寒い時期の馬のお世話:冬に向けて環境を整えるためのヒント

2019年10月31日
冬になり気温が下がるにつれて、動物やペットには特別なお世話が必要となります。

冬になると気候の変動や気温の低下が起こり、これらが馬の健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

寒い時期になったら、特に慎重に馬の世話を行い、彼らの成長と発達に最適な環境を提供することが大切です。

本記事では、寒い冬でも馬の健康を守るお世話の方法や、馬が生活をする厩舎の管理方法に関するアドバイスをご紹介します。

冬に向けて厩舎の環境を整えるためのヒント

1.厩舎の構造を確認する

寒くなり始める前に、厩舎の構造を調べ冬の気温や天気から馬を十分に保護する準備ができているかを確認することをお勧めします。

特に、屋根には細心の注意を払いましょう。

水漏れや冷たい空気が入る穴や亀裂がないかを調べて、何か欠陥があった場合は修理をしてください。

小さな欠陥ならば、外装パテなどで自分で修理することも可能です。

寒さ対策をした馬 馬 お世話 冬

2.厩舎の準備をする

安定した場所に、休んだり眠るための「ベッド」を作りましょう。

馬がリラックスするための場所なので、清潔で暖かく、心地よい照明と適度な換気が得られる場所を選んでください。

厩舎が汚れている場合は、掃除をして湿気などを防いでください。

特に寒い地域では、厩舎に暖房をつけ、馬が毛布の上で寝られるように近くに置いておきましょう。

馬の飼い主は、馬の就寝時間の前には、馬の体を覆うカバーなどを使って防寒対策を行ってください。

ご存知ですか?:雪や寒さに強い10の犬種について

3.馬の施設や用具の衛生管理

厩舎をはじめとする馬が使用する施設や用具を清潔に保つことが、馬の病気を予防するのに役立ちます。

食べ物の残りや汚れを掃除するのは、病気の予防や寄生虫の増殖を防ぐ効果があります。

また、換気と自然光を取り入れることで、湿気やカビを防ぎます。

特に雨や雪が多い冬の季節は、湿度が高くなる傾向があり、厩舎が真菌や細菌に感染するリスクが高まるため、注意が必要です。

雪の中を走る馬 馬 お世話 冬

寒い冬に馬のお世話する方法

1.栄養と水分の補給

冬の間に最も注意を払うべき重要な項目の一つが栄養補給です。

寒くなるにつれて、馬は代謝を安定させるためにより多くのエネルギーを消費するため、エネルギー効率の良い食事が必要となります。

エネルギー効率の良い食事とは、高品質のタンパク質、必須脂肪酸、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを含む食事で、炭水化物も摂取する必要がありますが、消化の問題や過度の体重増加を避けるために炭水化物の量は中程度に抑えてください。

馬は、夏と比べて冬に多くの食事を摂取します。

高品質の干し草が食事の基礎となりますが、アルファルファやオーツ麦など、食物繊維やたんぱく質が豊富な食品で栄養を補うようにしましょう。

冬の間は、水分補給にも注意が必要です。

厩舎内でも屋外でも、常に清潔で新鮮な水が飲める環境を作りましょう。

ただし、とても寒い地域では、水が凍らないように注意することが大切です。

2.運動とグルーミング

外が寒いときでも、健康的な体重を維持するための運動が必要です。

馬は冬でも、屋外で過ごしたり、他の馬と過ごすのが好きです。

寒い時期でも太陽の自然の熱を活用して、より精力的に活動しますが、日焼けや皮膚の問題を避けるために、直射日光に長時間さらされないようにしましょう。

毎日の運動に加えて、飼い主と過ごす時間は馬にとって素晴らしいものになります。

そのため、馬をグルーミングする時間を設けて一緒の時間を過ごしましょう。

またグルーミングの時間は、馬に寄生虫がついていないか、そして皮膚の問題が生じていないかを確認するのにも大切な時間です。

こちらもご参考に:ウォータードッグの毛のグルーミングの仕方

3.予防医学

馬の一生を通じて、適切な予防医学を実践することが大切です。

冬のように天候や気温が変わる季節には、低体温をはじめとする多くの病気を発症するリスクが高まります。

そのため、冬になる前に馬の健康状態をチェックすることが大切です。

馬専門の獣医師の予約を取り、診察を受け、必要なワクチンの接種や寄生虫の駆除が済んでいるかを確認してください。

また馬が冬の間に必要とするサプリメントなどについても、獣医師に相談してください。