口内の健康維持に:犬用の「デンタルフロストイ」

2019年8月15日
犬用のデンタルフロストイは、歯肉炎などの問題を引き起こす可能性のある歯と歯茎の間に蓄積した食べかすなどを取り除くのに役立ちます。また、精神面への良い刺激を与えて、飼い主との分離不安を軽減するのにも役立ちます。

口腔衛生は、ペットの健康維持とお世話においてとても大切です。

犬の歯を毎日磨くことが大切ですが、犬によっては歯磨きを嫌がるタイプもいるため、デンタルフロスとしての効果があるおもちゃであるデンタルフロストイを活用する方法があります。

本記事では、犬の健康維持にとって、いかに口腔衛生が重要であるかをご紹介します。

口腔衛生が悪くなることのリスク

犬の口腔衛生を良い状態に保たないと、歯と歯茎に食物のカスなどが蓄積され、これらが犬の口の中にある細菌のエサとなります。

そして犬の口の中に大量の食べ物やそのカスたまると、微生物が急速に増殖して、細菌のプラークが形成されます。

これらのプラークが唾液と接触すると、ミネラル、細菌、歯のエナメル質間である種の反応が生じ、これにより歯石が蓄積して歯に強力に付着します。

そして、細菌は歯茎の下で増殖を続けて拡大します。

細菌が歯の下に侵入すると、歯肉炎をはじめとする歯肉の炎症を発症する可能性があり、すぐに治療をしないと体内組織や骨に影響を及ぼして、歯周病を引き起こします。

こちらもご参照を:ワンちゃんのお口ケアについて!何を食べさせるといいの?

歯石を除去するために 犬 デンタルフロストイ

犬の適切な口腔衛生を保つためのアドバイス

ペットの歯石除去を行い、歯の問題を防ぐには、犬の歯と歯茎を定期的にクリーニングすることが不可欠です。

昔から行われている最も推奨される方法は、専門の器具を使った歯磨きです、

ペットショップでは、犬と猫用の特別な歯ブラシと歯磨き粉が販売されていますので、決して人間用の歯科衛生用品を使用しないでください。

人間用の製品に含まれている化学物質は、犬の歯の構造を損傷し、健康に悪影響を与える可能性があります。

歯磨き以外にも犬の口腔衛生を健康に保つための簡単な方法があります。

スプレー式歯磨き粉、犬用の口内洗浄剤、そしていくつかのデンタルフロス効果のある食品などがありますが、食品は成犬にのみ与えてください。

ここからは、犬の口腔衛生に役立つ骨とおもちゃをご紹介します。

ご存知ですか?:犬の口内衛生に優しいおやつの選び方

歯を洗浄する骨

昔から犬が骨をかじっている姿はよく知られていますが、これは口腔衛生への高い利点があります。

ただし、与える骨には注意が必要です。

調理済みの骨ではなく、生の骨のみを与えてください。調理済みの骨は、犬の消化管を破壊して損傷する可能性があり、犬の食道に炎症を引き起こすリスクもあります。

そのため、生のウサギやブタの骨など、簡単に消化できる骨を選ぶのが最善の方法です。

デンタルフロス効果のある骨 犬 デンタルフロストイ

革でできた100%食用の骨も効果がありますが、与える骨の数には注意が必要です。

骨や皮でできているこれらの製品を過度に摂取すると犬の消化器系を傷つける可能性があるため、週に3本以内に抑えてください

犬用デンタルフロストイ

ペットショップで、たくさんのデンタルフロストイと呼ばれる、デンタルフロスとしての機能がある犬のおもちゃが販売されています。

骨、ボール、立方体などの様々な形状で販売されています。

犬の口腔衛生を良好に保つために作られたこれらのおもちゃは、歯と歯茎の間に溜まった食べ物のカスなどの蓄積を防ぐのに役立ちます。

もう一つの選択肢は、ご褒美のおやつを少量ずつ与えることができるディスペンサーです。犬の知能を刺激するように設計されています

特に早食いの傾向がある犬の場合には、食習慣の改善や飼い主との分離不安の予防に役立ちます。

また、信頼できる獣医の定期検診を受け、ペットの口腔の健康状態を確認してください。

そして、どの方法がペットのニーズに最適かを見つけて、最善の方法でお口の健康を維持しましょう。