問題行動を解決!ワンちゃんにお勧めの行動療法

2019年11月28日
犬の望ましくない行動に対処するためには、それが身体的な問題であろうと心理的な問題であろうと、獣医に相談して専門家のサポートを受ける必要があります。必要に応じて、獣医は適切なアドバイスをするだけでなく、トレーナーを紹介して、犬の行動を改善するための行動療法を受けることを推奨します。

犬は人間と同じように、社会の中で生きていく上での確立された行動や生活パターンの指標を必要とし、それを活用することで、ペットとして家族と一緒に過ごす能力を持つ社交的で友好的な存在となります。

またこれは、犬にとっても家族と一緒に過ごすという環境の中で、快適なライフスタイルを確立するのにも役立ちます。

大切なのは、犬が生まれてから最初の5ヶ月のしつけとトレーニングです。

犬の中には、周囲の人々や動物に対して、社会的に受け入れられない行動や望ましくない行動をするタイプがあります。

これらの行動は、攻撃性、不安、脅威の兆候、過剰反応、または感情をコントロールできないことが原因だと考えられ、周りの人や動物、そして犬自身を傷つける行動に出るケースもあります。

問題行動の多くは、犬にとってストレスが多い環境や状況が原因であることが多く、飼い主がそれを正しい方法で対処できずにいることの結果だと考えられます。

つまり問題行動の多くは、ストレスを緩和するセラピーなどを行うことで解決できるでしょう。

問題行動

犬の問題行動は、次のような原因によって引き起こされる可能性があります。

  • 物理的な原因:不快感や痛みを引き起こすすべての身体的問題
  • 非物理的な原因:子犬の時にトラウマとなる体験や辛い体験をしたなど、動物の行動が非物理的な原因に由来する場合

こちらもご参照を: 犬が起こす6つの問題行動とは?

問題行動はどのように現れますか?

  • 攻撃性:攻撃的な行動は、動物が他の動物や人に攻撃して被害を及ぼす可能性があるため、専門的かつ緊急な治療やトレーニングが必要です。
  • 恐怖心:人、物、音、または他の犬への恐怖心です。飼い主は、犬が恐怖心を克服するサポートをすることが大切です。必要に応じて、獣医師や専門家のサポートを受けてください。
  • 破壊的行動
  • 過度に吠える
  • 分離不安:分離不安を抱えている犬の場合は、犬が自信を取り戻して、落ち着いて一人で家で留守番ができるようになるための治療が必要です。
  • 興奮と多動:これは家族全員にとって非常に疲れる問題行動ですが、常に活発に動いて緊張している犬もリラックスできないため、とても疲れるでしょう。
犬 行動療法

犬と飼い主のどちらにとっても、これらの問題行動にすぐに対処することが大切です。

問題行動に対処できなくなると、飼い主の中には犬を捨てたり虐待させる人も少なくありません。

犬と飼い主のどちらの健康にとっても、問題行動にはすぐに対処することが不可欠です。

続きを読む:犬の問題行動を防ぐための5つのヒント

行動療法の目的

飼い主が一貫性を持って行動療法をサポートすることが、この治療の最も大切な部分です。

ペットが小さい頃に正しい生活習慣や行動を教えないと、成犬になってからペットの行動を改善するのは簡単ではありません。

また、心理面でのサポートもとても重要であり、犬への理解、共感、そして忍耐力を持つことが重要です。

子犬が生後5ヶ月を過ぎた頃から、行動を教えるトレーニングを始めることをお勧めします。

このトレーニングの目的な、犬を従順にすることではなく、犬と飼い主の関係を素晴らしいものにすることです。

そのため、問題行動を解決するための行動療法の目的は、犬と飼い主の現時点での関係を改善し、愛犬との日常生活が犬と飼い主の両者にとって楽しいものにするためのものです。

問題行動の原因の分析

獣医師の診察時には、犬と最も長い時間を過ごす人に一連の質問をします。

その質問の一部をご紹介します。

  • ペットが生まれた場所やどのように生まれたか
  • 一緒に生まれた犬は何匹だったか
  • 母犬の様子や母犬とはどのくらいまで一緒にいたのか

すべての質問は、犬の問題行動の原因を分析することを目的としており、効果的な治療法を決定するのに役立ちます。

犬 行動療法

行動療法の流れ

問題行動を改善するための行動療法は、不適切だと考えられる問題行動の原因によっても異なります。

ただし、一般的なアドバイスもあります。いくつかをご紹介します:

1. ルーチンの確立

食事、リラックス時間、遊び時間、散歩の時間、就寝時間など、1日のスケジュールを確立し、毎日同じ時間に同じ行動をするように心がけてください。

犬の基本的なニーズを整然と満たすことで、より確立された穏やかで平和な生活を送るのに役立ちます。

2. 毎日の運動

ペットとして生活する飼い犬にとって、毎日の運動は非常に大切です。

犬の問題行動の原因の一つは、ストレスです。

そして、犬のストレスを解決するのは、散歩やドッグランでの運動時間です。

毎日の運動は犬種や運動能力によって異なるため、わからない場合は獣医に相談してください。

人間と同様、座りがちなライフスタイルを送ると、肥満やそれに関連する疾患などを発症するリスクを伴います。

犬種に関係なく、どの犬も毎日の運動が必要です。