テンプル・グランディン女史についてご存知ですか?

2019年7月11日
自閉症の動物学者として知られ、多くの人に尊敬されているテンプル・グランディン女史は、家畜の生産プロセスにおいて、動物の幸せを追求するために、自閉症ならではの動物への共感力と優れた観察技術を活用した動物界で最も尊敬される人の一人となりました。

テンプル・グランディン女史について聞いたことはありますか?

動物の福祉という点で、彼女が世界中の動物に与えた影響は計り知れません。

テンプル・グランディン女史は有名な動物学者で、これまでに何十冊もの本を執筆し、主に動物の行動と幸福に焦点を当てた何百ものスピーチをしてきた教育者でもあります。

テンプル・グランディン女史は、自閉症を抱えていることでも知られていますが、興味深いことに、彼女は自分の自閉症が動物を理解するのを助け、人間の思考と動物を結びつけるのを助けたと話します。

こちらもご覧ください:動物介助療法って本当に効果があるの?

テンプル・グランディン女史の複雑な幼年期

1947年に生まれたテンプル・グランディン女史は、幼少期には症状の強い自閉症を患っており、これが彼女の家族と彼女自身に多くの困難な日々を与えたと言われています。

幼児期の彼女は、人間との接触を拒絶して生きてきました。

転機が訪れたのは、10代の頃に彼女が訪れた農場でのことです。彼女は農場施設で活用できる様々なアイディアが浮かんだのです。

若い頃には、牛の心を癒すために「圧力」をかける機械を開発し、この機械をヒントに、彼女は自閉症の子供が落ち着くのを助ける「ハグ」の機械を開発しました。

幼児期のテンプル・グランディン女史と同様に、自閉症の子供たちの中には、人間との接触を嫌がる子供もいるため、人間と接触をすることなく、心を落ち着かせるために必要な圧力(ハグ)を提供する装置を作りました。

馬と女性 テンプル・グランディン

テンプル・グランディン女史は、乗馬をしたり牛と一緒に過ごすことで、自分がより共感的になり、より良い開発や発明が浮かぶという良い効果が現れました。

これは何よりも素晴らしい治療法となりました。

こちらもご参考に:意外と知らない?!ロバとラバの違いをご紹介!

テンプル・グランディン女史と動物福祉

彼女は心理学の勉強を始め、さらに動物行動学を専門にしました。

自閉症の研究と同時に動物福祉を改善するために、自分のキャリアの全てを捧げました。主に農場の動物、つまり家畜の生活環境の改善に取り組みました。

その中でも、動物が輸送されてる時やストレスを感じている時に、どのように動物を扱ったら良いのかというを専門にすることにしました。彼女は自閉症の世界を研究することと動物の福祉を改善することの両方に彼女のキャリアを捧げました。

彼女の主な関心は農場の動物の福祉を改善することでした、そして、彼女は動物が輸送されるとき、そして彼らがストレスを感じるときに動物を扱う正しい方法について、どのように環境を改善していくべきかを説明した文献をいくつか出版しています。

テンプル・グランディン女史の研究により、アメリカ国内の農場や食肉処理場の多くが再設計され、その後は国際的にも家畜の環境改善に働きかけています。

テンプル・グランディン女史は、自閉症の人々が、心のイメージについて考えながら細部に焦点を当てることを示す良い例であり、輝かしい実績のある歴史に名を残した科学者や芸術家の中にも自閉症スペクトラムの人が何人かいることもわかっています。

干し草を食べる牛 テンプル・グランディン

自閉症と動物

牛の集団が獣医師に近づこうとしない理由は判明されていませんでしたが、実はこれは、例えば入口で旗を振っている人が、牛を不安にしていたとテンプル・グランディン女史が発見しました。

これと同じ考えが、畜産施設内のいくつかの設計に当てはまります。

天井からぶら下がっているものを取り除き、室内のデザインやレイアウトを変更することで、人間と動物がお互いをより理解できるように、安心感を視覚化しました。

テンプル・グランディン女史によると、大きな音に対して、多くの動物と自閉症の人々は同じような反応を示します。

彼女自身の警報の音や暴風に対する反応は、農場の動物たちの反応と似ているため、動物をより深く理解するために自分の自閉症が役に立っていると話します。

恐怖心をもたらす思い出を消しされることはできませんが、自閉症の人と馬のような動物が経験するトラウマとそれに対する解決策には共通する部分があります。

テンプル・グランディン女史は「すべての心が大切であり必要である」と語ります。

彼女のいうすべての心とは、自閉症をはじめとするすべての子どもたちの心とすべての種の動物たちの心であり、心を平穏に保つための解決方法は日常生活の中にあります。