あなたは知ってましたか?フラミンゴの興味深い事実

2019年8月13日
フラミンゴには人を魅了する興味深いことがたくさんあります。このユニークな動物について詳しく見ていきましょう!

フラミンゴは、コウノトリ目フラミンゴ科Phoenicopteridaeに属する驚くべき鳥です。この科の鳥は、すべてが湾曲したくちばし、優雅な動き、そしてピンクの体を持っています。しかし、フラミンゴにはもっと興味深い事実が存在するのです。

なぜフラミンゴと呼ばれている?

フラミンゴの興味深い事実の一つは、その名前の由来です。フラミンゴという名前は、赤い炎を意味する”flame”に由来しています。実際、学名のPhoenicopterus ruberは「フェニックスの赤い羽根」という意味です。

フラミンゴには興味深い事実が数多くあります。6つの亜種が歴史を通して注目を集めている理由はそこにあるのかもしれません。

フラミンゴの繁殖地は?

繁殖習性の奇妙な一例は、小型フラミンゴ(dwarf flamingo)の繁殖地です。小型フラミンゴは、フラミンゴの中でもその繁殖地のために珍しい種の一つとされています。このフラミンゴはタンザニアの湖で繁殖します。そして、泥で出来たフラミンゴの巣は、多くの生き物が生存することのできない非常に高いpHと水温の水に囲まれているのです。

合わせて読みたい:鳥の起源はどこまで明らかになっているのだろう?

ビーチにいるフラミンゴ

実際、研究者は完全に保存された状態のフラミンゴの死骸を見つけています。この厳しい環境でも死骸が残るのは、フラミンゴの足にある特別な鱗のためです。

この種の主な繁殖地は、火星に存在してもおかしくないと思われるような塩湖のナトロン湖です。この湖の水は赤く、白い泡と間欠泉があるのが特徴です。この湖で生き残ることができる動物はほとんどいませんが、小型フラミンゴはそこに生えている藻を食べます。

フラミンゴの面白いくちばし

フラミンゴを魅力的な動物にする理由の一つにくちばしがあります。その形はタービンを作り出すエンジニアのインスピレーションになったのです。フラミンゴはくちばしを「逆さま」に使います。つまり、フラミンゴが食べようと頭を傾けると、まずは上あごが先に水面に触れるのです。このことがフラミンゴのくちばしを他のどの鳥よりも複雑にしているのです。

くちばしが水の中に入ると、フラミンゴの舌はポンプのように水を口ばしの中に吸い上げます。そして、海水をろ過し、残った栄養素を取り込みます。フラミンゴは通常、藻、小型節足動物、そして魚をエサにします。

あ合わせて読みたい:飛ばない鳥:キーウィについて

ナトロン湖のフラミンゴ

しかし、フラミンゴはこの独特な食べ方から水に強く依存してしまいます。科学的には未確認ですが、雨が降るとフラミンゴは何百マイルも離れていてもそれが分かるといいます。実際、アフリカの極度に乾燥した地域であっても、新しく湖ができるとすぐにフラミンゴが現れるのです。

フラミンゴの興味深い事実:その色の理由

もう一つのフラミンゴの興味深い事実にはそのピンク色も挙げられます。この色は、カロチノイドを多く含むフラミンゴの食事によって引き起こされています。カロチノイドの色素はフラミンゴの脂肪や羽毛に吸収されるだけでなく、フラミンゴが作り出す油分によって更にピンクの色調が強く出ているのです。フラミンゴはピンクの色調が強ければ強いほど、求愛に成功する可能性が高くなります。

フラミンゴは一雄一雌で卵を一つしか産まないため、フラミンゴにとって求愛行動は重要なものです。そして、子孫に関しては細心の注意を払います。フラミンゴはたった一羽の子孫を育てるために、慎重にぬかるみを作ります。フラミンゴは寿命が最も長い鳥の一種で、オウムと同じように70歳まで生きるのもフラミンゴの興味深い事実であります。

しかし、子どもの世話をしているときは大きな犠牲を払います。生まれたてのフラミンゴの雛の体はグレーです。やがて親鳥と同じ色になりますが、親鳥の色は徐々に薄れてきます。子どもに食べさせる過程で、親鳥は自分のカロチノイドを犠牲にしているのです。このように、フラミンゴという美しい鳥に私たちは魅了され続けるのです。