中型犬にピッタリなエサ:食生活の改善は人生を改善する!

2019年10月5日
体重が約10~30 kgの中型犬は、犬種やその犬によって必要な食事の量は変わってきます。多くの犬は一日中動き回るようなライフスタイルではありませんが、飼い主のなかには餌を調整し、運動する機会を多く与えられる人もいます。

ペットに1種類だけのフード(餌)を与えるだけでは通常、毎日必要とする栄養が摂れません。ペットが必要とするミネラルは、多くの要因に影響を受けます。本記事では、中型犬にぴったりなフードをご紹介します。

中型犬のなかにはフード以外にもサプリ(栄養補助食品)が必要とする犬種もいます。また、この記事では中型犬にとってバランスの取れた食事の重要性やそれが体に及ぼす影響についても見ていきます。

中型犬

中型犬とは、体重が約10~30 kgの犬種を指します。中型犬は住んでいる地域、そして働く犬として繁殖された場合はその仕事の種類によって活動範囲が異なります。しかし、ほとんどの中型犬は、サイズ、筋肉組織、手足の長さなどの共通の特徴を持っています。

中型犬は活動範囲が異なるため、与えるフードも同じではいけません。日々の生活で活躍するためにも中型犬には正しい食事が重要なのです。つまり、中型犬は大型犬小型犬とはまったく違うフードが必要な場合もあるのです。

しかし、日常摂取とはどういう意味なのでしょうか?専門の栄養士による推奨値となると、人間と同様、犬も生理学的にばらつきがあります。したがって、すべての犬に同じフードを与えることは、栄養ニーズを満たさない可能性があるのです。

日常摂取とは毎日の食事で消費するタンパク質、炭水化物、糖質、そしてその他の必須要素を意味しています。そして、これらの食品の多くは体のバランスを保つのを助け、胃腸疾患を予防します。

合わせて読みたい『高品質ペットフード:結局のところ何で判断したらいいの?

中型犬の餌2 中型犬 エサ

中型犬用フードが特別な理由

ご想像の通り、中型犬は小型犬より多く、そして大型犬より少ない量を食べます。かつて中型犬は広い庭で飼われていたため、筋肉が発達できるような運動ができていました。

しかし、現代の生活では以前のようなアクティブなライフスタイルは難しく体重が増加傾向になりがちです。中型犬におすすめするフードは、人間が引き起こしてしまったこのライフスタイルの変化を正すためのものでもあります。

これに加え、中型犬に適切なフードは体全体の健康を改善します。つまり、血液の循環、毛並み、お口の健康などを向上します。犬を満足させ、朝に吐いてしまうということを避けるためにも犬のフードは1日2回与えます。

与える量はその犬の体重と1日の運動量によって異なります。体重が約10~15 kgの犬であれば、1日あたり190 g強の餌を必要としますが、それより大きい犬であれば約385 gを必要とします。

子犬や若い犬はより多く、あるいはより頻繁に食べることが大切なのを忘れないようにしましょう。これは、成犬に比べると活動量と新陳代謝が高いからです。

関連記事『犬種別おすすめドッグフード!愛犬にはどれが一番なの?

中型犬の餌3 中型犬 エサ

中型犬のフード

中型犬におすすめのドッグフードメーカーをご紹介します。体のニーズに基づき作られていて、ほぼすべての犬種に向いています。

  • Purina PRO Plan:有名メーカー PurinaのPROシリーズは、これひとつで全てのニーズをカバーできます。Optihealthテクノロジーにより、愛犬の健康とつやつやの毛並みを手に入れることができます。
  • Royal Canine Medium Adult: このメーカーは世界的にも知られています。その製法により愛犬が毎日必要とする栄養素をしっかりと摂ることができます。これに加えて、この餌にはオメガ3が含まれていることから、犬のお肌が非常にいい状態になります。
  • True Instinct High Meat: 野菜よりも動物性たんぱく質に基づいているこの餌は、お肉が大好きな犬も満足するでしょう。また、体が過飽和状態にならないように製造過程で消化器官を助ける繊維質を多く含む野菜を使っているのも特徴です。