自家製虫除け剤:蚊を寄せ付けない虫除けの作り方5選

2019年6月15日
化学物質を含む市販の虫除け剤を使う前に、自分や家族、ペットの健康を考えてみてください。健康への影響が気になる方は、天然素材を使って簡単に作れる自家製の虫除けで虫除け対策を取りましょう。

夏が近づくと気になる蚊の存在。アウトドアで遊ぶ機会が増えると共に対策に頭を悩ます方も多いでしょう。蚊に刺されると本当に鬱陶しいですよね。お店に行けば購入できる虫除け剤ですが、実は天然素材を利用して自分で作ることもできるのです。

ナチュラルな虫除け剤を探しているなら

効果抜群な虫除け剤は市場にたくさん販売されています。ですが、これらには化学物質がたくさん含まれており、使う人やペットの健康に影響を与えてしまうかもしれません。したがって、ナチュラルな自家製の虫除け剤を使うという選択も良いでしょう。今日は自分で作れる虫除け剤の作り方をご紹介しましょう。

こちらも合わせてどうぞ:夜中に蚊に刺されないようにする方法

1. シトロネラ

シトロネラ(このブログ記事の最初の写真)は多くの虫が嫌がる香りを持つ植物です。したがって、シトロネラの香りがする人には虫は寄ってこないでしょう。シトロネラを植木鉢に植え、庭に置いておくのも良いですね。また、屋外にいるときはシトロネラの匂いのキャンドルや線香を点けておくのも方法です。

シトロネラオイルが手に入る人は、これをアーモンドオイルで薄めるという方法もあります。肌に塗布すれば虫除けになるでしょう。

2. バジル

香り豊かなハーブ、バジルは地中海料理によく使われています。蚊やハエはこの強い香りを苦手とします。

 

バジル 自家製 虫除け

バジルを使った虫除けを作るには、水500mlと乾燥バジルを大さじ2杯用意しましょう。水とバジルを入れた鍋を20分程火にかけます。20分経ったら火を止め、4時間おきます。その後、液体を漉して清潔なスプレーボトルに入れましょう。この液体をカーテンやシーツ、衣類などにスプレーします。

こちらも合わせてどうぞ:クモが家の中に侵入するのを防ぐ方法

3. ユーカリオイル

蚊に刺されるのを避けたいなら、ユーカリオイルで作る自家製の虫除けもお勧めの一つです。ユーカリオイルは健康食品店などで購入できます。

ユーカリオイルは鼻づまり解消にも効果的でしょう。ディフューザーまたはガラス製のカップを用意しましょう。水を少し入れたカップにユーカリオイルを15滴ほど落とします。十分な効果を得たいなら、ここにフローティングキャンドルを浮かべるのも良いでしょう。ユーカリの香りがお部屋に広がります。

4. クローブ

お子さんを始め、家族全員が使えるクローブを使った虫除けスプレーをご紹介します。健康を害するような有毒成分はふくまれていないので安心ですよね。作り方も簡単!鍋に水2カップとクローブ30個を入れ、火にかけます。

20分ほど火を通したら火を止め、2時間そのままにしておきましょう。次に液体を漉します。漉した液体を普段使っているシャンプーやコンディショナー、ボディローションに混ぜましょう。また、外出前に少しスプレーすると蚊が寄ってこなくなるでしょう。

クローブ 自家製 虫除け

5. カモミール

カモミールやラベンダーは蚊よけにお勧めです。見た目にも美しいですので、ベランダに植えたりや窓辺に植木鉢を置いておくだけでも効果があるでしょう。

カモミールの香りはとても強く、蚊やハエが苦手とする香りなのです。沸騰したお湯500mlに大さじ2杯分の花を入れ、抽出した液を作るのも良いですね。

抽出液ができたら、6時間ほどそのままにしておきます。そのあと漉して清潔なスプレーボトルに入れましょう。この液をお部屋やドア付近、窓、衣服にスプレーしましょう。これで蚊やハエが家の中に入りにくくなるでしょう。