カメラトラップが捉えた霊長類のありのままの姿!

2019年8月23日
ボノボ、ゴリラ、チンパンジーなどの霊長類はカメラが設置されている場所にいると、カメラがあることは認識しますが、その反応は様々です。

カメラトラップと呼ばれるカメラは、、野生動物の生活や生態を調査するのにとても役立つ自動カメラであり、動物たちは通常、カメラの存在には気づきません。

しかし、研究者がアフリカに設置したカメラトラップには、霊長類の様々な反応が写っていました。

現在では、チンパンジー、ボノボ、ゴリラなどの反応が収集されています。

マックスプランク進化人類学研究所では、カメラトラップのような新しいものが自然界に置かれた時に、霊長類がどのように行動を変えるのか観察しました。

こちらもご覧ください:1000頭にまで増えたマウンテンゴリラ:嬉しいニュース!

カメラトラップとは?

今回の研究で最も大切なのが、カメラトラップと呼ばれる自動撮影カメラです。

コンパクトで長持ちのするバッテリーを搭載したデジタルカメラで、動物の動きを検出するための写真やビデオ撮影が可能です。

このカメラを活用することで、ある特定の動物を観察して、その行動を研究することができます。

現在では、カメラトラップをはじめとする様々な機器が、科学研究では一般的に使われており、前述したように野生動物の行動を観察するのに役立っていますが、カメラトラップの設置が動物の行動を変えているかもしれないという点を知る必要があります。

カメラ 霊長類

カメラが捉えた霊長類に関する研究

霊長類学者のアミー・カレン氏が率いる研究が、カレント・バイオロジーに掲載されました。

この研究によると、霊長類、特にボノボ、チンパンジー、ゴリラなどの類人猿はカメラを見つけるとその行動を変えることがわかりました。

これらは初めて発見された事柄ではないため、研究者が特別驚くことはありませんでした。

アミー・カレン氏が率いるチームは、中央アフリカの14の異なる研究分野に広がる43の大型類人猿グループの研究を行いました。

研究者の目を引いたのは、カメラで捕らえた霊長類のすべての種類がとても異なる反応を示したという点でした。

この動物たちの反応に対して研究者は、今後これらの素晴らしい動物を研究する際には、彼らに対してより侵襲的でないように心がける必要があるという教訓だと受け止めました。

彼らが自然な行動を変えないように、カメラを隠すか、霊長類が慣れる良い方法を見つけなければいけません。

ご存知ですか?:手話が使えるゴリラの「ココ」について

異なる種、異なる反応

チンパンジーは、ほとんどカメラに気付いていないようでしたが、ゴリラとボノボは非常に異なる反応をしました。

ゴリラとボノボは初めて見るカメラという存在の外観を懸念しているようにも見えましたが、動物の中にはその反応が好奇心に変わったケースもありました。

ボノボは、すべての霊長類の中でカメラを最も恐れているように見えると同時に、最も好奇心が強い動物です。

カメラが捉えたボノボ カメラ 霊長類

人間の住む地域から近い場合は、カメラへの好奇心や恐怖心が少なく、人間から遠い場所に住む場合は、より大きな反応を示しました。

研究者たちはまた、単独または小さなグループで行動する若い動物がカメラに最も注目する動物であることに注目しました。

しかし最も研究者の目を引いたのは、ボノボの反応でしょう。

チンパンジーに近いボノボですが、チンパンジーの反応と最も異なった理由は、ボノボのリーダーシップ構造に関連しているという考えがあります。

それは、ボノボのシステムが平等であり、恐怖などの反応はグループ内に迅速に広がりました。

  • Kalan, A. K., Hohmann, G., Arandjelovic, M., Boesch, C., McCarthy, M. S., Agbor, A., … Kühl, H. S. (2019). Novelty Response of Wild African Apes to Camera Traps. Current Biology. doi:10.1016/j.cub.2019.02.02