どうして猫はみんなダンボール箱がすごく好きなの?

2019年5月4日
ネコのダンボール愛は一体どこから来るのでしょうか?その理由を今日この記事で一緒に見ていきましょう。

大量のおもちゃをネコにあげてみたところで、結局彼らはダンボール箱が一番好きなようです。でもなんでそこまでダンボール愛が強いのでしょうか?その答えは、何千年もの間天敵から身を守りながら培った、彼らの本能にあります。

どうしてネコはダンボール箱が好きなの?

さて、これにはいくつかの理由が考えられます。以下でそれらをご紹介しましょう。

本能

上でお伝えした通り、これは長年培ってきた本能の一部です。彼らは小さな空間に隠れることで、身の回りにいる天敵から身を守ってきました

これにより、ダンボール箱のような小さなスペースはネコにとって居心地が良い模様です。つまり、箱の中にいると誰からも攻撃されないという安心感が生まれるのでしょう。ネコ科の動物にとってのオアシスとも呼べるのかもしれません。またダンボール箱から外を覗くことで、身を隠すと同時に周りを監視することもできるようになります。

ダンボール箱から頭を出すネコ 猫  ダンボール   好き

好奇心

ほとんどのネコは、その種族に関わらず非常に好奇心旺盛です先ほどお伝えした本能と、この強い好奇心が上手くマッチする物、それがダンボール箱なのでしょう。

もちろん、好奇心はダンボール箱だけに止まりません。ネコちゃんは家の中にある物や、初めて会う他の動物などにも強い興味を示しますよね。あなたの目を盗んでは、その物や動物がなんなのか、片っ端から調査したくなってしまうのです。それが箱型のものなら、とりあえず入ったりするでしょうしね。

寒い

ネコがダンボール箱を好む理由のもう一つが温度です。ネコにとって最も理想的な室温は、およそ摂氏30度から35度と言われています。もし室温がそれよりも低ければ、一般的にどこか暖かそうな場所を求めます。その際にターゲットとなるのが、断熱材としての役割も果たすダンボール箱なのです。

ジャンプ

箱というのは、「飛び出す」のにちょうど良い構造でもあります。箱の中に隠れながら、周囲の状況を把握し、何か興味をそそるものが現れたら、ビョーンと飛び出すのです。これは自然界におけるネコの狩り戦略であり、家に居る時も遊びの一環としてそれをシミュレーションしたくなるのでしょう。

最適な隠れ家

ネコは独立志向が強く、一匹でいる時間を大切にしますそんな時ダンボール箱は外界と自分を隔離するために便利なものなのです。

もしネコちゃんが何かから隠れたい何かから離れたいと思った時、近くにダンボール箱があれば簡単にそれが出来ちゃいますよね。おそらく、お気入りのダンボール箱の中こそが、落ち着いて「自分」で居られる場所なのでしょう。

ストレス緩和

ネコがダンボール箱の中に入るもう一つの理由として、ストレスとの関係性が最近の研究によって示唆されています。研究によると、ダンボール箱へのアクセスが確保されたネコは、そうでないネコに比べてストレスレベルが極めて低い傾向にあることが分かったそうです。

箱という構造がネコに安心感を与えるだけでなく、どうやらその周りの環境と深い繋がりを保つためにも有効なようです。周りの環境とはつまり、人間や他のペットたちの事ですね。

ダンボールから顔を覗かせるネコ 猫  ダンボール   好き

おもちゃとしてのダンボール

ダンボールには箱としてだけでなく、他にも色々な使い方があります。例えば、引っ掻いたり噛んだりできるオモチャとしても使えますし、これらの遊びはネコちゃんも大好きです。ダンボールの表面は爪研ぎ用にも最適ですので、引っ掻きを通して腕の筋肉を鍛えたり爪を鋭利にすることが出来ます。

ということで、色々なオモチャに囲まれながらもネコがダンボールを好む理由は様々です。本能的な行動と、暖かさ、安心感、好奇心などが交わって、ダンボール箱がネコにとってパーフェクトな居場所となっているのです。

というわけで、普段ダンボールを簡単に捨てちゃっているというネコの飼い主さんがいらっしゃるなら、捨てる前にリサイクルという意味も込めて1つか2つダンボールを愛猫にあげてみてはいかがでしょうか。きっと、彼らにとってよき遊び場かつシェルターとなってくれるでしょう。