ペットを飼いたい:小型犬を飼う利点を見てみよう!

2019年7月29日
ワンちゃんを家族に迎え入れたいと考えている時にはサイズなど考慮すべき要素が多くあります。今回は小型犬を飼う利点を詳しくご紹介しましょう。

犬をペットとして迎え入れようと考える時には、大型犬か小型犬かを決める必要があります。

大きな犬は愛らしくて可愛いかもしれませんが、大型犬を飼うと決める前に、小型犬を飼う利点についても参考にしてください。

小型犬を飼う利点

小型犬を飼うことが、あなたにとって最善の選択肢であるかもしれない理由をいくつかご紹介しましょう。

住居のサイズに適応

広い庭を持つ住宅を所有している人にとっては、犬のサイズは大きな問題ではありません。

しかし、賃貸住宅に住んでいる場合は、次に引っ越す時にどの程度のサイズになるのかはわかりません。

次に引越しをする時に、大型犬が十分に走り回ることができる広い庭がない住宅になったらどうしますか?

小型犬であれば、このような問題について心配する必要はありません。

また家が大きくなっても、小型犬は大きなスペースにも小さいスペースにも適応することができます。

そのため、今後の家のサイズが定かではない場合や、集合住宅など家のサイズが限られている場合は、小型犬は良い選択肢になるでしょう。

世話にかかる費用が少ない

サイズが小さい小型犬は、世話に伴う費用と労力が大型犬に比べて少なくて済みます。

食事やシャンプー、おもちゃ、そして散歩の距離なども比較的少ないでしょう。

また犬の種類によっては、グルーミングを家で行うことで、費用を節約することもできます。

こちらもご参照を:グルーミング嫌いの愛犬にはどうしたら良いのだろう?

多くの運動を必要としない

大型犬は、多くの運動が必要です。

そのため、飼い主は時間をかけて犬を散歩させたり一緒に運動する必要があります。

また大型犬は関節に健康上の問題が生じることがあります。

しかし小型犬は長時間の散歩は必要としないため、大型犬に比べて飼い主の負担が少ないと言えます。

二匹の小型犬

ストレスをさほど感じない

ある特定の犬種の中には、ストレスを感じやすいものもありますが、小型犬は家で留守番をする時にさほど退屈せず、ストレスを感じずに適応する傾向があります。

そのため、緊張することが少なく、破壊的な行動も少ないと言われています。

それに対して大型犬は、きちんとしつけやトレーニングを行わない場合や、きちんとトレーニングを行なった場合でも、一人で家にいるのに慣れていないため、飼い主が帰宅したら家具などの家の中のものが壊されていることもあります。

これは大型犬がストレスを感じて起こす行動の一つです。

トレーニングが簡単

小型犬を飼う利点の一つは、トレーニングが簡単であるという点です。

もちろん小型犬の中には飼い主だけではしつけができない場合もありますが、大型犬の場合は、品種によってはほとんどがプロのトレーナーの訓練が必要となるものもあります。

小型犬を連れた女性

大型犬がしつけができないということではありませんが、大型犬はエネルギーがたくさんあり、それをコントロールするのが容易ではないため、トレーニングや運動に多くの時間を費やす必要があります。

そのため、大型犬と比べると、小型犬は比較的訓練がしやすいと言えるでしょう。

こちらもご参考に:あなたは大丈夫?犬のしつけの間違い6選

きれいにするのが簡単

大型犬と比べると、小型犬を飼う上で「きれいに保つ」のが簡単です。

季節の変わり目などの抜け毛も大型犬に比べて少なく、散歩など外から帰った後も洗わなくてはいけない汚れが少なくて済みます。

つまり大型犬に比べて犬をきれいにするのに費やす時間が少なくて済むため、一緒に遊ぶ時間が増えます。

散歩が簡単

大型犬に引っ張られるように散歩をしている飼い主を見たことはありませんか?

大型犬は、正しいトレーニングを行わないとコントロールするのが簡単ではありません。

その一方で、小型犬の場合は散歩などに連れて行くのが簡単であり、万が一犬が疲れてしまっても、抱っこをすることもできます。

犬の性格にもよりますが、他の犬を威嚇するなどの心配も少ない傾向があります。

大型犬が大好きな人も多いでしょうが、ペットを迎え入れる時にサイズを考慮するのはとても大切です。

そのため、どの犬を選ぶかという決断をする時には、小型犬の利点を理解することが大切です。