マンションやアパートでペットと一緒に暮らしてみよう

2019年6月28日
今回は、ペットとアパートで暮らすために知っておくべき詳細やコツをご紹介します。

ペットと暮らすことは、マンションやアパートを借りている場合には、かなりややこしいことになる場合があります。誰かの持ち家である物件や施設にダメージを与えてしまったりした場合の対応が難しいからです。また、隣近所からの苦情となるとあからさまな問題となります。しかし、それでもマンションやアパートでペットと暮らすことは可能です。

ただし、家探しをする際にたくさんの情報集めと注意が必要です。法で定められたものや、契約書にある規定、どのような人たちが住んでいるのかなどを、注意深く調べなければなりません。たった一つ何か問題があっただけでも、あなたの生活をひっくり返すような混乱を生じかねません。

今回は、ペットとアパートで暮らすために知っておくべき詳細やコツをご紹介します。

家探しの前に法律について復習しましょう

ペットがいる場合に始めにすべきことは、賃貸契約に関して定めた法律を勉強することです。一般的にこれらの法律には、賃貸物件において動物を飼うことに関して触れた部分が、少なくとも1項目はあります。

マンション アパート ペットと暮らす

法律や規定は、国により異なります。ほとんどの国において、物件の持ち主がペットを受け入れるかどうか決める権利を持ちます。例えばスペインでは、都市賃貸法によってこれが定められています。

言うまでもなく、全ては物件の大きさといった要素にかかってきます。また、家具付きの家であるかどうか、どれほど都市化された地域であるかなどにもよります。

契約書をしっかり読みましょう

賃貸契約書は、家を借りると言うビジネス行為をただ定めるだけのものではありません。これによって、貸主、借主、隣近所の住人が平和に共存できる基盤となるものです。家を借りた時点で、あなたはそのコミュニティーのルールや、建物や開発についてのルールに合意することになるのです。

だからこそまず初めに、全てのことが書面で明確にされなければならないのです。さらに、もしペットを許可してもらえるのであれば、今後の心構えができるように契約書を全て、最後まで読まなければなりません。

ペットに関する問題が発生した場合には退居を求められる契約書もあります。退居となれば、また引越しの計画を立て準備し、費用もかかりますので、難しい状況となります。仕事や子供の学校など、家族の生活に大いに影響を与えるからです。

国によっては、ペットが起こしてしまったダメージの多くを補う、ペット保険もあります。ペット保険に入っていることで、安心できる大家さんもいます。ペット保険のおかげで、より安心してペットのいる人へ家を貸すことに合意してくれる大家さんもいます。

どんな建物なのかを調べましょう

建物は皆、それぞれに特徴があり、全く同じような物件があることはありません。あなたのペットと引っ越す前に、環境をよく調べて分析しましょう。不明な点は、住人で作る組合の代表に話を聞くことで解決できるでしょう。

引越ししてしばらくは、周囲の住人がペットに対してどう考えているかを探りましょう。もし他にもペットのいる人がいるなら、その人たちに話を聞くのも良いでしょう。近くに公園はあるのか、ペットに関する近隣のルール、もしくはそのコミュニティがペットフレンドリーなのか、そうではないのかなどです。

家探しの際には、様々なことに気を払う必要があります。落ち着いて、ゆっくりと、隅から隅までその物件について調べましょう。あなたとあなたのペットのために、後悔しない決断をするためのコツをご紹介します。

マンション アパート ペットと暮らす

マンションやアパートとペット:事前にネットで調べましょう

インターネットのおかげで、ペットを受け入れてくれる建物や場所を調べることができるようになりました。これは多くの人にとって便利なことなので、大家さんの側もペットを受け入れるか受け入れないかを、いち早く明示するようになりました。

最近は、休暇を過ごすための施設でも、ペット受け入れる大家さんや会社が増える傾向にあります。ペットを飼っている人は、マンションやアパートにペットと暮らすことで、いかなる問題や口論が起きるべきではないことを知っています。時には、あなたのライフスタイルをわかってもらえるように、話し合いを持つだけで解決できることもあるのです。

事前にネットで、どの物件や地域がペットを受け入れてくれないかを調べ始めましょう。

これらのコツやおすすめを活かすことで、より気軽にマンションやアパートにペットと一緒に暮らすことができるようになるでしょう。あなたのペットの大きさや行動パターンを考慮することをお忘れなく。