犬の体温を正しく確認しよう!体温計を使う時のポイント

2019年6月25日
犬が熱を出した時の症状は様々で、それに気づくのは簡単なことではありません。体温計以外で犬の体温を確認する方法も知っておきましょう。

犬の病気の症状を察知するのは、時に難しいことがあります。最も一般的な症状は発熱ですが、どうやって犬の体温を確かめることができるのでしょうか。この記事では、犬にも飼い主にも優しい、犬の体温を確認する方法をいくつか紹介していきます。

体温計なしで犬の体温を確認する方法

もちろんできます!しかしまず知っておいて欲しいのは、犬の体温は38から38.8℃と人間より高めです。もしご自宅に体温計がないという人は、次の方法で犬の体温を確認することができます。

  • 犬の耳と足で確認する:耳や足に触れることで、犬が熱を持っているかを知ることができます。両方の部位が熱くなっている場合、犬が熱を出している可能性があります。きちんと確認するために、自分の頬などの敏感部分で犬の耳や足の体温を確認しましょう。
  • 鼻を確認する:犬の鼻でも発熱の有無を知ることができます。鼻を使った体温の確認方法は、単純に手を鼻の上に置くだけです。犬の鼻は温かく、通常黄色や緑色っぽい分泌液を出しています。しかしもし鼻が乾いている時は、熱以外の病気を疑ってください。
  • 鼠径部と腋を確認する:ここはとても繊細で、体温の低い部位です。もしここが熱いと、犬は熱を出している可能性が高いです。
  • 口を確認する:人間と同じように、熱を出すと犬の口も乾いてしまいます。それによって歯茎が乾き、青白く見えることもあります。
犬の体温を確認する方法 犬の体温   確認   体温計

しかしながら、体温計がある場合はそれを使ってください。でも問題は、どうやって?

体温計で犬の体温を確認する方法

犬の中には、体温計を使われるのが嫌いな犬も多くいます。正確に体温を測るために、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。

体温計を隠す

体温計で犬の体温を測る時、間違いなく犬は抵抗します。例え体温計を挿入できても、自力で取り除いてしまうこともあります。そして犬を落ち着かせようとしても、なかなか上手くいきません。ではどうやって体温を測ればいいのでしょうか。

最善の方法は、一瞬で体温を測れる体温計を使うことです。そうすることで体温計を犬の体内に入れる必要がないため、簡単に体温を測ることができます。

正しい姿勢をとる

犬の体温を測るために最適な姿勢は、犬が4本の足でしっかり立った状態です。なぜなら最も信頼できる体温は、直腸から測ることができるからです。そして直腸の体温を測るには、当然ながら体温計を挿入するしかありません。この姿勢にするために、少しサポートしてあげる必要があるかもしれません。そして1度体温を測ったら、体温計をしっかり殺菌消毒しましょう。

犬の体温を確認する方法 犬の体温   確認   体温計

体温を測る時、犬の健康状態に注意しましょう

犬の体温が上がっているものの、病気や熱と何も関係がないということはよくあります。例えば発情期に雌が近くにいる時、新しい場所へ引っ越した時、旅行に行った時、運動をした時などにも、犬の体温は上がります

上記のような状況で犬が疲れているように見えても、熱とは決めつけないようにしましょう。まずは犬を休ませ、目を離さずに通常の状態に戻るか確認しましょう。

これらの実践的なコツを使えば、犬の体温を測るのはさほど難しくないはずです。思っているより簡単に行うことができますよ。