むだ吠え防止首輪について飼い主が知っておくべきこと

2019年8月19日
飼い犬がむだ吠えなどでうるさい場合は、むだ吠え防止首輪は解決策の一つですが、必ずしも最善の選択肢ではありません。

最も忠実で高貴なペットとされる犬ですが、犬の持つ素晴らしい資質の中には、人間と一緒に住む場合には、周りの迷惑になる可能性があるものが存在します。

その一つがむだ吠えや大きな鳴き声です。本記事では、むだ吠え防止首輪について詳しくご説明します。

むだ吠え防止首輪とは?

むだ吠え防止首輪とは、その名の通り犬のむだ吠えを予防するために作られた首輪です。

一般的な首輪と同じように犬の首に巻きます。

この首輪には犬の喉の動きを検出するセンサーがついており、スプレーでの刺激や電気ショックを与えるなど様々な方法でむだ吠えが良くないことだと犬に知らせます

ただし犬の喉は、体の中でも最も繊細な場所の一つであり、健康への被害や精神的なダメージが心配されます。

むだ吠え防止首輪 をつける犬

むだ吠え防止首輪の種類

樹皮防止カラーにはいくつかの種類がありますが、最も一般的なものは次のとおりです。

こちらもご参照を:無駄吠え防止の首輪は使うべき?

スプレー

このタイプのむだ吠え防止首は、一般の首輪と同じように首につけます。

犬が吠えると首輪のセンサーが作動して信号を送り、犬の鼻の下にスプレーを吹き付けるように作動します。

犬の視覚、臭覚、感覚、そして聴覚に驚きの刺激を与える方法です。

いくつかの研究から、スプレーが発射するむだ吠え防止首輪は、28%がむだ吠えを部分的に抑制でき、70%がむだ吠えを完全に止めることができたことがわかっています。

この方法は犬の健康に直接的な影響を与えず、無害な液体をスプレーとして噴射するだけで、犬を実際に傷つけることはありません。

こちらもご覧ください:しつけ用首輪は犬の健康に悪い!

電気ショック

スプレーカラーと仕組みは類似していますが、これは犬の触覚に働きかけます。

犬がむだ吠えをするとセンサーが探知して、吠えたことの罰として首輪から犬に電気ショックを与えます。

この首輪を使う場合は、電気ショックの衝撃レベルを選択できるものを選ぶべきですが、犬も人間と同じように感受性があるため注意が必要です。

むだ吠え防止首輪 と犬

電気ショックは、犬の鳴き声の大きさや頻度によっても異なる製品が多くあるため、必ず調整可能なものを選びましょう。

電気ショックは皮膚の壊死を引き起こす可能性があるため、この首輪を常につけるのはやめてください。

注意事項

どのむだ吠え防止首輪も、その有効性には限界があります。犬のむだ吠えをやめさせるためには、むだ吠えの原因を特定することです。

首輪を使って強制的に吠えるのをやめさせたとしても、根本的な問題は解決しません。

例えば、むだ吠え防止首輪で犬のむだ吠えが止まったとしても、次は物を壊し始めるかもしれません。

むだ吠えの原因を特定する

むだ吠えの原因を特定する前に、まずは犬の鳴き声を理解してください。犬の鳴き声には様々な種類があり、喜び、興奮、心配など様々な感情が吠える理由となります。

一部の専門家は、むだ吠えを「ストレスと退屈」が原因だと話します。

犬の鳴き声を正確に把握するためには、その原因となる潜在的なリスク要因を理解してください。

  • 退屈:一人でいるというストレスへの反応として、仲間を引きつけようとむだ吠えをしていることがあります。
  • 視覚:窓から見える人や犬などの他の動物に興味を持っている場合に吠えることがあります。
  • コミュニケーション:家の近くにいる他の犬とコミュニケーションを取ろうとしている場合があります。
  • 欲求不満:欲求不満を発散するために吠えるケースがあります。
  • 音への反応:耳の良い犬は、1日を通じてあらゆる音を聞き、それに対して様々な反応をします。ドアがあいて飼い主が帰ってくる時などは、嬉しさから吠えることがあります。
  • 注意を引くため:飼い主の注意を引くために吠えていることがあります。
  • 不快さ:何か不快な時に吠え、それが習慣になっている可能性があります。
  • 会話:飼い主に自分を表現しようと「会話」をしているつもりで吠えていることがあります。

結論

本記事でご紹介したように、犬が吠えるのにはいくつかの原因があります。

犬の心身の健康に悪影響を及ぼすリスクのある、むだ吠え防止首輪を積極的に使うことは避けて、できる限りその原因を解決するように心がけてください。

獣医師などの専門家に相談し、むだ吠えを解決する様々自然療法を活用するのも良い方法です。

Desachy, F. (2009). Mi perro ladra mucho ¡Hay solución! (S. A. (10 de septiembre de 2009) DE VECCHI EDICIONES, Ed.). Retrieved from https://books.google.es/books?id=nmiKDwAAQBAJ&pg=PT50&dq=collar+antiladridos&hl=es&sa=X&ved=0ahUKEwiOop2R5eHgAhUQJhoKHfPsDTkQ6AEIKDAA#v=onepage&q=collar antiladridos&f=false

 

Sentelles, E. I. (2014). La regulación de los collares dañinos : avanzando en el bienestar canino, 1–3.