ジャーマンショートヘアードポインターの訓練方法

2019年3月13日
頭が良く人気の高い犬ですが、とてもエネルギッシュでテンションが高くなりすぎる傾向があります。それを防ぐためにしっかり訓練しなければなりません。

力強くリーダー犬になりたいと言う本能が強いジャーマンショートヘアードポインターが、人間の命令にしっかりと従い家族の一員として暮らすには、特別な訓練を必要とします。この記事では、ジャーマンショートヘアードポインターのトレーニング方法についてご紹介します。

ジャーマンショートヘアードポインターの訓練方法

この犬種は、一般的に従順で非常に集中力が高く知的です。飼い主を喜ばせるのが大好きで、しつけをすれば素晴らしいパートナーとなるでしょう。ジャーマンショートヘアードポインターの訓練は難しくはありません。ただし、ベストな結果を得るためには、忍耐強く、根気よく、そして愛情ぶかく訓練することが必要不可欠です。

基本的なコマンドを教える

ジャーマンショートヘアードポインターは非常にエネルギッシュでとても情熱的な犬です。

時に非常に落ち着きがなくいたずらをしたり悪さをすることもあります。

こういった振る舞いをコントロールするために、「おすわり」「ふせ」「とまれ」などの基本的なコマンドを教えなければなりません。急に興奮したりハイテンションになったときに、訓練をしっかりしておけば、コマンドを使って大人しくさせることができます。とても賢い犬なので、コマンドを理解し飼い主に従うまで、それほど時間を必要としません。

こちらもご参考に:
あなたの愛犬が猟犬なのかどうか見極めよう

狩猟本能のコントロール

ジャーマンショートヘアードポインターは、生まれもって狩猟犬としての本能が備わっています。狩猟のために利用しないのであれば、その本能をコントロールする必要があります。さもないと、道端や庭から死んだ動物を拾ってきて、うれしくないプレゼントであなたを驚かせるかもしれません。

ジャーマンショートヘアードポインター 訓練 方法 トレーニング

悪さをしないように、おもちゃを使って楽しませると良いでしょう。食べ物を入れて、それを隠して犬に探させるおもちゃは、狩猟犬のジャーマンショートヘアードポインターにぴったりでしょう。一見簡単に見えますがなかなか難しく夢中になって遊んでくれるはずです。

もちろんこの本能を完全に取り除く必要はありません。この本能も性格の一部であり、それを奪う事は残酷なことです。刺激を与えながらジャーマンショートヘアードポインターが喜ぶ方法でエネルギーを発散させてあげましょう。

運動

エネルギーを発散し、骨や関節を健康に保つために十分な運動量が必要です。長い散歩、水泳、ランニングなどをさせてあげると良いでしょう。

ジャーマンショートヘアードポインター の子犬

無駄吠えをやめさせる

ジャーマンショートヘアードポインターを飼うデメリットがあるとしたら、それは絶え間なく続く無駄吠えです。

無駄吠えのトラブルを回避するための方法をご紹介します。

犬に2つのコマンドを教えてください。1つは吠えさせる際に使う「ほえて」「スピーク」など、もう一つは静かにさせたい時に使う「クワイエット」や「静かに」です。どちらも犬が混乱しないように、短くはっきりとコマンドを出すことが大切です。

ご存知でしたか?:
一番よく吠える犬種はどれ?

リーシュを使う

飼い主がリードする代わりに、自ら先頭に立ち、リーシュを引っ張って飼い主よりも先に歩く大型犬は非常に多いです。これを防ぐため、リーシュを引っ張らないようにしっかり訓練する必要があります。

このトレーニングは忍耐ぶかく行わなければなりません。しつけるのは簡単なことではありませんが、辛抱強く行えば必ず最後には成功するでしょう。

他の犬や人との交流

ジャーマンショートヘアードポインターは大きくて強いです。そしてそれを自分自身でよく理解しています。それなので、自分は強くリーダー犬であると考えやすい傾向があります。これを防ぐには、他の犬や人間と積極的に交流する必要があります。

生後何ヶ月経ったら他の犬と遊ばせても良いか、獣医に聞いてみましょう。すべての予防接種が終わるまでは、決して連れて歩かないでください

問題行動を起こすのを恐れて、大型犬を飼うのを躊躇している人は少なくありませんが、心配しないでください。ジャーマンショートヘアードポインターはペットとして非常に理想的な犬です。しっかりと適切な訓練を受ければ、最高のパートナーとして楽しい毎日を一緒に過ごせるでしょう。