ペットとの暮らしで得られるもの

· 2019年4月13日
心を元気にしてくれるペットと一緒に暮らしてみませんか?動物達の全身での感情表現や愉快な行動に、きっと笑いと元気を貰えるはずです。

ペットとの暮らしが孤独感をやわらげてくれることを期待している人は少なくありません。実際に飼い始めれば、ペットが与えてくれるものは決してそれだけに留まらないことがわかります。ペットを飼うことでどんな変化があるのか、例を挙げてご紹介します。

ペットを飼う利点は?

信じられないかもしれませんが、ペットを飼うことで感情面、精神面、肉体的な健康にも良い影響があります。全人口の65%が猫または犬を飼っているという調査結果からも、動物が人生のパートナーとしていかに優れているかが伺えます。ペットと暮らすことの利点から、特に重要なものを見てみましょう。

外出の機会が増える

現代の暮らしでは座っている時間が長くなりがちです。また、不安や孤独感、ストレス、疲れなどを感じると、外出は必要最低限で済ませたくなることもあります。もしペットを飼っていれば、一日に何回かは散歩に行かなければならないので、外出する良いきっかけになります。

散歩の習慣がペットのために良いのはもちろんのこと、飼い主の健康にも役立ちます。外に出かけて歩けば新鮮な空気が吸え、血液の循環も促され、気分が良くなります。

運動

ペットの健康のためには運動が欠かせません。外で走り回ったり、ボールを追いかけたりさせてあげるためには、必然的に飼い主も一緒に外出して体を動かす機会が増えます。普段から運動の習慣がある人にとっても、もちろん最高のパートナーになってくれるでしょう。

計画性が身に付く

負っている責任が少ないうちは、ペットの世話に割ける時間がないように感じるものです。ペットと生活していると、計画性と効率的な時間の使い方が身に付きます。

ペットの面倒を見るには、毎日の習慣を上手に組み立てる必要が出てきます。そうすれば自然と飼い主の生活リズムも整うので、時間を上手に使えて、より健康的で気分良く日々を過ごせるでしょう。

責任感が養われる

生き物の世話をしていると、役に立っているという自覚と責任感が生まれます。特に子供達にとっては、ペットと一緒に育つことで、義務を果たす大切さを学ぶ機会になります。こういった経験は大人になってからの人生でも、重要な鍵となってくれるでしょう。

アフィニティーが子供達を対象に実施した調査では、驚くべき結果が出ています。90%の子供が犬の世話に時間を割いてもよいと回答し、好きなおもちゃを犬にあげてもよいという回答は80%にのぼりました。また、75%の子供が、散歩のために早起きしてもよいと答えています。

感情表現が豊かになる

感情を表に出すのが苦手な人は、動物と暮らすことで、感じていることを伝えられるようになるかもしれません。動物は一緒に暮らす人への愛情表現を欠かさないので、自然と同じようにお返しをしたくなるはずです。

知人や友人と一緒にいて、ペットに話しかけるときの声や表情の変化に驚いたことがあるかもしれませんね。動物と暮らし始めれば、きっとその理由がわかります。

猫と暮らす利点 ペットとの暮らし メリット

社交的になる

ペットを連れていると、道や公園で出会った人と話をするきっかけになります。新しい友人や知り合いができて、交友関係が広がるでしょう。

ストレスの減少

仕事や家族関係でどんなにイライラしたり腹が立っていても、家で出迎えてくれる可愛らしい顔を見れば気分が切り替わります。自宅の玄関を入ったとたんにペットが嬉しそうに飛びついてくれば、不機嫌のもとになっていた問題もつい忘れてしまうでしょう。

孤独感を癒してくれる

たとえ言葉は通じなくても、自分のことを大切にして愛情を示してくれる相手が家で待っていてくれると思えば、一人ではないと感じられますし、家に帰るのが楽しみになります。

心を元気にしてくれるペットと一緒に暮らしてみませんか?動物達の全身での感情表現や愉快な行動に、きっと笑いと元気を貰えるはずです。

今回はペットと生活することの利点から、代表的なものをご紹介しました。あなたはもうお迎えしましたか?ペットと一緒に暮らして、素敵な毎日を過ごしましょう。