魅力たっぷりのミックス犬:新しい犬種をご紹介!

2020年6月4日
今回紹介するワンちゃんは、昔から存在している犬種を掛け合わせることで生まれました。生まれてからあまり長く経っていないので、国際畜犬連盟にはまだ登録されていません。

犬の中には何世紀も前から存在している犬種もいますが、まだ数世代しかたっていない犬種もいます。今回紹介する新しい犬種は、とても興味深い交配の歴史をたどってきました。ぜひあなたのお気に入りを見つけてみてください!

新しい犬種

今回ご紹介する犬種は、国際畜犬連盟(FCI)にまだ登録されておらず、何十年もの間「血統」も認められていません。このような新しい犬種はまだ歴史が非常に短く、すでに存在する2種の犬種を掛け合わせることで生まれたものです。

1.ベルガマスコ・シェパード・ドッグ

この犬種はイタリアのアルプスが原産で、牧羊犬として利用されていました。よく注意して見てみるとハンガリーの犬種、コモンドールに見た目がとてもよく似ていることがわかります。黒や灰色、茶色のドレッドヘアのような毛並みをしているのですが、意外にそのケアは難しくありません。お風呂の回数はなんと年に3回でいいのです!

ベルガマスコ・シェパード・ドッグ(写真上)は、とても忍耐強く、知的で、常に警戒心を切らさない固い意志を持った犬です。寿命は15年ほどで、毎日たくさんの運動量が必要です。お子さんがご家庭にいる場合も心配ありません。子どもや他の犬とも仲良くできるかわいいワンちゃんですよ。

2.ゴベリアン

シベリアンハスキーとゴールデン・レトリバーを掛け合わせるとどうなるのでしょう?その答えが、この美しい犬種ゴベリアンです!ハスキーはきれいな耳をしていてオオカミのような見た目をしており、レトリバーはその温厚でフレンドリーな性格から子どもに一番いいペットだと考えられています。

新しい 犬種

ゴベリアンは白地に黒や茶色、灰色の斑点があり、目の色は明るく、ゴールデン・レトリバーの顔立ちをしています。耳は後ろ側に垂れており、鼻の長さは中くらいです。レトリバーのように体全体がシナモン色をしている子もいます。

3.ダルメシアン・ダックスフンド

この犬種は両親がとても異なるのですが、近年最も人気が出ている犬種の一つです。ダルメシアンは中型~大型の犬種ですが、ダックスフンドは小型の犬ですよね。

 新しい犬種

この2つの犬種を掛け合わせることでできるのが、ダックスフンドのように小さな体(長い胴と短い脚をしている)と、ダルメシアンのような斑点のある犬です。白地に黒の斑点ではなく、茶色や灰色の入り混じった斑点が出ます。この犬種は両親の犬種の特徴と同様、遊ぶのが大好きで活発なワンちゃんです。

4.ポンスキー

この犬種もまた、大型犬と小型犬の掛け合わせというユニークな犬種です。ポンスキーはポメラニアンとシベリアンハスキーのミックスです。この犬種は、体が小さくアパートなどで飼いやすいことから最も人気のある犬種の一つになっています。

 新しい犬種

特に子犬のときはまるでテディベアのような見た目をしてます。ハスキーのように分厚い毛皮を持っており、ハスキーの特徴的な青い目をしていることもよくあります。大きい子だと体重が15キロまでになることもあります。

5.ヨーキープー

この犬種はヨークシャーテリアとプードルのミックス犬です。とても愛らしく、小さいのでどこへでも連れて行くことができますよ。ヨーキープーはとてもかわいいのでセレブにも人気です。

 新しい犬種

この犬種はプードルのように分厚くウールのような毛をしており、ヨークシャーテリアのように小さくてコンパクトな体をしています。その毛はアレルギー性が低いので、犬アレルギーのある人でも飼うことができますが、ヨーキープーは遊ぶのが好きで知的な犬で、飼い主といつも一緒に居たがります。家の中でソファやベッドなどにいるのが大好きな犬種です。

 

不思議な掛け合わせでできた犬種はまだまだ他にもたくさんいます。例えばシェパード・ペイ(シャー・ペイとジャーマンシェパード)、チャウ・シェパード(ジャーマンシェパードとチャウチャウ)、ペンブローク・シェルティー(コーギーとシェルティー)などがあります。気になった方はぜひ調べてみましょう!