犬が家から脱走してしまった!その理由と対策とは?

2019年5月3日
研究者によると、シベリアンハスキーのようにより自立した犬種は脱出する傾向があると言います。一方で、狩猟本能から脱走する犬もいます。

犬が家から脱走する理由を知っている人は多くありません。通常は性欲に関連していますが、脱走する理由はそれほど簡単なものでもありません。

犬が脱走する理由の1つに犬の親との絆の弱さが挙げられます。何らかの問題がある場合、犬は群れを離れる必要があるからです。

また、飼い主から拒絶されたと感じたり、距離を感じたりすると逃げる犬もいます。中には好奇心旺盛なため新しいものを見たいという欲求に駆られてしまう犬もいます。

研究者によると、シベリアンハスキーのようにより自立した犬種は脱出する傾向があると言います。一方で、狩猟本能から脱走する犬もいます。

 

不妊手術が脱走防止になる理由

膨大な数の犬、特にオス犬が脱走する理由は性欲です。この場合、去勢手術をすることで脱走を防げるだけでなく、気性の荒さを改善し攻撃性を抑える効果があります。

合わせて読みたい:不妊手術:残酷な行為ではなく飼い主の責任

脱走する犬 犬   脱走   理由

また、性器を摘出しても性的欲求がなくなるわけではないことを理解しましょう。つまり、脱走しないようにしつける必要があるということです。しかし、不妊手術後はほとんどの犬は落ち着き、性欲が低下します。これは特にメス犬との接触前に去勢手術を受けたオス犬に当てはまります。去勢手術は生後1歳前に行うのが理想的です。

家から脱走するのを防ぐ方法

犬が家から脱走する主な理由は分かったので、ここからはそれを防ぐ方法をご紹介します。

合わせて読みたい:犬が家から脱走しないようにしつける方法

脱走する犬2 犬   脱走   理由

犬の名前を否定的な場面で呼ばない

怒りながら犬を叱る時に犬の名前を呼んでしまうと、犬は自分の名前を否定的なことと関連付けてしまいます。これは、しつけ、あるいはやって良いことと悪いことの「境界線」を設けてはいけないというわけではありませんが、絶対確実な昔ながらの「ダメ」という言葉は犬の問題行動を正すのに最適と言えるでしょう。

愛犬の名前はご褒美をあげるとき、または一緒にくっついたり遊んだりする時に呼ぶようにします。こうすることで、愛犬の名前を呼ぶと来てくれるようになりますしかし、自分の名前をあなたの怒りと関連して覚えてしまうと、戻ってくることはないでしょう。

犬がくつろげるようにする

脱走を防ぐのに一番効果的なのは、家を犬が本当にくつろげる空間にするということです。これは、犬が愛、安全、そして自分が大切にされていると感じる環境を作ってあげるということです。これは、餌、おもちゃ、散歩と同じぐらい、あるいはそれよりも重要なことです。

十分な運動をさせる

走って遊び、自由を感じたいから脱走する犬もいます。これは、長時間つながれていたり、閉じ込められている犬に多く見られる行動です。そのため、定期的に運動をさせることは脱走を防ぐ最も効果的な方法の1つです。

歩き始めた子犬に「かくれんぼ」を教えることはとてもいいアイディアです。地面に子犬を置き、例えば木の後ろに隠れます。そして、あなたを見つけるまで犬の名前を呼びます。あなたの隠れ場所を見つけられたら、しっかりと撫で、ご褒美をあげ、優しい言葉をかけてあげます。

このゲームは周囲に意識を向け、リードをしていない自由を味わい尊重する助けになります。また、あなたを見失ったときに探し見つける必要性も教えてくれます。

ボディーランゲージには注意する

犬はとても繊細です。私たちの声のトーンの違いやボディーランゲージにすぐに気が付きます。実際、犬が人間の気分や感情を感じ取ることができるということは常識になりつつあります。

もしあなたの愛犬が脱出しようとしているのであれば、ご自分の声のトーンに注意してください。また、ボディーランゲージにも気を使いましょう。腰をかがめ、落ち着いた声で犬の名前を呼びます。

これでも戻って来ない場合は、第二の手段です。犬と遊ぼうとしているかのように、犬とは反対の方向に走ります。

しつけに暴力は絶対に使わない

愛犬の行動にウンザリし、イライラすることは必ずあります。しかし、決して「しつけ」と言う名のもとに暴力を使ってはいけません。暴力は恐怖と不安から脱出に繋がってしまうからです。