喜びますよ。

インフルエンザの予防方法

人間と同じように、犬にもインフルエンザの治療法がちゃんとあります。けれど、簡単な手順でインフルは予防できるのです。

例えば、バランスの取れた食事を与えていれば、ペットの免疫力が上がります。そうすれば、犬の体がウイルスに対処し、完全にインフルになるのを防げます。また、定期的に運動をするのも免疫力をあげる一つの方法です。

さらに、バクテリアを取り除き清潔な環境で過ごせるよう、犬が触れた場所はきれいにしましょう。その他にも、風が強い場所に行くのは避けましょう。この病気は空気感染するので、間違えて風邪を引かせてしまったら困りますよね?

また、公園やショッピングモールでも人が少ない、違うルートを散歩しましょう。気分転換に海沿いや田舎でも良いですね。きっと愛犬は喜ぶでしょうし、あなたにも犬が楽しんでいるのが伝わってきますよ。それに、ほかの場所ではできないような遊びがきっとできるでしょう。